RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
英国スーパーバイク選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2017/3/11 AMAスーパークロス第10戦/450SX第10戦/250SXイースト第4戦
フロリダ州デイトナビーチ/インターナショナルスピードウェイ
天気 気温 観客
晴れ 日中24度〜深夜18度 不明

450SX トマックがデイトナ2連勝を飾る!





  スピードウェイのグリーンで行われるデイトナSXは、シリーズの中で最も異色なラウンドだ。別格扱いの由縁である「スーパークロス発祥の地」に言及されるとき、初開催年度に諸説があるのは、当時のデイトナ大会が、1971年トランズAMA、1972〜73年AMAナショナル、1974年AMAスーパークロスと変遷してきたからである。いずれにしても、そろそろ半世紀になるスーパークロスの歴史は、このデイトナから始まった。

 レース運営の独自性は依然として保たれていて、デイトナだけはプロモーターのフェルド・モータースポーツが関わっていない。コース作りは例年通り、二人のスーパークロスチャンピオン、リッキー・カーマイケル('01、'02、'03、'05、'06年AMASX)とマーク・バーネット('81年AMASX)によるものだが、このコラボレーションは今年で10年目となる。

 今年のレイアウトでは、ピットレーンからメインスタンドに向かうスタートが廃止され、グリーンの東端(観客席から見て左側)にスターティングゲートが設けられた。サンド路面がデイトナの象徴的要素だが、今年はさらにビーチから多量の砂を運び入れたため、非常に深くワダチとギャップだらけの難しいコンディションとなった。

 日中に行われたタイムドプラクティスでは、ライアン・ダンジー(KTM)=1分10秒935、ジェレミー・マーティン(ホンダ)=1分11秒105、イーライ・トマック(カワサキ)=1分11秒108が、450SXのベストスリーを占めた。250SXではアレックス・マーティン(KTM)=1分11秒563が最速だった。

 今大会はタイム制(20分+1周/15分+1周)ではなく、周回制(20周/15周)で行われた。450SXのメインレースでは、トマックがホールショットを取ったが、マーティンが大外から並んでトップに躍り出た。1コーナーのイン側では、ジャスティン・バーシア(スズキ)、マービン・ムスキャン(KTM)が転倒。ポイントリーダーのダンジーも17位と出遅れた。

 序盤からマーティンvsトマックのトップ争いが続く。両者の間隔は1秒前後のままで、3位以下はどんどん離された。マーティンはケン・ロクスン(ホンダ)の代役に抜擢され、今回限りのファクトリーライドを得たのだが、450SXデビュー戦でトップ走行を続ける姿は誰の目にも驚きだった。中盤になるとトマックのアタックがさらに激しくなり、何度かポジションを入れ替えた後、11周目にはトマックがリードを固めた。

 後半はマーティンがペースを落としたこともあり、トマックが17秒差の独走でチェッカー。デイトナにおける2年連続優勝を飾った。2位マーティン、3位ジェイソン・アンダーソン(ハスクバーナ)、4位ダンジー。この結果、ダンジーとトマックのポイント差は17点と接近している。


250SX オズボーン2連勝! ポイントリードを広げる!



 250SXのメインレースでは、ジョーイ・サバッチー(カワサキ)がホールショットを取ったが、2〜3コーナーでアダム・シアンサルーロ(カワサキ)が前に出た。3位以下にはロレンソ・ロクルシオ(ヤマハ)、ザック・オズボーン(ハスクバーナ)、カイル・カニンハム(スズキ)が続いた。カニンハムはブルーバッファロー・ヤマハを脱退し、今大会からJGRのシートを得ている。

 シアンサルーロとサバッチーがランデブー走行。以下、僅差のバトルが繰り広げられる中、オズボーンが転倒して8位まで後退。3位にはベネズエラ出身のロクルシオ、4位にはフランスからAMAに挑戦中のディラン・フェランディス(ヤマハ)と入れ替わる。

 後半に差しかかるとロクルシオのペースが衰え、3位にフェランディスが浮上。その背後には、スタート11位から挽回してきたジョーダン・スミス(KTM)、オズボーンが連なって接戦となった。終盤まで1〜2秒差で続いたトップ争いは、シアンサルーロがサバッチーを振り切って優勝。3位にはフェランディスが入り、ポディアム初登壇を果たした。

 シアンサルーロは、ルーキーシーズンの2014年に250SXイーストで3勝を挙げた後、負傷で長期欠場を繰り返していた。今回の優勝は3年ぶりのカムバック、そして地元フロリダのデイトナで歓喜の初勝利となった。また、ランキング首位のオズボーンが5位にとどまったため、ポイントリードは6点に減少している。


順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 3 E・トマック Monster Energy Kawasaki Kawasaki 23:49.310 DUNLOP user
2 6 J・マーティン Geico Honda Honda +17.618 DUNLOP user
3

21

J・アンダーソン Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna +26.659 DUNLOP user
4 1 R・ダンジー Red Bull KTM KTM +33.638 DUNLOP user
5 14 C・シーリー Team Honda HRC Honda +34.440 DUNLOP user
6 22 C・リード Monster Energy Yamaha Yamaha +42.471 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 36 A・シアンサルーロ Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 17:53.618 DUNLOP user
2 17 J・サバッチー Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +04.018 DUNLOP user
3 108 D・フェランディス Yamalube Star Racing Yamaha +16.045 DUNLOP user
4 44 J・スミス Troy Lee Designs Red Bull KTM +17.463 DUNLOP user
5 16 Z・オズボーン Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna +18.770 DUNLOP user
6 183 L・ロクルシオ Cycle Trader Rock River Yamaha +30.394 DUNLOP user

AMAスーパークロス第10戦/450SX第10戦/250SXイースト第4戦

順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 1 R・ダンジー Red Bull KTM KTM 214 DUNLOP user
2 3 E・トマック Monster Energy Kawasaki Kawasaki 197 DUNLOP user
3 14 C・シーリー Team Honda HRC Honda 169 DUNLOP user
4 25 M・ムスキャン Red Bull KTM KTM 163 DUNLOP user
5 21 J・アンダーソン Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna 143 DUNLOP user
6 18 D・ミルサップス Rocky Mountain ATV/MC KTM 121 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 16 Z・オズボーン Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna 86 DUNLOP user
2 17 J・サバッチー Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 80 DUNLOP user
3 36 A・シアンサルーロ Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 77 DUNLOP user
4 44 J・スミス Troy Lee Designs Red Bull KTM 70 DUNLOP user
5 108 D・フェランディス Yamalube Star Racing Yamaha 54 DUNLOP user
6 39 C・ニコルス Yamalube Star Racing Yamaha 49 DUNLOP user