RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
英国スーパーバイク選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2017/2/18 AMAスーパークロス第6戦/450SX第7戦/250SXイースト第1戦
ミネソタ州ミネアポリス/USバンク・スタジアム
天気 気温 観客
晴れ 日中12度〜深夜4度 50,721人

450SX トマックが復活! 今シーズン3勝目を挙げる!





 ミネアポリスにスーパークロスが帰って来た。近年はライアン・ダンジー(KTM)、ジェレミー・マーティン(ヤマハ→ホンダ)といったミネソタ出身チャンピオンを輩出していながら、この地がしばらくカレンダーから外されていたのは、スタジアムの建て替えが行われていたからだ。旧メトロドームに替わって、USバンク・スタジアムが昨年夏に開場したことによって、ミネアポリスはシリーズの中で再び重要な役割を担うことになるだろう。

 以前のエアドームでは強力な空調が稼働していたため、硬めで乾きが早く砂ぼこりが舞う…というのがミネアポリスらしい土質だった。ところが当地での開催が2013年以来と間隔が空いたことと、USバンク・スタジアムが固定式採光ルーフを備えた作りになったこともあり、従来のイメージが覆されるコンディションになった。搬入時に湿っていた土が、やがて乾くと固まるというのが大まかな変化だが、今回は部分によって土質が異なり、表面がハードになっても内部がソフトだったところではワダチが多くできた。

 レイアウト的には、前戦ダラスのようにフラットでコースを横断する形の1コーナーが設けられ、全体的にタイトなものになった。2周目以降はストレートを逆走することになり、深いサンドセクションも合わせて非常にトリッキーなコースデザインだった。午後から開始されたタイムアタックでは、両クラスとも48秒台の争いとなったが、イーライ・トマック(カワサキ)が唯一、47秒072を記録して断トツの予選結果となった。

 450SXのメインレース(20分+1周)では、コール・シーリー(ホンダ)がホールショットを取り、デイビー・ミルサップス(KTM)、トマック、ダンジーが続いた。1周目の途中でシーリーが転倒し、ミルサップスがリーダーに浮上。その後3周目からは、トマックとダンジーがトップ争いを繰り広げる展開となった。

 序盤は僅差のバトルが続いたが、2個連なるドラゴンズバックの攻略テクニックなどで差が付き始め、トマックが3秒ほどのセーフティリードを確保。中盤になるとダンジーにミスがあり、トマックのリードは6秒まで広がった。その頃ダンジーの後方には、マービン・ムスキャン(KTM)が迫り、2位争いが激化してゆく。

 ミネソタ・バイキングスのユニフォームを模したウエアで、地元の期待を集めたダンジーだったが、19周目にはムスキャンの先行を許して3位に定着。トマックが独走で3勝目を挙げ、ムスキャン、ダンジーの順でチェッカーフラッグを受けた。ランキング首位はダンジーのまま変わらず、2位ムスキャン、3位トマックとなっている。


250SX イースト開幕戦をサバッチーが制す!



 併催される250SXクラスはアメリカを東西に分けた地方選手権となっており、前週ダラスにて第6戦まで消化したウエストシリーズに替わって、今大会から250SXイーストがスタートする。出場ライダーが総入れ替えとなるが、ウエストで好調だったチームがそのまま優位を維持するのか、あるいは状況が一変するのか見どころは尽きない。

 主要チームの体制は、モンスターエナジー・プロサーキット・カワサキ、ヤマルーブ・スターレーシング・ヤマハ、TLDレッドブルKTM、ガイコ・ホンダが2〜3人、JGRスズキ、ロックスターエナジー・ハスクバーナが1人だが、負傷で全員が開幕に揃わないチームもあった。

 250SXのメインレース(15分+1周)では、スタート直後からクラッシュが多発した。1コーナーではアレックス・マーティン(KTM)とカイル・ピータース(スズキ)、3コーナーではコルト・ニコルス(ヤマハ)とダコタ・アリックス(KTM)が絡んで転倒。波乱の幕開けとなった。

 レースはホールショットを取ったジョーダン・スミス(KTM)がリードし、ジョーイ・サバッチー(カワサキ)、RJ・ハンプシャー(ホンダ)、ザック・オズボーン(ハスクバーナ)が追う展開。スミスは序盤2秒リードを築いたが、中盤になるとサバッチーが接近。10周目にはサバッチーがトップに躍り出た。

 11周目にはオズボーンが2位に浮上したが、14周目に単独転倒によって、スミスの先行を許す。トップのサバッチーは逃げきりで1勝目をゲット。レース終盤は、スミスとスパートしたオズボーンの2位争いが見ものだったが、再逆転には至らずスミス、オズボーンの順でフィニッシュした。


順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 3 E・トマック Monster Energy Kawasaki Kawasaki 21:28.116 DUNLOP user
2 25 M・ムスキャン Red Bull KTM KTM +06.701 DUNLOP user
3 1 R・ダンジー Red Bull KTM KTM +15.047 DUNLOP user
4 21 J・アンダーソン Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna +40.954 DUNLOP user
5 14 C・シーリー Team Honda HRC Honda +44.347 DUNLOP user
6 18 D・ミルサップス Rocky Mountain ATV/MC KTM +51.058 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 17 J・サバッチー Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 16:11.945 DUNLOP user
2 44 J・スミス Troy Lee Designs Red Bull KTM +01.491 DUNLOP user
3 16 Z・オズボーン Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna +01.783 DUNLOP user
4 31 R・ハンプシャー Geico Honda Honda +24.021 DUNLOP user
5 36 A・シアンサルーロ Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +34.053 DUNLOP user
6 108 D・フェランディス Yamalube Star Racing Yamaha +38.437 DUNLOP user

AMAスーパークロス第7戦/450SX第7戦/250SXイースト第1戦

順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 1 R・ダンジー Red Bull KTM KTM 149 DUNLOP user
2 25 M・ムスキャン Red Bull KTM KTM 133 DUNLOP user
3 3 E・トマック Monster Energy Kawasaki Kawasaki 125 DUNLOP user
4 14 C・シーリー Team Honda HRC Honda 123 DUNLOP user
5 21 J・アンダーソン Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna 103 DUNLOP user
6 18 D・ミルサップス Rocky Mountain ATV/MC KTM 98 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 17 J・サバッチー Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 25 DUNLOP user
2 44 J・スミス Troy Lee Designs Red Bull KTM 22 DUNLOP user
3 16 Z・オズボーン Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna 20 DUNLOP user
4 31 R・ハンプシャー Geico Honda Honda 18 DUNLOP user
5 36 A・シアンサルーロ Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 16 DUNLOP user
6 108 D・フェランディス Yamalube Star Racing Yamaha 15 DUNLOP user