FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2016/4/10 第3戦 アメリカ(アメリカズGP) サーキット・オブ・ジ・アメリカズ
天気 気温 観客
曇り 23度 56,528人

リンス選手がロウズ選手を抑えて、今季初優勝を決める






第3戦の開催地は、アメリカ南部、テキサス州オースチンにあるサーキット・オブ・ジ・アメリカズ。1.2キロのストレートを持つ約5.5キロのコースだ。
ダンロップは前回と同じ、フロントにソフト1、ハード2、リアにハード3、ハード4を用意した。
土曜日の予選は、セッション中盤から雨が降り出すコンディションとなる。難しい状況の中、A・リンス選手(KALEX)が今季初のポール・ポジションを獲得した。
「いい感じで走れているよ。ポール・ポジションを取れてうれしい。ザルコ選手やロウズ選手も速いから大変なレースになると思うけど。いいレースをしたいね」とリンス選手。
続いて、J・ザルコ選手(KALEX)、S・ロウズ選手(KALEX)と続く。
中上貴晶選手(KALEX)は6位2列目につけた。
「フロント・ローに届かなかったが、昨日からさらに自己ベスト・タイムを更新できた。バイクのフィーリングはいい。上位陣のタイムは接近しているので、明日はしっかりと序盤からペースを上げて表彰台を狙いたい」と中上選手は話した。

決勝当日は曇りだったが、ドライ・コンディションで決勝を迎えた。
スタートよく飛び出したのはリンス選手で、ザルコ選手、D・アーゲター選手(KALEX)、ロウズ選手、J・フォルガー選手(KALEX)、中上選手と続く。
リンス選手はすぐに引き離しにかかり、ロウズ選手が追いかけていく。3位争いは、ザルコ選手、アーゲター選手、T・ルティ選手(KALEX)、中上選手、S・コルシ選手(SPEED UP)など6台が繰り広げていく。
中盤に入っても、リンス選手とロウズ選手はコンマ5秒ほどの差で続く。3位争いはザルコ選手、ルティ選手、アーゲター選手を中心に展開されていく。
レース終盤に入ると、リンス選手は着実にロウズ選手を離していき、今季初優勝を飾った。
続いて、ロウズ選手が2位でチェッカー。
3位争いは、終盤ザルコ選手が集団から抜け出して表彰台をつかんだ。
また、中上選手は終盤まで3位争い集団に加わっていたが、残り4周でコルシ選手と接触して転倒。すぐに再スタートしたが15位に留まった。

●コメント

優勝 A・リンス選手(KALEX)
「最初からプッシュしていったよ。ずっとロウズ選手が追いかけてきたので、ずっと限界まで攻めていった。アメリカでも多くのファンが応援してくれてうれしかった。次はホーム・ラウンドのスペインだから、またがんばります」

2位 S・ロウズ選手(KALEX)
「中盤まではいい感じで走れていたんだけど、ラスト4周はけっこうきつかった。リンス選手のペースはすごく速かったから、追いつくことはできなかった。前回に続いて表彰台に上がれたからよかった」

3位 J・ザルコ選手(KALEX)
「序盤、ペースを上げられなくて、前の2人についていけなかった。でも、終盤はいいペースで走れた。ここは僕らにとっては難しかったけど、表彰台で終われたからよかった。アルゼンチンからの2戦でいろいろ学ぶことができた。少し休んで、次のへレスに備えます」

15位 中上貴晶選手
「今日はスタートもよく3番手争いの集団の中で気持ちよく走れていた。リンス選手とロウズ選手には逃げられてしまったが、グループの中でトップ・フィニッシュする自信はあった。終盤になってザルコ選手の後ろまでポジションを上げたが、ラスト4周となった1コーナーでコルシ選手とぶつかって転倒してしまった。転倒がなければ絶対に表彰台に立てたと思うので悔しいです」


フェナーティ選手が今季初勝利をつかむ







Moto3クラスも前回と同じ、フロントにソフト&ミディアム、リアにソフトS1、ミディアムM1を供給した。
予選は、ウェット・コンディションで始まり、終盤はハーフウェットとなる難しいコンディションとなった。
ドイツ人のP・エッテル選手(KTM)はスリック・タイヤで好タイムを出すと、初のポール・ポジションを獲得した。
「トリッキーなコンディションだったね。ポール・ポジションをとれたなんてラッキーだった。明日はトップ10を狙っていきたい」とエッテル選手は話した。
J・ナバーロ選手(HONDA)が2位、E・バスティアニーニ選手(HONDA)が3番手に続く。
鈴木竜生選手(MAHINDRA)は13位、尾野弘樹選手(HONDA)はフリー走行3回目に転倒し、去年痛めた右足を亀裂骨折してしまった。ケガを押して走行し、16位となる。
「転倒して、去年のチェコで骨折した箇所にケガを負ってしまい、痛み止めを飲んで走った。うまくセットアップできずに16位となってしまった」と尾野選手。

決勝レースはナバーロ選手の好スタートで始まった。後ろからエッテル選手、フェナーティ選手などが続く。
ナバーロ選手は引き離しにかかり、フェナーティ選手とエッテル選手が2位争いを展開。フェナーティ選手は2位に上がると、すぐにトップのナバーロ選手を追いかけ始める。
8周目、フェナーティ選手はナバーロ選手を猛追。トップを奪うと、すぐに引き離しにかかる。ナバーロ選手は単独2位となる。
3位争いは、エッテル選手、F・クアタラーロ選手(KTM)、B・ビンダー選手(KTM)が繰り広げていく。
レース後半に入ると、トップのフェナーティ選手は約3秒のリードを奪う。2位ナバーロ選手の後ろでは、クアタラーロ選手とエッテル選手が競り合っていくが、クアタラーロ選手はマシン・トラブルのためにスローダウン。終盤、エッテル選手に、ビンダー選手が迫っていく。
トップのフェナーティ選手は、そのまま今季初優勝を達成。
続いてナバーロ選手が2位でチェッカーを受ける。
終盤、2位争いは、エッテル選手とビンダー選手の戦いとなり、ラスト・ラップでビンダー選手が前に出ると3位を獲得。3戦連続の表彰台でランキング・トップに立っている。
また、鈴木選手は19位。尾野選手はレース中に危険走行のペナルティを受け、25位に終わった。

●コメント

優勝 R・フェナーティ選手(KTM)
「ナバーロ選手が最初速かった。僕は諦めずに走っていったらだんだんと追いついたんだ。トップに立ってからもゴールラインまで集中していった。後ろとの差を守って勝てて本当にうれしいよ」

2位 J・ナバーロ選手(HONDA)
「いいレースができたと思う。序盤は調子よくて逃げようとした。フェナーティ選手が追いついてきて、1コーナーでミスをして抜かれてしまった。その後もミスがあって差が広がった。最後は2位をキープしようと思ったよ」

3位 B・ビンダー選手(KTM)
「終盤は、チャタリングが出たりして大変だった。でもストレートでエッテル選手を抜くことができたんだ。また表彰台で終われてよかったよ」

25位 尾野弘樹選手(HONDA)
「スタートを決めて1周目でポジションを上げたが、2周目の1コーナーでノロディン選手にぶつかってしまった。右足を怪我しているためリアブレーキを使えず、充分に減速することができなかった。ペナルティの後は、安定したタイムで走ることができた。ケガを早く治して、次戦からの欧州ラウンドに備えたい」


順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 A.Rins Paginas Amarillas HP40 KALEX '41.22.174 DUNLOP user
2位 S.Lowes Federal Oil Gresini Moto2 KALEX '41.24.265 DUNLOP user
3位 J.Zarco Ajo Motorsport KALEX '41.29.911 DUNLOP user
15位 中上貴晶 IDEMITSU Honda Team Asia KALEX '41.49.772 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 R.Fenati SKY Racing Team VR46 KTM '41.14.868 DUNLOP user
2位 J.Navarro Estrella Galicia 0,0 HONDA '41.21.480 DUNLOP user
3位 B.Binder Red Bull KTM Ajo KTM '41.25.403 DUNLOP user
19位 鈴木竜生 CIP-Unicom Starker MAHINDRA '41.55.028 DUNLOP user
25位 尾野弘樹 Honda Team Asia HONDA '42.34.309 DUNLOP user

第3戦終了時点

順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 S.Lowes Federal Oil Gresini Moto2 KALEX 47 DUNLOP user
2位 A.Rins Paginas Amarillas HP40 KALEX 46 DUNLOP user
3位 J.Zarco Ajo Motorsport KALEX 45 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 B.BInder Red Bull KTM Ajo KTM 52 DUNLOP user
2位 J.Navarro Estrella Galicia 0,0 HONDA 49 DUNLOP user
3位 R.Fenati SKY Racing Team VR46 KTM 38 DUNLOP user