RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
英国スーパーバイク選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2018/3/17 AMAスーパークロス第11戦/450SX第11戦/250SXイースト第5戦
ミズーリ州セントルイス/ザ・ドーム・アット・アメリカズ・センター
天気 気温 観客
曇り 日中8度〜深夜4度 不明

450SX トマックがスタートトゥフィニッシュで5勝目!





 今シーズンのイーストシリーズは、非常に路面変化に富んだ日程になっている。ダラス=ハードパック(ミディアムに土質改善中)、タンパ=ホワイトサンド、アトランタ=レッドクレイ、デイトナ=ビーチサンド、そしてセントルイスは粒子の細かい粘土。今年も健在だったその上質土だが、しっとりとした表面にタイヤのブロックが適度に食い込むためトラクションが良好で、年間のベストダートに挙げるライダーが多い。

 セントルイスの土が評判なのは、ザ・ドーム・アット・アメリカズ・センターの密閉度が高いことと関係がある。オープンエアの球場では直射日光や夜露による路面の変化が激しいものだが、ドームの中であれば気温も湿度も安定しているので、土の含水率をコントロールしやすい。こうした条件で造成された当地のコースは、湿り気を保っているので崩れにくく、ワダチが掘れてもあまり深くならならない。

 セントルイスのコースレイアウトには、フロアの長辺方向を多用する場合と短辺を巧みに絡ませる場合があるが、今年のデザインはオーソドックスな前者だった。それでもユニークだったのは、スタート地点の中央に設けられたテーブルトップジャンプ。2016年開幕戦アナハイムに登場したものと同じで、ゲートが左右のブロックに二分されるため、スタート時には1コーナーに向かう集団が二手からV字型に合流する形になる。1コーナーはコの字型の複合ターンで、ホールショット判定ラインは2コーナーの出口に設定されていた。

 ポールポジションは、450SX=イーライ・トマック(カワサキ)46秒265、250SX=ザック・オズボーン(ハスクバーナ)47秒663。ハイスピードコースであることを裏付ける、クオリファイタイムとなった。

 450SXのメインレース(20分+1周)では、トマックがホールショットを取った。ジェイソン・アンダーソン(ハスクバーナ)、マービン・ムスキャン(KTM)、ブロック・ティックル(KTM)が上位を占めたが、トマックは1周につき1秒ずつリードを広げていく。

 やがてトップグループの背後では、前戦デイトナで初優勝を果たしたジャスティン・ブレイトン(ホンダ)が、スタート7位から4位にポジションアップ。しかしトップスリーの間隔は開くばかりで、トマック、アンダーソン、ムスキャンは各々単独走行となった。

 ラップタイムが短かったため、27周でチェッカーが振られた今大会のウィナーは、20秒の大差でスタートトゥフィニッシュを遂げたトマック。5個目となった勝ち星は首位アンダーソンを上回り、現時点での今季最多勝を更新している。


250SX フォークナーvsオズボーンの同点決戦はオズボーンに軍配!



 250SXのメインレース(15分+1周)では、オズボーンがホールショットを取ったが、直後の連続ジャンプでオースティン・フォークナー(カワサキ)がトップに躍り出た。3位以下にはジェレミー・マーティン(ホンダ)、マーティン・ダバロス(カワサキ)、カイル・ピータース(スズキ)が続く。

 フォークナーとオズボーンは、今大会にランキング同点首位で臨んでいるため、両者がレッドナンバープレートを装着している。タイトルを争う一騎打ちは、テールトゥノーズのままレース中盤に突入した。迎えた11周目、フォークナーの転倒によってオズボーンがトップに浮上。5位で復帰したフォークナーは、この後に再度転倒して大きく後れを取った。

 レース後半は、オズボーンが5秒前後のセーフティリードを保って快走。2位マーティンの後には、スタート9位から挽回してきたジョーダン・スミス(KTM)が迫ったが、ポジションに変動はないまま、20周でチェッカーが振られた。今季2勝目を挙げたオズボーンが単独首位に返り咲き、フォークナーは8点差のビハインドとなった。

 セントルイスのニックネーム「ゲートウェイシティ」は、この町がかつて西部開拓の玄関口だったことに由来している。文字通り次戦ではウエストシリーズが一時再開し、250SXはイーストウエスト・ショーダウン(東西混走レース)として行われる。イーストのタイトル争いは三つ巴の様相を呈しているが、ここにウエストのトップランカーが加わることで、接戦が激しさを増すことは必至だ。


順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 3 E・トマック Monster Energy Kawasaki Kawasaki 21:19.918 DUNLOP user
2 21 J・アンダーソン Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna +20.721 DUNLOP user
3 25 M・ムスキャン Red Bull KTM KTM +24.823 DUNLOP user
4 10 J・ブレイトン Smartop Motoconcepts Honda +32.795 DUNLOP user
5 34 W・パイク Autotrader JGR Yoshimura Suzuki +38.875 DUNLOP user
6 4 B・バゲット Rocky Mountain ATV/MC KTM +40.530 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 1 Z・オズボーン Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna 16:06.976 DUNLOP user
2 6 J・マーティン Geico Honda Honda +02.461 DUNLOP user
3 45 J・スミス Troy Lee Designs Red Bull KTM +12.631 DUNLOP user
4 76 K・ピータース Autotrader JGR Yoshimura Suzuki +14.708 DUNLOP user
5 35 A・フォークナー Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +32.579 DUNLOP user
6 114 B・ハートランフト Cycle Trader Rock River Yamaha +35.041 DUNLOP user

AMAスーパークロス第11戦/450SX第11戦/250SXイースト第5戦

順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 21 R・ダンジー Red Bull KTM KTM 246 DUNLOP user
2 25 E・トマック Monster Energy Kawasaki Kawasaki 204 DUNLOP user
3 10 M・ムスキャン Red Bull KTM KTM 189 DUNLOP user
4 3 C・シーリー Team Honda HRC Honda 186 DUNLOP user
5 4 J・アンダーソン Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna 181 DUNLOP user
6 34 D・ミルサップス Rocky Mountain ATV/MC KTM 171 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 1 Z・オズボーン Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna 115 DUNLOP user
2 35 A・フォークナー Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 107 DUNLOP user
3 45 J・スミス Troy Lee Designs Red Bull KTM 102 DUNLOP user
4 6 J・マーティン Geico Honda Honda 93 DUNLOP user
5 38 L・レンズランド Traders Racing Yamaha 71 DUNLOP user
6 76 K・ピータース Autotrader JGR Yoshimura Suzuki 70 DUNLOP user