RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
ロードレース アジア選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス

アジアロードレース
CATEGORY
■ 2017/6/3〜4 第3戦 アジアロードレース選手権 鈴鹿サーキット(日本)
天気 気温 観客
- - -

アジアロードレース選手権(ARRC)第3戦日本ラウンドが6月3〜4日に鈴鹿サーキットで開催された。鈴鹿での開催は今年で5年目。日本での開催ともあり、加賀山就臣(スズキ)、榎戸育寛(ホンダ)、などに全日本ロードレース選手権に出場する日本人ライダーも多く参戦し、見ごたえある白熱した戦いが繰り広げられた。


(Race1)
ポールポジションは2’12.094というタイムを出した榎戸育寛(ホンダ)、2番グリッドに伊藤勇樹(ヤマハ)、3番グリッドにアズラン・シャー・カマルザマン(カワサキ)と並ぶ。
レース1、ホールショットはアズラン・シャー・カマルザマン。そして芳賀紀行(ヤマハ)、伊藤勇樹(ヤマハ)と続く。1周目のシケインで伊藤が一気に前へ。トップを走る伊藤の後ろに後続車が連なり混戦の予感をうかがわせた。11周目、ウエストが伊藤をパスしトップへ。その後ろを伊藤、チャロンポン・ポラマイ、ザクワン・ザイディが追いかける。ウエストと伊藤の激しいトップ争いの末、勝利を手にしたのは今季初優勝のウエスト。2位伊藤、3位ザイディという結果になった。日本人ライダーの結果は次の通り。2位伊藤勇樹(ヤマハ)、5位榎戸育寛(ホンダ)、6位羽田大河(ホンダ)、7位芳賀紀行(ヤマハ)、8位加賀山就臣(スズキ)、9位山口辰也(ホンダ)、10位前田慶介、11位名越哲平(ホンダ)、12位山田誓己(ホンダ)


(Race2)
レース2、ホールショットを奪ったのはレース1と同じカマルザマン。そして伊藤、ウエスト、芳賀がその背中を追いかけるが、さらに後続車が続く混戦状態になっていく。9ラップ目、トップはウエスト、2番手に伊藤。後方より確実にポジションアップしてきた加賀山が3番手に浮上。しかしその後ろからポラマイ、ザイディらが続き、一瞬の気も抜けない戦いが繰り広げられていった。最終ラップ、ウエストからトップを奪おうと猛追いする伊藤、3番手を走る加賀山には羽田が迫るが、最初にチェッカーを受けたのはウエスト。2位、伊藤、3位加賀山。ウエストは今大会嬉しいダブルウィンを獲得。表彰台では笑顔が溢れていた。日本人ライダーの結果は次の通り。2位伊藤勇樹(ヤマハ)、3位加賀山従臣(スズキ)、4位羽田大河(ホンダ)、7位榎戸育寛(ホンダ)、8位山口辰也(ホンダ)、11位前田圭介(ヤマハ)、14位久保健一(ヤマハ)、15位山田誓己(ホンダ)、16位田中歩(ホンダ)
第3戦を終え、ランキングトップはアズラン・シャー・カマルザマン(102P)、2位伊藤勇樹(83P)、3位ザクワン・ザイディ(80P)、4位羽田大河(78P)、とまだまだポイント差は少なく、第4戦でどのように順位が変わるのかが楽しみだ。

 


アジアプロダクション250クラス(通称AP250)は2015年に新設されたクラス。マシンは4ストロークの市販車を使用、タイヤはDUNLOPのワンメイクとなっている。レース1、ポールポジションを獲得したのは2`28.779というタイムを出したゲリー・サリム(ホンダ)。2番手に山本剛大(ホンダ)、3番手に小山知良(ホンダ)。ホールショットはサリム。そして小山、山本と続く。レースはサリム、山本、アーレンズ、小山の戦いとなった。先にチェッカーを受けたのは逃げ切ったサリム。2位山本、3位は小山。小山は嬉しい初表彰台となった。レース2、レース1に引き続きサリムがホールショットを獲得しトップを快走。山本、小山も続き、そこにサルムーン、アーレンズが加わりトップ集団を作る。激しい接戦の中、アーレンズが転倒。後方を走っていた山本も転倒してしまった。優勝はサリム、2位サルムーン、3位に小山が入った。

 


今シーズンで3年目となる「スズキ・アジアン・チャレンジ(SAC)」はスズキのライダー育成プログラム。今シーズンはマシンをGSX-R150を使用。ゼネラルマネージャーは加賀山就臣氏、元WGPライダーの八代俊二氏がライダーコーチとして参加している。


6月3日にグリッドを決める予選が行われその結果、ポールポジションを獲得してのは2’53.464を出したプンチャナ・クルロジチャラライ(タイ)、2番グリッドにチェピ アルマンシャ・スルヤディ(インドネシア)、3番グリッドはプラブ・アルナギリ(インド)となった。翌4日に行われたレース1。スタートを飛び出したのはプンチャナ。その後ろにチェピが続く。3周目になると村瀬健琉がトップに浮上。プンチャナと村瀬のトップ争いが続いた。チェッカーを受けたのはSAC初優勝のプンチャナ。村瀬はあと少しだったが優勝には手が届かず2位という結果となった。
レース2。絶好調のプンチャナが好スタートで前へ飛び出す。しかし、2番手以降の後続を引き離すことはできず10台以上のトップ争いとなる。団子状態の中、順位は常に変わりレースは進んでいく。そんな混戦の中、最初にチェッカーを受けたのはプンチャナ。レース1.2をダブルウィンの完全勝利で飾った。レース1で2位だった村瀬は2位/9位、SACにフル参戦している藤田哲弥は6位/6位。

第3戦を終え、ランキングトップは今大会ダブルウィンを勝ち取ったプンチャナ(94P)。絶好調のプンチャナがこのまま独走してしまうのか? 次戦のインドネシア大会からも目が離せない。

 


2012〜2016年まで開催していたUB130クラスが生まれ変わり、今シーズンからスタートしたUB150(Underbone150cc)。10代の若いライダーたちが参戦しここから世界を目指す。6周という短い周回数争われるレースはいつも混戦状態。そんな中、レース1を勝ち取ったのはWahyu Aji Trilaksanaで、ポールトゥウィンの完全勝利。レース2は3番グリットからトップに浮上したFakhrusy Syakirin Rostam。第3戦を終え、ランキング1位は93PのMd Akid Aziz(Yamaha)。2位Wahyu Aji Trilaksana(Yamaha)79P、3位Md Haziq Md Fairues(Yamaha)73PとYamahaが上位を独占。第4戦以降の戦いも注目していきたい。

 


順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 Anthony West Akeno Speed Racing Yamaha 28'56.056 DUNLOP user
2位 Yuki Ito Yamaha Racing   Yamaha 28'56.140 DUNLOP user
3位 Md Zaqhwan Zaidi MUSASHi Boon Siew Honda Racing Honda 28'57.346 DUNLOP user
4位 Azlan Shah Kamaruzama S Manual Tech Kawasaki Racing Kawasaki 28'57.663 DUNLOP user
5位 Ikuhiro Enokido MOTO BUM Honda Honda 28'58.614 DUNLOP user
6位 Taiga Hada RAMA Honda by NTS T.Pro Ten 10 Honda 28'59.619 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 Anthony West Akeno Speed Racing Yamaha 28'56.621 DUNLOP user
2位 Yuki Ito Yamaha Racing Yamaha 28'56.985 DUNLOP user
3位 Yukio Kagayama Team KAGAYAMA Suzuki 28'57.588 DUNLOP user
4位 Taiga Hada RAMA Honda by NTS T.Pro Ten 10 Honda 28'57.639 DUNLOP user
5位 Chalermpol Polaimai Yamaha Thailand Racing Team Yamaha 28'57.914 DUNLOP user
6位 Md Zaqhwan Zaidi MUSASHi Boon Siew Honda Racing Honda 28'58.118 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 Gerry Salim Astra Honda Racing Team Honda 20'01.909 DUNLOP user
2位 Takehiro Yamamoto SIDRAP HONDA IKAZUCHI Racing Team Honda 20'01.978 DUNLOP user
3位 Tomoyoshi Koyama RAMA Honda Honda 20'02.415 DUNLOP user
4位 Rheza Danica Ahrens Astra Honda Racing Team Honda 20'02.586 DUNLOP user
5位 Muklada Sarapuech AP Honda Racing Thailand Honda 20'13.305 DUNLOP user
6位 Andy Muhammad Fadly Manual Tech KYT Kawasaki Racing Kawasaki 20'13.700 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 Gerry Salim Astra Honda Racing Team Honda 19'58.335 DUNLOP user
2位 Anupab Sarmoon YAMAHA Thailand Racing TEAM Yamaha 19'59.044 DUNLOP user
3位 Tomoyoshi Koyama RAMA Honda Honda 19'59.074 DUNLOP user
4位 Galang Hendra Pratama Yamaha Racing Indonesia Yamaha 20'00.948 DUNLOP user
5位 Takehiro Yamamoto SIDRAP HONDA IKAZUCHI Racing Team Honda 20'11.957 DUNLOP user
6位 Awhin Sanjaya Astra Honda Racing Team Honda 20'18.986 DUNLOP user
順位 選手名 選抜国 メーカー/モデル タイム  
1位 Punchana Kulrojchalalai THA Suzuki GSX-R 150 17'27.174 DUNLOP user
2位 Takeru Murase JPN Suzuki GSX-R 150 17'27.343 DUNLOP user
3位 Ahmad Saugi Muchtar INA Suzuki GSX-R 150 17'32.129 DUNLOP user
4位 Aaron Gunawardena SRI Suzuki GSX-R 150 17'32.630 DUNLOP user
5位 Nur Al Fath Sam Ahmad INA Suzuki GSX-R 150 17'33.422 DUNLOP user
6位 Tetsuya Fujita JPN Suzuki GSX-R 150 17'33.758 DUNLOP user
順位 選手名 選抜国 メーカー/モデル タイム  
1位 Punchana Kulrojchalalai THA Suzuki GSX-R 150 17'40.401 DUNLOP user
2位 Ahmad Saugi Muchta INA Suzuki GSX-R 150 17'41.079 DUNLOP user
3位 Nur Al Fath Sam Ahmad INA Suzuki GSX-R 150 17'41.087 DUNLOP user
4位 Eane Jaye S. Sobretodo PHI Suzuki GSX-R 150 17'41.518 DUNLOP user
5位 Aaron Gunawardena SRI Suzuki GSX-R 150 17'41.694 DUNLOP user
6位 Tetsuya Fujita JPN Suzuki GSX-R 150 17'41.902 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 Wahyu Aji Trilaksana Yamaha Racing Indonesia Yamaha 16'05.294 DUNLOP user
2位 Md. Akid Aziz UMA Racing Yamaha Maju Motor Yamaha 16'05.358 DUNLOP user
3位 Md Haziq Md Fairues UMA Racing Yamaha Maju Motor Yamaha 16'06.228 DUNLOP user
4位 Anggi Setiawan YamahaYamalubeKYT TJM RACETECHRacingTeam Yamaha 16'11.606 DUNLOP user
5位 Md. Adib Rosley RCBKAGE MotobattYamaha YY PangRacingTeam Yamaha 16'11.753 DUNLOP user
6位 Md. Izzat Zaidi RCBKAGE MotobattYamaha YY PangRacingTeam Yamaha 16'12.099 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 Fakhrusy Syakirin Rostam SCK Rapido Hi Rev Honda Racing Team Honda 16'03.866 DUNLOP user
2位 Md Muzakkir Mohamed SCK Rapido Hi Rev Honda Racing Team Honda 16'03.940 DUNLOP user
3位 Md Haziq Md Fairues UMA Racing Yamaha Maju Motor Yamaha 16'04.649 DUNLOP user
4位 Md Amirul Ariff Musa Yuzy Honda Vietnam Racing Team Honda 16'09.325 DUNLOP user
5位 Md. Izzat Zaidi RCB KAGE Motobatt Yamaha YY Pang Racing Yamaha 16'09.414 DUNLOP user
6位 Md. Adib Rosley RCB KAGE Motobatt Yamaha YY Pang Racing Yamaha 16'09.528 DUNLOP user