RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
英国スーパーバイク選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2018/3/24 AMAスーパークロス第12戦/450SX第12戦/250SXイースト第6戦/250SXウエスト第7戦
インディアナ州インディアナポリス/ルーカスオイル・スタジアム
天気 気温 観客
日中マイナス2度〜深夜1度 60,873人

450SX ムスキャンがスタートトゥフィニッシュ!





 今シーズンは250SXにおけるイースト&ウエストの混走レースが、最終戦ラスベガスに加えてインディアナポリスでも行われることになった。東西混走形式はヒューストン、ダラス、セントルイスなどで'96年まで実施されていたので、厳密に言えば今回の変更は新しい試みではなくて22年ぶりの復活である。

 250SXに参戦しているチームは、例えばウエストに2台、イーストに2台という布陣だったとすると、東西混走レースが行われる大会には4台を擁することになる。インディアナポリスのパドックは、今年一番の賑わいになるはずだったが、降雪と氷点下の気温に見舞われたためパドックが閉鎖され、チームはルーカスオイル・スタジアムの地下に陣取ることになった。

 インディアナポリスのレイアウトは、名物だったショートスタートが廃止され、長いストレートを採用したものになった。当初のコースマップでは、緩い1コーナーとヘアピンを組み合わせたドッグレッグ型になっていたが、不評だったためシンプルな180度ターンに変更された。長いストレートに合わせると、自ずとフィールドの長辺をフル活用してボウルターンで結んだデザインになるので、前戦のセントルイスに似たハイスピードコースになった。

 土質はソフトで掘れやすいため、ギャップやワダチの攻略が鍵となる。しかもタイムアタック時のベストラップが43秒台という、今シーズン最短のコース設定となったので、周回数が増えることは必至。特にレース終盤では、荒れた路面が勝敗の行方を左右しそうなコンディションだった。

 450SXのメインレース(20分+1周)では、1コーナーでマルチクラッシュが発生。この中にはポイントリーダーのジェイソン・アンダーソン(ハスクバーナ)を始め、クーパー・ウェブ(ヤマハ)、ブレイク・バゲット(KTM)、タイラー・バウワーズ(カワサキ)らが含まれていた。

 ホールショットを取ったのは、マービン・ムスキャン(KTM)。その後にイーライ・トマック(カワサキ)、ディーン・ウィルソン(ハスクバーナ)、ジャスティン・ブレイトン(ホンダ)が続いた。トップグループは次第に1〜2位、3〜5位という2組に分かれ、各々の中で競り合いが展開された。

 トップ争いは中盤まで1秒強の差で推移してきたが、13周目にトマックが転倒で脱落し、ムスキャンの独走態勢が固まった。終盤はブロック・ティックル(KTM)が、2位まで追い上げてきたが転倒。これで2位ウィルソン、3位ブレイトンが確定し、ムスキャンが開幕戦以来の2勝目をゲットした。


250SX イースト&ウエストを制しマーティンが今季初優勝!



 250SXのメインレース(15分+1周)でも、長いストレートエンドにある1コーナーが鬼門となり、複数のライダーが餌食となった。イースト&ウエスト・ショーダウン(東西混走レース)として行われる今回には、イースト首位のザック・オズボーン(ハスクバーナ)、ウエスト首位のアーロン・プレシンガー(ヤマハ)が、レッドナンバープレートを付けて臨んでいる。しかし、あろうことか両者とも1コーナーをきれいにクリアすることができず、プレシンガーは17位、オズボーンは21位という逆境からのレースになってしまった。

 1コーナーのイン側の混乱を避けて、ホールショットを決めたのはジェレミー・マーティン(ホンダ)。背後にはアンソニー・ロドリゲス(KTM)、ルーク・レンズランド(ヤマハ)、ジョーダン・スミス(KTM)が続いた。上位をイーストのライダーが独占する形となったが、ここに割って入って来たのが、ウエストのアダム・シアンサルーロ(カワサキ)。レース中盤は、マーティン、レンズランド、スミス、シアンサルーロがトップグループを構成した。

 終盤になると、スパートしたシアンサルーロが、3位、そして2位に躍進したが、トップまでは届かなかった。こうしてマーティンがスタートトゥフィニッシュで今季初優勝したが、レッドクロスが振られた際のジャンピングにペナルティが科され、優勝はそのままで減点となった。

 AMAスーパークロスシリーズは、開幕以来12週連続で開催されてきたが、ここでイースターホリデーを挟むためインターバルを迎える。6戦まで消化してきた250SXイーストは小休止。2週間後の第13戦シアトルでは250SXウエスト、続く第14戦ミネアポリスでは250SXイーストという千鳥日程となっている。


順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 25 M・ムスキャン Red Bull KTM KTM 20:55.776 DUNLOP user
2 15 D・ウィルソン Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna +29.439 DUNLOP user
3 10 J・ブレイトン Smartop Motoconcepts Honda +31.403 DUNLOP user
4 21 J・アンダーソン Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna +35.809 DUNLOP user
5 20 B・ティックル Red Bull KTM KTM +38.134 DUNLOP user
6 27 M・スチュワート Autotrader JGR Yoshimura Suzuki +45.746 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 6 J・マーティン Geico Honda Honda 16:31.703 DUNLOP user
2 92 A・シアンサルーロ Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +04.128 DUNLOP user
3 38 L・レンズランド Traders Racing Yamaha +05.412 DUNLOP user
4 45 J・スミス Troy Lee Designs Red Bull KTM +09.498 DUNLOP user
5 23 A・プレシンガー Monster Energy Yamalube Star Yamaha +10.348 DUNLOP user
6 35 A・フォークナー Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +13.202 DUNLOP user

AMAスーパークロス第12戦/450SX第12戦/250SXイースト第6戦/250SXウエスト第7戦

順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 21 J・アンダーソン Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna 265 DUNLOP user
2 25 M・ムスキャン Red Bull KTM KTM 230 DUNLOP user
3 10 J・ブレイトン Smartop Motoconcepts Honda 210 DUNLOP user
4 3 E・トマック Monster Energy Kawasaki Kawasaki 194 DUNLOP user
5 4 B・バゲット Rocky Mountain ATV/MC KTM 194 DUNLOP user
6 34 W・パイク Autotrader JGR Yoshimura Suzuki 172 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 1 Z・オズボーン Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna 131 DUNLOP user
2 35 A・フォークナー Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 124 DUNLOP user
3 45 J・スミス Troy Lee Designs Red Bull KTM 121 DUNLOP user
4 6 J・マーティン Geico Honda Honda 112 DUNLOP user
5 38 L・レンズランド Traders Racing Yamaha 92 DUNLOP user
6 76 K・ピータース Autotrader JGR Yoshimura Suzuki 85 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 23 A・プレシンガー Monster Energy Yamalube Star Yamaha 151 DUNLOP user
2 17 J・サバッチー Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 142 DUNLOP user
3 92 A・シアンサルーロ Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 139 DUNLOP user
4 28 S・マケラス Troy Lee Designs Red Bull KTM 127 DUNLOP user
5 40 C・セクストン Geico Honda Honda 109 DUNLOP user
6 32 C・クレイグ Geico Honda Honda 106 DUNLOP user