RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2016/5/15 MFJ/MX 2016全日本モトクロス選手権 第3戦 中国大会
広島県 世羅グリーンパーク弘楽園
天気 気温 観客
晴れ時々曇り 23℃ 3,620人(2日間)

三原拓也選手が優勝争いに加わって両ヒート表彰台!


全日本モトクロス選手権の今季第3戦は、昨年に続いて春のみの開催となる中国大会。広島県南東部の山中にある、世羅グリーンパーク弘楽園を舞台に行われた。
山を切り開いて設けられたコースは、アップダウンが非常に多い、ハイスピードなレイアウト。路面は全日本コース屈指のハードパックで、迫力のあるビッグジャンプや高速コーナーも多く配されている。
天候は、各クラスの予選が実施された土曜日が晴れで、最高気温が25度を超えて強い日差しが照りつける、初夏を思わせる陽気。
これに対して、各クラスの決勝が開催された日曜日は、やや雲が多めで、予報ほどは気温が上昇しなかったことから、過ごしやすい陽気となった。
レースインターバルの散水作業により、ホコリの発生は抑えられた。

4スト450ccマシンが参戦する最高峰クラスのIA1。
その決勝ヒート1では、今季からヤマハファクトリーチームに移籍した三原拓也選手(#6)が、大幅にショートカットされた1周目を6番手で通過。
今年からスズキに乗る深谷広一選手(#13)がこれに続いた。
2周目、深谷選手は4番手に浮上。三原選手は順位をひとつ落としたが、3周目には6番手に返り咲くと、その後は深谷選手を先頭とした3台による4番手争いに加わり、レースが間もなく中盤に入るところで深谷選手を抜いた。
さらに、三原選手は4番手のライダーとともに2台の2番手集団に接近。レースが後半に入ったところで、3番手に浮上した。
終盤、三原選手は僅差で2番手を追ったが、逆転には至らず。3位で表彰台に登壇した。また、深谷選手が6位となった。

決勝ヒート2では、三原選手が好スタートを決め、スタート直後のターンを2番手でクリア。
直後に順位をひとつ落としたが、2周目からは2番手争いを繰り広げ、3周目にはパッシングに成功した。
勢いに乗る三原選手は、追い上げを続けて翌周にはトップ浮上。約2周にわたり順位を守った。
6周目に再び2番手となってからも、三原選手は数秒差でトップのライダーをマーク。逆転のチャンスを狙った。
そして最後は、トップのライダーと約2秒差でゴール。全日本最高峰クラス初優勝には届かなかったが、自己最高位タイとなる2位に輝いた。
また、1周目11番手と出遅れた深谷選手は、終盤まで追い上げを続けて6位。
地元出身の星野裕選手(#9)は、ラスト2周で深谷選手の先行を許して7位となった。


ダンロップタイヤが開幕から3戦連続で表彰台独占!


4スト250ccマシンが参戦するIA2クラスの予選レースでは、ランキング2番手につけていた田中雅己選手(#113)がジャンプ着地でクラッシュ。
田中選手は負傷し、決勝出走はキャンセルされた。
決勝ヒート1で好スタートを決めたのは、開幕から4ヒート連続優勝を達成して今大会に臨んだ能塚智寛選手(#28)。
しかしこの能塚選手を、岡野聖選手(#31)と竹中純矢選手(#29)がすぐに抜き、3台によるトップ争いとなった。
3周目、竹中選手と能塚選手が順に岡野選手をパス。さらに能塚選手が竹中選手と順位を入れ替え、上位勢は能塚選手、竹中選手、岡野選手の順に。
ここから、能塚選手はややリードを広げていった。レース中盤、岡野選手や古賀太基選手(#122)を抜いて、渡辺祐介選手(#32)が3番手に浮上。
レースは能塚選手が勝利を収め、竹中選手が2位、渡辺選手が3位となった。

決勝ヒート2は、クラッシュで赤旗再スタートとなり、2度目のスタートでは岡野選手がトップ、渡辺選手が2番手、能塚選手が3番手、竹中選手が4番手につけた。
2周目、この4台が僅差のトップ争いを開始。ところが、3周目には渡辺選手、4周目には竹中選手が転倒を喫した。
これでトップ争いがひとまず2台に絞られると、能塚選手は岡野選手をパスしてトップに。
その後、能塚選手は独走態勢を築いていった。
ヒート1は終盤のマシントラブルでノーポイントに終わった岡野選手は、2番手をキープ。
しかし、3番手を走行していた古賀選手が、中盤以降に少しずつ差を詰め、終盤にはついに逆転した。
ところが、抜かれた岡野選手も意地をみせ、ラスト3周で再逆転。
古賀選手は、ラストラップに渡辺選手の逆転も許し、能塚選手が優勝、岡野選手が2位、渡辺選手が3位、古賀選手が4位となった。


竹内優菜選手と安原さや選手は、惜しくも優勝を逃す


ディフェンディングチャンピオンの安原さや選手(#1)と14年度女王の竹内優菜選手(#2)は、いずれもスタートでやや出遅れ、大幅にショートカットされた1周目を、竹内選手が8番手、安原選手が9番手でクリア。
それでも、翌周には混戦の中ですぐさま順位を上げ、竹内選手が4番手、安原選手が5番手で、トップ争いに加わった。
4周目、それまで2番手だったライダーが後退し、これで竹内選手が3番手、安原選手が4番手にポジションアップした。

後半、竹内選手と安原選手は2番手を走るライダーを猛追。中でも竹内選手は、一度は2番手を走っていたライダーの前に出るデッドヒートを展開し、3台が連なって、前半に5秒以上のリードを許したトップの選手に迫っていった。
迎えた最終ラップの10周目、2番手のライダーがトップに接近。
これを追う竹内選手と安原選手も、優勝に手が届く位置まで近づいた。
しかし逆転には至らず、竹内選手がトップと約2秒差の3位、安原選手が同3秒差の4位となった。


順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 成田 亮 Team HRC HONDA `33.09.571  
2位 平田 優 YAMAHA FACTORY RACING TEAM YAMAHA `33.17.037  
3位 三原 拓也 YAMAHA FACTORY RACING TEAM YAMAHA `33.21.518 DUNLOP user
6位 深谷 広一 SRF Teamブルーイーグルス SUZUKI `33.35.586 DUNLOP user
8位 北居 良樹 KTMうず潮レーシング福山 KTM `33.58.504 DUNLOP user
10位 星野 裕 グリーンクラブ八尾カワサキ&ANNEX CLUB KAWASAKI `34.02.310 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 平田 優 YAMAHA FACTORY RACING TEAM YAMAHA `33.16.764  
2位 三原 拓也 YAMAHA FACTORY RACING TEAM YAMAHA `33.18.779 DUNLOP user
3位 小島 庸平 Team SUZUKI SUZUKI `33.20.833  
6位 深谷 広一 SRF Teamブルーイーグルス SUZUKI `33.38.803 DUNLOP user
7位 星野 裕 グリーンクラブ八尾カワサキ&ANNEX CLUB KAWASAKI `33.39.434 DUNLOP user
9位 北居 良樹 KTMうず潮レーシング福山 KTM `34.34.890 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 能塚 智寛 Team HRC HONDA `32.51.267 DUNLOP user
2位 竹中 純矢 Team SUZUKI SUZUKI `32.55.753 DUNLOP user
3位 渡辺 祐介 YAMALUBE RACING TEAM YAMAHA `33.41.411 DUNLOP user
4位 小川 孝平 Team ITOMO HONDA `33.51.669 DUNLOP user
5位 古賀 太基 N.R.T. HONDA `33.57.865 DUNLOP user
6位 内田 篤基 Team SSC SUZUKI `34.03.138 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 能塚 智寛 Team HRC HONDA `31.51.761 DUNLOP user
2位 岡野 聖 フライングドルフィン サイセイ YAMAHA `32.09.680 DUNLOP user
3位 渡辺 祐介 YAMALUBE RACING TEAM YAMAHA `32.13.911 DUNLOP user
4位 古賀 太基 N.R.T. HONDA `32.14.234 DUNLOP user
5位 横澤 拓夢 N.R.T. HONDA `32.24.257 DUNLOP user
6位 小川 孝平 Team ITOMO HONDA `32.36.167 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 中野 洋子 T.E.SPORT HONDA `18.41.584  
2位 畑尾 樹璃 グリーンクラブ TEAM MOTOBOY KAWASAKI `18.42.545  
3位 竹内 優菜 TEAM HAMMER ホンダ学園 HONDA `18.43.806 DUNLOP user
4位 安原 さや 名阪レーシング YAMAHA `18.44.694 DUNLOP user
8位 本田 七海 TEAM KOH-Z YAMAHA `19.32.091 DUNLOP user
9位 勝股 七海 Team ITOMO HONDA `19.32.905 DUNLOP user

第3戦終了時点

順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 成田 亮 Team HRC HONDA 138  
2位 三原 拓也 YAMAHA FACTORY RACING TEAM YAMAHA 116 DUNLOP user
3位 平田 優 YAMAHA FACTORY RACING TEAM YAMAHA 115  
7位 深谷 広一 SRF Teamブルーイーグルス SUZUKI 84 DUNLOP user
9位 北居 良樹 KTMうず潮レーシング福山 KTM 71 DUNLOP user
10位 星野 裕 グリーンクラブ八尾カワサキ&ANNEX CLUB KAWASAKI 70 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 能塚 智寛 Team HRC HONDA 150 DUNLOP user
2位 古賀 太基 N.R.T. HONDA 100 DUNLOP user
3位 岡野 聖 フライングドルフィン サイセイ YAMAHA 99 DUNLOP user
4位 小川 孝平 Team ITOMO HONDA 95 DUNLOP user
5位 渡辺 祐介 YAMALUBE RACING TEAM YAMAHA 85 DUNLOP user
6位 田中 雅己 TEAMナカキホンダ HONDA 82 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 中野 洋子 T.E.SPORT HONDA 75  
2位 畑尾 樹璃 グリーンクラブ TEAM MOTOBOY KAWASAKI 66  
3位 久保 まな SRFスポーツ with KUBO RC J:COM SUZUKI 53  
4位 竹内 優菜 TEAM HAMMER ホンダ学園 HONDA 51 DUNLOP user
6位 本田 七海 TEAM KOH-Z YAMAHA 46 DUNLOP user
7位 安原 さや 名阪レーシング YAMAHA 42 DUNLOP user