RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2016/6/5 MFJ/MX 2016全日本モトクロス選手権 第4戦 SUGO大会
宮城県 スポーツランドSUGO
天気 気温 観客
晴れ時々曇り 25℃ 4,200人(2日間)

三原拓也選手がケガ。小方誠選手が復帰!


今季の全日本モトクロス選手権は、シーズン中盤戦に突入。
第4戦SUGO大会が、複合モータースポーツ施設として知られる宮城県のスポーツランドSUGOで開催された。
かつては世界選手権が実施されたこともあるインターナショナルモトクロスコースは、丘陵地を使ってダイナミックにレイアウトされ、傾斜角が30度もある壁のような全長約70mの大坂を、名物のひとつとしている。
今大会は土日とも天候に恵まれ、路面はドライコンディション。基本的には、乾くとかなり固く締まる土質とあって、コースは深いギャップができにくい状態となった。
このため、実力が拮抗するライダー間のタイム差が発生しづらく、ロードレースのようなコンマ数秒の戦いが随所で繰り広げられる、タフな大会となった。

4スト450ccマシンが参戦する最高峰クラスのIA1では、開幕戦で負傷して第2戦および第3戦を欠場した小方誠選手(#4)が、今大会からシリーズに復帰。
ところが日曜日朝の練習走行で、今季からヤマハファクトリーチームに移籍してここまで快調な走りを続けてきた三原拓也選手(#6)が大転倒。
これにより三原選手は、決勝出場をキャンセルすることになった。
決勝ヒート1では、今季からスズキのマシンを駆る深谷広一選手(#13)が、序盤から6番手を走行すると、終盤には5台で構成されていた接近戦のトップグループに加わった。
そして、ライバルが後退したことからひとつ順位を上げ、5位でフィニッシュした。
また、小方選手は序盤から順位をキープして、7位で復帰最初のレースを走破した。

決勝ヒート2では、小方選手が好スタートを決め、オープニングラップを2番手でクリア。
2周目と3周目に順位を落としたが、その後は順位をキープした。
小方選手の後方では、深谷選手が僅差でマークを続けたが、タイム差がないコース状況とあって、このまま最後まで順位の入れ替えはなく、小方選手が5位、深谷選手が6位でフィニッシュした。
またこのレースでは、ヒート1を8位でフィニッシュした星野裕選手(#9)が、序盤に5番手を走行。
徐々に順位を下げたが、星野選手は再び8位でゴールして、両ヒート総合成績でも8位となった。
さらに北居良樹選手(#100)は、ヒート1はスタートの出遅れ、ヒート2はマシンの不具合がありながら、どちらもトップ10圏内でチェッカーを受けた。


岡野聖選手が自身初の全日本両ヒート制覇!


4スト250ccマシンが参戦するIA2クラスは、今季からホンダのファクトリーチームに移籍した能塚智寛選手(#28)が、開幕から6連勝を決めて今大会に臨んだ。 しかしその決勝ヒート1では、スタート直後に発生したマルチクラッシュに能塚選手も沈み、さらに序盤と中盤に2回の単独転倒。これにより能塚選手は、優勝を逃すどころか22位フィニッシュでノーポイントに終わった。 レースは、スタートでトップに立った岡野聖選手(#31)を、まずは古賀太基選手(#122)が追う展開。 しかし古賀選手は転倒で4番手に後退して、これをきっかけに岡野選手のリードが拡大していった。 2番手争いでは、渡辺祐介選手(#32)が竹中純矢選手(#29)を、レースが中盤に入るころにパス。 その後はそれぞれが単独走行となり、岡野選手が優勝、渡辺選手が2位、竹中選手が3位という表彰台メンバーとなった。

決勝ヒート2は、前戦予選のケガから復帰した田中雅己選手(#113)の好スタートで幕を開けた。 ヒート1で2位の渡辺選手は3番手につけたが、転倒で大きく後退。田中選手は順位を下げ、1周目は岡野選手、古賀選手、能塚選手、田中選手、竹中選手の順となった。 2周目、古賀選手と能塚選手が岡野選手をパス。IA初優勝に向けて、古賀選手は必死に逃げ切りを図ったが、能塚選手や岡野選手、あるいは4番手に浮上した竹中選手も、レース前半はこれに対応してマークを続けた。 中盤、岡野選手は能塚選手を抜いて2番手に返り咲くと、3秒ほどあった古賀選手との差を徐々に削り、終盤には接近戦を開始。一方の古賀選手は順位死守を続けた。 ところが、レースが残り2周となった16周目、古賀選手が転倒。 これにより岡野選手がトップに立ち、初の両ヒート優勝を達成。古賀選手が悔しい2位、能塚選手が3位となった。


竹内優菜選手が今季初優勝。安原さや選手が今季初表彰台!


昨年はシーズン終盤でケガをしたことでタイトル獲得を逃した竹内優菜選手(#2)が5番手、ディフェンディングチャンピオンの安原さや選手(#1)が6番手で、オープニングラップをクリア。
翌周には、両者がひとつずつ順位を上げると、5台によって構成されたトップグループに加わった。
3周目、集団の中でまずは竹内選手が3番手に浮上。さらに、レース前半が終了となる4周目、竹内選手が2番手、安原選手が4番手にアップした。

5周目、竹内選手は約2秒差でトップのライダーをマーク。 安原選手は、再びライバルの1台を抜き、3番手となった。
そして6周目、トップを走っていたライダーが転倒により後退。
これで竹内選手がトップに立ち、安原選手が約7秒差の2番手となると、最終ラップまでしっかり順位を守り、竹内選手が今季初勝利を挙げ、安原選手が2位で今季初表彰台登壇を果たした。
またこの結果、ダンロップタイヤはワン・ツー・フィニッシュを飾った。


順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 成田 亮 Team HRC HONDA `32.04.490  
2位 小島 庸平 Team SUZUKI SUZUKI `32.06.310  
3位 熱田 孝高 Team SUZUKI SUZUKI `32.10.097  
5位 深谷 広一 SRF Teamブルーイーグルス SUZUKI `32.14.150 DUNLOP user
7位 小方 誠 グリーンクラブ ピュアテックレーシング KAWASAKI `32.27.215 DUNLOP user
8位 星野 裕 グリーンクラブ八尾カワサキ&ANNEX CLUB KAWASAKI `32.44.146 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 平田 優 YAMAHA FACTORY RACING TEAM YAMAHA `32.06.433  
2位 成田 亮 Team HRC HONDA `32.08.132  
3位 小島 庸平 Team SUZUKI SUZUKI `32.10.780  
5位 小方 誠 グリーンクラブ ピュアテックレーシング KAWASAKI `32.20.8037 DUNLOP user
6位 深谷 広一 SRF Teamブルーイーグルス SUZUKI `32.24.826 DUNLOP user
8位 星野 裕 グリーンクラブ八尾カワサキ&ANNEX CLUB KAWASAKI `32.44.921 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 岡野 聖 フライングドルフィン サイセイ YAMAHA `33.38.207 DUNLOP user
2位 渡辺 祐介 YAMALUBE RACING TEAM YAMAHA `33.52.178 DUNLOP user
3位 竹中 純矢 Team SUZUKI SUZUKI `34.09.378 DUNLOP user
4位 小川 孝平 Team ITOMO HONDA `34.22.139 DUNLOP user
5位 植田 翔太 グリーンクラブ八尾カワサキ&ANNEX CLUB KAWASAKI `34.25.485 DUNLOP user
6位 田中 雅己 TEAMナカキホンダ HONDA `34.30.909 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 岡野 聖 フライングドルフィン サイセイ YAMAHA `32.21.744 DUNLOP user
2位 古賀 太基 N.R.T. HONDA `32.25.983 DUNLOP user
3位 能塚 智寛 Team HRC HONDA `32.32.243 DUNLOP user
4位 竹中 純矢 Team SUZUKI SUZUKI `32.38.091 DUNLOP user
5位 小川 孝平 Team ITOMO HONDA `32.50.839 DUNLOP user
6位 横澤 拓夢 N.R.T. HONDA `32.56.038 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 竹内 優菜 TEAM HAMMER ホンダ学園 HONDA `17.39.257 DUNLOP user
2位 安原 さや 名阪レーシング YAMAHA `17.46.146 DUNLOP user
3位 畑尾 樹璃 グリーンクラブ TEAM MOTOBOY KAWASAKI `17.49.545  
6位 勝股 七海 Team ITOMO HONDA `18:08.838 DUNLOP user
8位 本田 七海 TEAM KOH-Z YAMAHA `18.27.350 DUNLOP user
11位 神田橋 芽 グリーンクラブ ピュアテックレーシング KAWASAKI `18.33.066 DUNLOP user

第4戦終了時点

順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 成田 亮 Team HRC HONDA 185  
2位 平田 優 YAMAHA FACTORY RACING TEAM YAMAHA 158  
3位 小島 庸平 Team SUZUKI SUZUKI 140  
6位 三原 拓也 YAMAHA FACTORY RACING TEAM YAMAHA 116 DUNLOP user
7位 深谷 広一 SRF Teamブルーイーグルス SUZUKI 115 DUNLOP user
8位 星野 裕 グリーンクラブ八尾カワサキ&ANNEX CLUB KAWASAKI 96 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 能塚 智寛 Team HRC HONDA 170 DUNLOP user
2位 岡野 聖 フライングドルフィン サイセイ YAMAHA 149 DUNLOP user
3位 古賀 太基 N.R.T. HONDA 136 DUNLOP user
4位 小川 孝平 Team ITOMO HONDA 129 DUNLOP user
5位 渡辺 祐介 YAMALUBE RACING TEAM YAMAHA 121 DUNLOP user
6位 竹中 純矢 Team SUZUKI SUZUKI 111 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 中野 洋子 T.E.SPORT HONDA 89  
2位 畑尾 樹璃 グリーンクラブ TEAM MOTOBOY KAWASAKI 86  
3位 竹内 優菜 TEAM HAMMER ホンダ学園 HONDA 76 DUNLOP user
6位 安原 さや 名阪レーシング YAMAHA 64 DUNLOP user
7位 本田 七海 TEAM KOH-Z YAMAHA 59 DUNLOP user
8位 勝股 七海 Team ITOMO HONDA 48 DUNLOP user