RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2016/7/3 MFJ/MX 2016全日本モトクロス選手権 第5戦 神戸大会
兵庫県 神戸空港特設コース
天気 気温 観客
晴れ 31℃ 6,896人(2日間)

深谷広一選手が全日本最高峰クラスで初勝利!


全日本モトクロス選手権は、ちょうどシーズン中間となる第5戦を迎え、2年連続となる神戸大会が、神戸空港がある人工島の北西エリアに設けられた特設コースで実施された。
「スーパーモトクロス in 神戸エアポート」と題された大会は、神戸開港150年や神戸空港開港10周年を記念するイベントのひとつという位置づけ。
フラットな敷地に土砂を搬入して、全日本のためだけにスーパークロス風のコースを設立。
海を挟んだすぐ向かいには神戸市街地が見え、公共交通機関でのアクセス性にも非常に優れた、シティスタイルのモトクロス大会となっている。
梅雨の時期ながら大会は天候に恵まれ、砂と赤土が混ざった路面はドライコンディション。
走行によってできた深いワダチとギャップが、難易度を上げた。

4スト450ccマシンが参戦する最高峰クラスのIA1では、今季からヤマハファクトリーチームに移籍した三原拓也選手(#6)が、前戦の練習走行で大転倒。
長期離脱を余儀なくされ、ダンロップ勢にとって厳しい状況となった。
決勝ヒート1では、今季からスズキのマシンを駆る深谷広一選手(#13)が好スタートを決め、1周目を2番手でクリア。
レース序盤に4番手まで順位を下げたが、中盤になっても上位の3台から大きく離されることなく周回して、チャンスをうかがった。
そして深谷選手は、4位フィニッシュを果たした。また、今季からカワサキにスイッチしてファクトリーマシンを駆る小方誠選手(#4)は、序盤から中盤にかけ星野裕選手(#9)と6番手争い。
一時は8番手に下がりながら、5位まで追い上げてゴールした。

決勝ヒート2では、今年はカワサキファクトリーチームに返り咲いた田中教世選手(#8)が好スタート。
1周目を2番手でクリアすると、トップのライダーを猛追し、4周目にはトップ浮上を果たした。
このレースは、レース中盤になっても最大7台ほどがトップグループを形成する大混戦。
この中、田中選手は懸命に順位を守ったが、中盤に6番手まで順位を落とした。
代わって順位を上げたのは深谷選手。1周目は8番手だったが、レースが後半に入ったところで3番手まで浮上した。
終盤、2番手のライダーがエンストで後退したことから、深谷選手は2番手でチェッカー。
表彰式終了後、トップだった選手にコースショートカットのペナルティが科され、深谷選手の全日本最高峰クラス初優勝が決定した。
小方選手が4位、田中選手が5位となった。


岡野聖選手が2戦連続で両ヒート制覇!


ホンダファクトリーチームの能塚智寛選手(#28)が、予選で転倒を喫し、シード権を使って2列目スタートで決勝に臨むことになった。
決勝ヒート1で好スタートを決めたのは、古賀太基選手(#122)。
これを前戦で両ヒート制覇を達成した岡野聖選手(#31)と、田中雅己選手(#113)が追った。
3名の接近戦は、レース中盤になっても続き、懸命にトップの座を守っていた古賀選手を11周目に田中選手がパス。
13周目には、岡野選手も古賀選手の攻略に成功した。
レース後半、田中選手と岡野選手がトップ争い。
ペースが落ちた古賀選手の後方には、1周目8番手から追い上げた小川孝平選手(#912)が迫った。
終盤、古賀選手を小川選手と激しい追い上げを見せた能塚選手がパス。
残り5分を切ったところで、トップの田中選手が転倒し、レースは岡野選手が勝利し、小川選手が2位、能塚選手が3位となった。

決勝ヒート2では、再び古賀選手が好スタート。これに竹中純矢選手(#29)、小川選手、田中選手が続いた。
さらに2周目には、岡野選手が順位を上げて5番手。5周目、竹中選手がトップに浮上した。
7周目、岡野選手が転倒を喫して、6番手に後退。
4番手を走っていた古賀選手は、レースが中盤に入ったところで順位を落とし、レース前半が終わる12周目の段階では竹中選手、小川選手、田中選手、岡野選手、能塚選手のトップ5となった。
後半、この中で順位を上げたのは岡野選手。17周目には一気に2番手に浮上すると、20周目には竹中選手をパスしてトップとなった。
レース終盤、3〜4番手を走っていた田中選手は、転倒によりリタイア。
竹中選手は脱水症状、一時は3番手に順位を戻した古賀選手は最終ラップの転倒で順位を落とした。
そして25周のレースは、岡野選手が2戦連続の両ヒート制覇。小川選手が2位、能塚選手が3位となった。


竹内優菜選手が連勝。安原さや選手が3位表彰台!


地元大会に燃えていたディフェンディングチャンピオンの安原さや選手(#1)が、日曜朝の練習走行で肩を脱臼。
出場が危ぶまれたが、安原選手は治療を施して決勝のスターティンググリッドに並ぶと、1周目に前のライダーが跳べなかった2連ジャンプを華麗にクリアして、トップに浮上した。
2周目、安原選手は2番手に順位を下げ、3周目からはその背後に前戦で今季初勝利を挙げた竹内優菜選手(#2)が接近。
両者が、僅差のバトルを演じた。

6周目、竹内選手が安原選手をパス。
竹内選手はトップとの距離を詰め、やや遅れた安原選手の背後には本田七海選手(#4)が接近した。
レースが残り2周となった11周目、それまでチャンスを狙い続けていた竹内選手が、ついにトップを奪取。
ラストラップにはややリードを広げ、連勝をマークした。
安原選手は、終盤になってペースを落とした本田選手を振り切り、2位と約4秒差の3位でゴールして、2戦連続で表彰台登壇を果たした。


順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 小島 庸平 Team SUZUKI SUZUKI `32.10.608  
2位 成田 亮 Team HRC HONDA `32.13.144  
3位 新井 宏彰 K.R.T. KAWASAKI `32.14.508  
4位 深谷 広一 SRF Teamブルーイーグルス SUZUKI `32.20.776 DUNLOP user
5位 小方 誠 グリーンクラブ ピュアテックレーシング KAWASAKI `32.32.358 DUNLOP user
8位 星野 裕 グリーンクラブ八尾カワサキ&ANNEX CLUB KAWASAKI `32.41.881 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 深谷 広一 SRF Teamブルーイーグルス SUZUKI `32.30.043 DUNLOP user
2位 新井 宏彰 K.R.T. KAWASAKI `32.33.134  
3位 小島 庸平 Team SUZUKI SUZUKI `32.36.054  
4位 小方 誠 グリーンクラブ ピュアテックレーシング KAWASAKI `32.36.910 DUNLOP user
5位 田中 教世 K.R.T. KAWASAKI `32.53.227 DUNLOP user
9位 星野 裕 グリーンクラブ八尾カワサキ&ANNEX CLUB KAWASAKI `33.13.386 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 岡野 聖 フライングドルフィン サイセイ YAMAHA `32.08.684 DUNLOP user
2位 小川 孝平 Team ITOMO HONDA `32.18.117 DUNLOP user
3位 能塚 智寛 Team HRC HONDA `32.23.757 DUNLOP user
4位 古賀 太基 N.R.T. HONDA `32.27.826 DUNLOP user
5位 渡辺 祐介 YAMALUBE RACING TEAM YAMAHA `32.30.168 DUNLOP user
6位 竹中 純矢 Team SUZUKI SUZUKI `32.38.396 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 岡野 聖 フライングドルフィン サイセイ YAMAHA `32.06.053 DUNLOP user
2位 小川 孝平 Team ITOMO HONDA `32.10.516 DUNLOP user
3位 能塚 智寛 Team HRC HONDA `32.21.152 DUNLOP user
4位 渡辺 祐介 YAMALUBE RACING TEAM YAMAHA `32.26.533 DUNLOP user
5位 古賀 太基 N.R.T. HONDA `32.30.656 DUNLOP user
6位 竹中 純矢 Team SUZUKI SUZUKI `32.32.000 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 竹内 優菜 TEAM HAMMER ホンダ学園 HONDA `17.22.644 DUNLOP user
2位 中野 洋子 T.E.SPORT HONDA `17.25.101  
3位 安原 さや 名阪レーシング YAMAHA `17.29.107 DUNLOP user
4位 本田 七海 TEAM KOH-Z YAMAHA `17.38.587 DUNLOP user
9位 勝股 七海 Team ITOMO HONDA `18:11.134 DUNLOP user
12位 清水 夕稀 TEAM HAMMER HONDA `18:39.656 DUNLOP user

第5戦終了時点

順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 成田 亮 Team HRC HONDA 222  
2位 小島 庸平 Team SUZUKI SUZUKI 185  
3位 平田 優 YAMAHA FACTORY RACING TEAM YAMAHA 182  
6位 深谷 広一 SRF Teamブルーイーグルス SUZUKI 158 DUNLOP user
7位 星野 裕 グリーンクラブ八尾カワサキ&ANNEX CLUB KAWASAKI 121 DUNLOP user
8位 三原 拓也 YAMAHA FACTORY RACING TEAM YAMAHA 116 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 能塚 智寛 Team HRC HONDA 210 DUNLOP user
2位 岡野 聖 フライングドルフィン サイセイ YAMAHA 199 DUNLOP user
3位 小川 孝平 Team ITOMO HONDA 173 DUNLOP user
4位 古賀 太基 N.R.T. HONDA 170 DUNLOP user
5位 渡辺 祐介 YAMALUBE RACING TEAM YAMAHA 155 DUNLOP user
6位 竹中 純矢 Team SUZUKI SUZUKI 141 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 中野 洋子 T.E.SPORT HONDA 111  
2位 竹内 優菜 TEAM HAMMER ホンダ学園 HONDA 101  
3位 畑尾 樹璃 グリーンクラブ TEAM MOTOBOY KAWASAKI 101 DUNLOP user
5位 安原 さや 名阪レーシング YAMAHA 84 DUNLOP user
7位 本田 七海 TEAM KOH-Z YAMAHA 77 DUNLOP user
8位 勝股 七海 Team ITOMO HONDA 60 DUNLOP user