RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
英国スーパーバイク選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2017/3/18 AMAスーパークロス第11戦/450SX第11戦/250SXイースト第5戦
インディアナ州インディアナポリス/ルーカスオイル・スタジアム
天気 気温 観客
曇り 日中7度〜深夜4度 60,216人

450SX トマックが3連勝! 首位ダンジーに接近!





 アメリカ東部の屋内競技場に設けられるコースは、軟質土でワダチだらけになること多い。昨年のインディアナポリスSXは、土が軟らかすぎて路面が荒れたが、今年は土の搬入時から含水量が絶妙に管理され、昨年よりドライなコンディションが実現した。ルーカスオイル・スタジアムは、採光と換気システムによって土の硬化が比較的早い。午前中にライダーの下見が行われる頃には、土に湿り気があったが、午後のプラクティス、夜のレースと時間が経過すると、表面に乾いた粒子が浮くようになった。それでもグリップは概して悪くなかった。

 コースレイアウト的には、インディ名物のショートスタートが復活。1コーナーまでのストレートは長方形のフィールドの短辺方向に配置されていた。そのストレートを横切る形でフィニッシュジャンプが設けられていたが、結果的に1コーナーの進入部分はスタート時にしか使用されないため、ここだけは路面コンディションが悪化しなかった。

 第7戦のミネアポリスSX同様にラップタイムが短いコース設定で、タイムドプラクティス450SXは、マービン・ムスキャン(KTM)が45秒948、250SXではジョーイ・サバッチー(カワサキ)が45秒605でトップ。当初のデザインからドラゴンズバックなどが修正されたこともあったが、ジャンプの飛び方によって250のトップライダーの方が速いセッションもあった。

 450SXのメインレース(20分+1周)では、ブレイク・バゲット(KTM)がホールショットを取り、イーライ・トマック(カワサキ)、ライアン・ダンジー(KTM)、そしてポールポジションのムスキャン、チャド・リード(ヤマハ)が続いた。インディアナポリスで優勝経験が2回あるリードは、今大会の予選でダンジー競り勝ったこともあり、注目の的となっていた。

 3周目には上位が入れ替わり、トマック、ダンジー、バゲット、ムスキャンの4台が僅差のまま5位以下を引き離す展開。12周目にムスキャンがバゲットをかわした後は、トップスリーに絞られる形になった。トマックとダンジーの差は、1〜3秒の間で変動してきたが、10分経過した辺りからムスキャンがチームメイトにアタックを開始。20周目にはダンジーをかわして2位に浮上した。

 終盤は上位3台の間隔がやや開き、トマック、ムスキャン、ダンジーの順でフィニッシュ。今シーズンで最も周回数の多い、27周でチェッカーフラッグが振られた。3連勝を飾ったトマックと首位ダンジーの差は、12ポイントとなっている。


250SX オズボーンが2戦ぶりにシリーズ3勝目を挙げる!



 250SXのメインレース(15分+1周)では、プラクティスで今大会の最速タイムを記録したサバッチーが、ホールショットを獲得した。その後にはザック・オズボーン(ハスクバーナ)、アレックス・マーティン(KTM)、ジョーダン・スミス(KTM)が控えていた。

 ランキング首位争いでもあるサバッチーとオズボーンのバトルは、テールトゥノーズの状態で延々と続いた。オズボーンは格好のパッシングポイントであるヘアピンコーナーで、何度もサバッチーに並び、揺さぶりをかけた。そして中盤の10周目に同じコーナーで勝負を仕掛け、コンタクトした後にトップの座を奪った。

 オズボーンとサバッチーのすぐ後ろには、マーティンとスミスもいて上位を狙っていたのだが、12周目にマーティンが転倒。そのマシンがスミスの進路をふさぐ形となり、結果的に優勝争いはオズボーンとサバッチーに絞られた。

 ポジションが入れ替わった後も、オズボーンとサバッチーは僅差でトップ争いを続けたが、ラスト3周でオズボーンがリードを2秒強と広げて優勝。25秒差の3位にスミスが入賞した。この結果ポイントリーダーのオズボーンは、サバッチーとの差を再び広げ9点とした。


順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 3 E・トマック Monster Energy Kawasaki Kawasaki 21:26.086 DUNLOP user
2 25 M・ムスキャン Red Bull KTM KTM +05.850 DUNLOP user
3 1 R・ダンジー Red Bull KTM KTM +11.491 DUNLOP user
4 4 B・バゲット Rocky Mountain ATV/MC KTM +29.504 DUNLOP user
5 14 C・シーリー Team Honda HRC Honda +37.775 DUNLOP user
6 18 D・ミルサップス Rocky Mountain ATV/MC KTM +40.449 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 16 Z・オズボーン Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna 16:01.551 DUNLOP user
2 17 J・サバッチー Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +02.201 DUNLOP user
3 44 J・スミス Troy Lee Designs Red Bull KTM +27.997 DUNLOP user
4 26 A・マーティン Troy Lee Designs Red Bull KTM +32.149 DUNLOP user
5 36 A・シアンサルーロ Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +35.873 DUNLOP user
6 48 C・クレイグ Geico Honda Honda +37.692 DUNLOP user

AMAスーパークロス第11戦/450SX第11戦/250SXイースト第5戦

順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 1 R・ダンジー Red Bull KTM KTM 234 DUNLOP user
2 3 E・トマック Monster Energy Kawasaki Kawasaki 222 DUNLOP user
3 25 M・ムスキャン Red Bull KTM KTM 185 DUNLOP user
4 14 C・シーリー Team Honda HRC Honda 185 DUNLOP user
5 21 J・アンダーソン Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna 155 DUNLOP user
6 18 D・ミルサップス Rocky Mountain ATV/MC KTM 136 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 16 Z・オズボーン Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna 111 DUNLOP user
2 17 J・サバッチー Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 102 DUNLOP user
3 36 A・シアンサルーロ Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 93 DUNLOP user
4 44 J・スミス Troy Lee Designs Red Bull KTM 90 DUNLOP user
5 108 D・フェランディス Yamalube Star Racing Yamaha 68 DUNLOP user
6 26 A・マーティン Troy Lee Designs Red Bull KTM 60 DUNLOP user