RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
ロードレース アジア選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス

アジアロードレース
CATEGORY
■ 2016/8/5 第4戦 アジアロードレース選手権 インドネシア
天気 気温 観客
- - -

サリム選手(ホンダ)がパーフェクトウイン!

アジアロードレース選手権第4戦は8月5日〜7日、インドネシアのセントゥール・インターナショナル・サーキットで開催された。
鈴鹿8耐の翌週開催の第4戦、鈴鹿での4耐・8耐に参戦した選手にはハードな連戦となったが他にも様々な影響が出ていた。
ウィライロー選手(ホンダ)は、鈴鹿8耐でのケガで欠場となり、高橋裕紀選手(ホンダ)は全日本選手権のSUGO大会で左足かかとを粉砕骨折、岩田悟選手が代役で参戦した。
路面温度が60℃を超える厳しいコンディションでの開催、ポールポジションはサリム選手が獲得。
2番手にプラタマ選手、3番手にザイディ選手と、ホンダ勢がフロントローを独占。
小山選手は5位、代走の岩田選手は9位となった。


RACE1
ポールスタートのサリム選手がホールショット、しかしユディスティラ選手(カワサキ)が3コーナーでトップを奪う。
サリム、プラタマ、小山選手のホンダ勢が続き、8台のトップグループで展開していく。
しかし11周目にトップ快走のユディスティラがラインをはずし転倒してしまう。
代わってトップに立ったのはプラタマ選手でサリム選手、ザイディ選手と続いている。
このトップスリーに小山選手を加えた一団が激しいトップ争いを展開し、最終ラップではザイディ選手がトップへ、そこへ小山選手が猛プッシュ、プラタマ選手とサリム選手がチャンスを狙うドッグファイト。
そしてトップチェッカーを受けたのはサリム選手だった。
わずか0.094秒差でプラタマ選手が続き小山選手は4位で終えた。


RACE2
レース2でもサリム選手が好スタートを決める。
レース1で悔しい転倒のユディスティラ選手が猛追、プラタマ選手、小山選手も続いている。
4台のトップ集団が激しいバトルを展開していくがバトルはまたしても最終ラップに持ち込まれた。
レース中盤ではトップグループから遅れていったザイディ選手がファイナルラップで追いついてくると一気に勝負をかける。
そして激しいバトルを制したのはサリム選手、ポールポジション、ダブルウインでパーフェクトウインを達成した。
2位にザイディ選手、3位はプラタマ選手。小山選手は4位に終わった。


ランキングトップの中村大輝選手がポールポジションを獲得。
レース1では中村選手がスタートを決めトップに、しかしフェブリアンシャー選手がすぐにトップを奪う。
そしてレース中盤ではファーハン選手がトップに立つなど、おなじみのドッグファイトが展開していく。
中盤以降は転倒が多く多重クラッシュも起こるサバイバルの状況で、トップ争いは約11台が一団となってコーナーごとにバトルを重ねていく。
トップでフィニッシュラインを通過したのはフェブリアンシャー選手で、シーズン2勝目。中村選手は4位フィニッシュとなった。
レース2では、中村選手がジュンジー選手とのトップ争いを繰り広げ、そこへ後続が加わり、レース1と同様11台による激しいトップ争いになる。
そしてこのバトルを制したのは中村選手、レース1で攻めきれなかった悔しさを晴らした。
2位に63ポイント差をつけるランキングトップで残り2戦に挑む。


インドネシア出身で母国レースとなるプラタマ選手(ヤマハ)が予選2位からスタートを決めホールショット。
ポールポジションの山本選手(カワサキ)とランキングトップのウォンタナノン選手(ヤマハ)が続く。
しかしプラタマ選手は1周目でマシントラブルからリタイアしてしまう。
レースは山本選手とウォンタナノン選手がトップを争い、後続も遅れず続いている。
レース後半、膠着状態がくずれ次々とトップが入れ替わりファイナルラップへ。
そしてトップのプラトナ選手(ヤマハ)が痛恨のミス、2番手のサームーン選手も後退し、トップフィニッシュしたのは山本選手だった。
レース2でもプラタマ選手がホールショット、レース1と同じ顔ぶれがトップグループを形成しているが中村選手(ヤマハ)がトップグループに食い込んでいる。
迎えたファイナルラップ、山本選手とウォンタナノン選手がトップ争い、プラトナ選手と中村選手が初表彰台をかけた3位を争う。
ウォンタナノン選手が山本選手を交わし逆転優勝、そして最終ストレートで中村選手が逆転し初表彰台を獲得した。


加賀山就臣ジェネラルマネージャー
「今日は2レースともに、とてもエキサイティングなレースをしてくれて、とてもうれしく思います。レース1は、混戦が続く中から抜け出して勝つという、このワンメイクレースらしからぬ展開でトセマが優勝しました。レース2では、レース1にも増してバトルのレースで最後は4台が並んでゴールラインを通過し、僅差でロザリマンが勝ちました。彼らのスキルが上がっていることがよくわかるレースでした。残るは最終戦だけとなりました。関係者およびスポンサーの皆様、引き続き応援よろしくお願いいたします。」


八代俊二(ライダーコーチ)
「レース1はトセマの速さが際立ったレースでしたし、レース2はレースの初めから終わりまで大接戦を展開するSACらしい面白いレースでした。この第4戦を終えて、ランキング争いも混とんとしてきています。12月の最終戦は、彼らにとっての一年の集大成ということもありますし、そのチャンピオン争いも白熱すると思います。今からタイの最終戦が楽しみです。」