RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
英国スーパーバイク選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2017/2/25 AMAスーパークロス第8戦/450SX第8戦/250SXイースト第2戦
ジョージア州アトランタ/ジョージアドーム
天気 気温 観客
晴れ 日中17度〜深夜7度 60,074人

450SX ポイントリーダーのダンジーが5戦ぶりの優勝!





 アトランタはアメリカ東部で最もスーパークロス人気の高い都市だが、来年からはメルセデスベンツ・スタジアムが新会場となるため、長い間親しまれてきたジョージアドームでのレースは今回が最後となった。1993年の初開催から25年目(2015年のダブルヘッダーを数えると26戦目)ということもあって、ジョージアドーム内には「シルバーアニバーサリー」や「フェアウェル」といったアナウンスが響き渡っていた。

 今大会にはそれ以外にも特別な仕掛けがあり、金曜にアリーナクロス、日曜にアマチュアアリーナクロスを併催し、モトフェストという名のジョイントイベントにまとめたことが画期的だった。アリーナクロスは小規模の屋内競技場で行われるシリーズだが、今回はジョージアドーム内のスーパークロスコースがショートカットされ、全体の6〜7割がアリーナクロスに使用された。

 コースコンディションの観点からは、金曜のアリーナクロスで荒れた部分と、未使用できれいな部分が混在することになった。もちろん土曜のスーパークロスが始まるまでにはコース整備が行われたが、ワダチの底など簡単に掘れてしまう部分があったのは、アリーナクロスの影響だったのかもしれない。アトランタと言えばレッドクレイと呼ばれる赤土が有名だが、今年は粘性が低く崩れやすかった。

 ヒートレースのグリッドが競われるタイム予選では、イーライ・トマック(カワサキ)が50秒736で450SXのトップ。そして250SXでは、ジョーイ・サバッチー(カワサキ)の52秒099が最速。両クラスとも前戦ミネアポリスでの勝者がポールポジションを占める、順当なタイムドプラクティス結果だった。

 450SXのメインレース(20分+1周)では、ライアン・ダンジー(KTM)がホールショットを取った。マイク・アレッシ(ホンダ)、ブレイク・バゲット(KTM)、ジャスティン・ボーグル(スズキ)、チャド・リード(ヤマハ)が続く。タイムアタック首位のトマックは、スタート9位と出遅れた。

 上位グループの入れ替わりが落ち着くと、ダンジー、バゲットに次ぐ3位にコール・シーリー(ホンダ)が浮上する。リードやボーグルが転倒で脱落するのを尻目に、中盤になるとトマックが3位に躍進。スタートから10分を経過する頃には、ダンジーが6秒ほどのマージンを保ち、バゲットとトマックが5秒差だった。

 終盤を迎えると、17周目にトマックがバゲットをかわして2位に浮上。さらにリーダーを追い詰めて行ったが、ダンジーは貯金を上手く使いながら逃げきりフィニッシュ。第3戦アナハイム以来となる、シーズン2勝目を挙げたダンジーであった。


250SX オズボーンが初優勝! ランキング首位に浮上!



 250SXのメインレース(15分+1周)では、ジョーダン・スミス(KTM)がホールショットをゲット。その直後につけていたディラン・フェランディス(ヤマハ)は、オープニングラップ中に転倒して後退。2位以下にはアレックス・マーティン(KTM)、ザック・オズボーン(ハスクバーナ)、アダム・シアンサルーロ(カワサキ)らが続いた。

 3周目には転倒したシアンサルーロに替わって、コルト・ニコルス(ヤマハ)が4位に浮上。その前方では、オズボーンがマーティンとスミスを攻略し、6周目にはトップに躍り出た。オズボーンは毎ラップ1秒単位でリードを広げ、レース中盤には主導権を握る。

 2位争いはスミスとマーティンというチームメイト同士の競り合いになったが、11周目にマーティンが前に出た後も接近戦が続いた。16周目にはスミスが逆転しかけたが、マーティンと接触した後に転倒。これでオズボーン、マーティン、ニコルスのポジションが固まり、4位にはイースト第1戦の勝者サバッチーが食い込んだ。

 レースは中盤以降独走を続けたオズボーンが制し、キャリア初優勝をゲット。レッドナンバープレートを付けたサバッチーを首位から引きずり下ろし、オズボーンがポイントリーダーの座を奪取した。

 アトランタは初優勝の名産地として知られているが、1985年に125クラスが新設されたとき、アトランタで初優勝を飾ったのが、エディ・ウォーレン('85年AMA125SXイーストチャンピオン、'92年全日本モトクロスIA250チャンピオン)だった。


順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 1 R・ダンジー Red Bull KTM KTM 21:13.858 DUNLOP user
2 3 E・トマック Monster Energy Kawasaki Kawasaki +01.509 DUNLOP user
3 4 B・バゲット Rocky Mountain ATV/MC KTM +06.213 DUNLOP user
4 21 J・アンダーソン Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna +12.216 DUNLOP user
5 25 M・ムスキャン Red Bull KTM KTM +14.730 DUNLOP user
6 14 C・シーリー Team Honda HRC Honda +35.239 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 16 Z・オズボーン Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna 16:13.993 DUNLOP user
2 26 A・マーティン Troy Lee Designs Red Bull KTM +06.367 DUNLOP user
3 39 C・ニコルス Yamalube Star Racing Yamaha +07.975 DUNLOP user
4 17 J・サバッチー Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +12.076 DUNLOP user
5 44 J・スミス Troy Lee Designs Red Bull KTM +13.149 DUNLOP user
6 50 L・レンズランド Traders Racing Yamaha +20.702 DUNLOP user

AMAスーパークロス第8戦/450SX第8戦/250SXイースト第2戦

順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 1 R・ダンジー Red Bull KTM KTM 174 DUNLOP user
2 25 M・ムスキャン Red Bull KTM KTM 149 DUNLOP user
3 3 E・トマック Monster Energy Kawasaki Kawasaki 147 DUNLOP user
4 14 C・シーリー Team Honda HRC Honda 138 DUNLOP user
5 21 J・アンダーソン Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna 121 DUNLOP user
6 18 D・ミルサップス Rocky Mountain ATV/MC KTM 98 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 16 Z・オズボーン Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna 45 DUNLOP user
2 17 J・サバッチー Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 43 DUNLOP user
3 44 J・スミス Troy Lee Designs Red Bull KTM 38 DUNLOP user
4 39 C・ニコルス Yamalube Star Racing Yamaha 31 DUNLOP user
5 36 A・シアンサルーロ Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 30 DUNLOP user
6 31 R・ハンプシャー Geico Honda Honda 29 DUNLOP user