RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2017/4/9 MFJ/MX MFJ/MX 2017全日本モトクロス選手権シリーズ 第1戦 九州大会
熊本県 HSR九州
天気 気温 観客
雨のち曇り 19℃ 5,130人(2日間)

国内復帰の山本鯨選手が全日本最高峰で初勝利!


今季の全日本モトクロス選手権は、開催会場に少し変更はあったものの、昨年と同じく年間9戦の設定。おもに4スト450ccマシンが参戦する最高峰クラスのIA1は、チーム体制の変更などが多くあった。このうちダンロップ勢では、これまで世界選手権にフル参戦してきた山本鯨選手(#400)が全日本に復帰して、ホンダファクトリーチームから初めて最高峰クラスにフル参戦。小方誠選手(#10)は、運営がカワサキモータースジャパンに移管されたカワサキトップチーム入りを果たした。また、ホンダを駆る田中雅己選手(#113)は、昨年までのIA2からステップアップ。カワサキに乗る星野裕選手(#8)やスズキのマシンを操る池谷優太選手(#793)などは、ほぼ昨年と同様の体制での参戦となる。

今季も熊本県のHSR九州が舞台となった開幕戦は、レースウィークに雨が降り続き、マディコンディションで実施された。木曜日から、ときには強く降った雨は、決勝日のお昼ごろにようやく止んだが、路面状況は最後まで大きく改善されることはなかった。そんな状況のなか、全日本最高峰のIA1でまず力を発揮したのが世界選手権帰りの山本選手。決勝ヒート1では、1周目を3番手でクリアして2番手争いに加わると、レースが後半に入ったところで2番手にポジションアップ。トップのライダーには離されてしまったが、そのまま2位でゴールした。また小方選手は、レース序盤から順位を守ると、最終ラップには前を走るライダーに肉迫。わずか1秒差で逆転はならなかったが、5位でフィニッシュした。

そして決勝ヒート2では、山本選手がさらに力を発揮。1周目を4番手でクリアした山本選手は、3台による接近戦となった2番手争いに加わると、レースが後半に入ったところでこの先頭に。すると、7秒ほど先行していたトップのライダーを追った。そしてラスト2周のところで、完全にトップを射程に収めると、最終ラップで大逆転。最後まで逃げ切って、全日本最高峰クラスでまずは1勝を挙げた。この結果、両ヒート総合成績では2位と同ポイントながら山本選手がトップとなった。小方選手は、レース前半に7番手を走行したが、ヒート1とはややコンディションが異なる状況でタイムを上げることができず、8位でフィニッシュ。これにより小方選手は、両ヒート総合成績では6位でシーズン初戦を終えた。


古賀太基選手がIA初優勝と両ヒート制覇を達成!


おもに4スト250ccマシンが参戦するIA2クラスでは、昨年度チャンピオンの能塚智寛選手が世界選手権に戦いの場を移したことから、今季も再び全員が挑戦者としてシーズンを戦っていくことになった。ダンロップ勢では、昨年度ランキング3位の渡辺祐介選手(#31)が、今季はヤマハのファクトリーチームに加入。このクラスでは、渡辺選手が唯一のファクトリーライダーとなる。昨年度ランキング2位の岡野聖選手(#30)、同4位の小川孝平選手(#912)、同5位の古賀太基選手(#922)や同7位の横澤拓夢選手(#35)などが、ダンロップタイヤを履いてチャンピオンを目指す。さらにこのクラスには、これまでIA1に参戦してきた安原志選手(#17)が、マシンをカワサキにスイッチしてフル参戦する。この開幕戦では、多彩なメンバーの中で古賀選手がまずは主導権を握る活躍をみせた。

決勝ヒート1では、オープニングラップからトップに立った古賀選手が、圧倒的なスピードを披露。唯一、この速さに辛うじて対応できていた渡辺選手は、レース中盤に転倒。これによってさらにリードを拡大した古賀選手が、独走でIA初優勝を決めた。渡辺選手は2位でゴール。3位には、序盤に転倒して6番手に後退してから、再び追い上げた小川選手が入賞した。また決勝ヒート2では、小川選手がホールショット。古賀選手と渡辺選手が続いたが、渡辺選手は徐々に遅れ、小川選手と古賀選手の一騎打ちになった。レース中盤、再び驚異的な速さをみせた古賀選手がトップに立ち、リードを拡大したが、ラスト4周で転倒。トップは守ったが、これでリズムが狂った古賀選手に、小川選手が迫った。しかし最後まで順位は変わらず、古賀選手が再び優勝し、小川選手が2位、大きく離された渡辺選手が3位となった。


今年からダンロップを使う久保まな選手が全日本初優勝!


今季のダンロップ勢は、2014年チャンピオンの竹内優菜選手(#2)、2015年女王の安原さや選手(#4)、昨年度ランキング5位の久保まな選手(#5)、同6位の本田七海選手(#6)が注目選手。ところが今大会では、安原選手が、予選で上位を走りながら前走車の転倒に巻き込まれて再スタートできず、予選落ちとなる不運なアクシデントに見舞われた。なおこのクラスは、路面状況の悪化に対処して、大幅にショートカットされたコースで決勝が競われた。

その決勝では、ダンロップ勢が躍進。スタート直後からトップを快走したのは竹内選手。1周目を5番手でクリアした久保選手が、徐々に順位を上げると、レース後半になってこの竹内選手に追いついた。そしてラスト2周で、久保選手が逆転。そのままトップチェッカーを受けて、全日本初優勝をダンロップタイヤで達成した。本来はマディを大の苦手とする竹内選手が2位。そして3位には、最終ラップで逆転した本田選手が入り、ダンロップ勢が表彰台を独占した。


順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 成田 亮 Team HRC HONDA `29.11.896  
2位 山本 鯨 Team HRC HONDA `29.30.503 DUNLOP user
3位 平田 優 YAMAHA FACTORY RACING TEAM YAMAHA `29.38.799  
5位 小方 誠 カワサキ チームグリーン KAWASAKI `29.56.093 DUNLOP user
7位 田中 雅己 TEAM ナカキホンダ HONDA `30.31.936 DUNLOP user
11位 池谷 優太 SRF TEAM REDZONE SUZUKI `31.50.552 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 山本 鯨 Team HRC HONDA `30.11.631 DUNLOP user
2位 成田 亮 Team HRC HONDA `30.18.154  
3位 小島 庸平 Team SUZUKI SUZUKI `30.54.575  
8位 小方 誠 カワサキ チームグリーン KAWASAKI `31.18.418 DUNLOP user
10位 池谷 優太 SRF TEAM REDZONE SUZUKI `31.55.309 DUNLOP user
12位 星野 裕 グリーンクラブ八尾カワサキ with ANNEX CLUB KAWASAKI `32.12.874 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 古賀 太基 N.R.T. HONDA `28.29.280 DUNLOP user
2位 渡辺 祐介 YAMAHA FACTORY RACING TEAM YAMAHA `29.13.921 DUNLOP user
3位 小川 孝平 Team ITOMO HONDA `29.38.100 DUNLOP user
4位 安原 志 グリーンクラブ八尾カワサキ with ANNEX CLUB KAWASAKI `30.00.491 DUNLOP user
5位 北原 岳哲 グリーンクラブ&パーク神戸RT KAWASAKI `30.01.469 DUNLOP user
6位 岡野 聖 フライングドルフィン サイセイ YAMAHA `30.05.056 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 古賀 太基 N.R.T. HONDA `29.51.847 DUNLOP user
2位 小川 孝平 Team ITOMO HONDA `29.59.560 DUNLOP user
3位 渡辺 祐介 YAMAHA FACTORY RACING TEAM YAMAHA `30.41.000 DUNLOP user
4位 安原 志 グリーンクラブ八尾カワサキ with ANNEX CLUB KAWASAKI `31.28.645 DUNLOP user
5位 岡野 聖 フライングドルフィン サイセイ YAMAHA `31.36.858 DUNLOP user
6位 北原 岳哲 グリーンクラブ&パーク神戸RT KAWASAKI `32.15.882 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 久保 まな SRM マウンテンライダーズ SUZUKI 11:08.834 DUNLOP user
2位 竹内 優菜 TEAM HAMMER ホンダ学園 HONDA 11:23.037 DUNLOP user
3位 本田 七海 TEAM KOH-Z YAMAHA 11:41.853 DUNLOP user
4位 勝股 七海 Team ITOMO HONDA 11:48.799 DUNLOP user
9位 半田 こはく 八尾カワサキ with ANNEX CLUB KAWASAKI 11:31.554 DUNLOP user
11位 神田橋 芽 グリーンクラブ ピュアテックレーシング KAWASAKI 11:39.351 DUNLOP user

第1戦終了時点

順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 山本 鯨 Team HRC HONDA 47 DUNLOP user
2位 成田 亮 Team HRC HONDA 47  
3位 小島 庸平 Team SUZUKI SUZUKI 38  
6位 小方 誠 カワサキ チームグリーン KAWASAKI 29 DUNLOP user
10位 田中 雅己 TEAM ナカキホンダ HONDA 22 DUNLOP user
11位 池谷 優太 SRF TEAM REDZONE SUZUKI 21 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 古賀 太基 N.R.T. HONDA 50 DUNLOP user
2位 小川 孝平 Team ITOMO HONDA 42 DUNLOP user
3位 渡辺 祐介 YAMAHA FACTORY RACING TEAM YAMAHA 42 DUNLOP user
4位 安原 志 グリーンクラブ八尾カワサキ with ANNEX CLUB KAWASAKI 36 DUNLOP user
5位 岡野 聖 フライングドルフィン サイセイ YAMAHA 31 DUNLOP user
6位 北原 岳哲 グリーンクラブ&パーク神戸RT KAWASAKI 31 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 久保 まな SRM マウンテンライダーズ SUZUKI 25 DUNLOP user
2位 竹内 優菜 TEAM HAMMER ホンダ学園 HONDA 22 DUNLOP user
3位 本田 七海 TEAM KOH-Z YAMAHA 20 DUNLOP user
4位 勝股 七海 Team ITOMO HONDA 18 DUNLOP user
9位 半田 こはく 八尾カワサキ with ANNEX CLUB KAWASAKI 12 DUNLOP user
11位 神田橋 芽 グリーンクラブ ピュアテックレーシング KAWASAKI 10 DUNLOP user