RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2016/7/24 MFJ/MX 2016全日本モトクロス選手権 第6戦 東北大会
岩手県 藤沢スポーツランド
天気 気温 観客
曇り時々晴れ 25℃ 3,900人(2日間)

田中教世選手が両ヒートで3位表彰台!


今季の全日本モトクロス選手権は、シーズン中盤最後の戦い。長い夏休みを直前に控えた第6戦東北大会が、全日本屈指の美しい林間コースとして知られる岩手県の藤沢スポーツランドで開催された。梅雨明け宣言はされなかったが、土日とも降雨はなく、路面はドライコンディション。かつてこのコースはサンド質の路面で知られたが、今大会の予選日午前中はかなり固く締まっていた。しかし走行を重ねるにつれ、コーナーには細かいパウダー状の土が堆積し、さまざまな路面状況が混在する難しい状態となった。小高い山の地形をそのまま活用したコースレイアウトは、基本的に従来どおり。アップダウンを豊富に備え、ハイスピードセクションが多めに配された、ダイナミックな設定が継続された。

IA1決勝ヒート1では、スタート直後の1コーナーでマルチクラッシュが発生。前戦ヒート2で全日本最高峰クラス初優勝を挙げた深谷広一選手(#13)が、これに巻き込まれて負傷し、リタイアとなった。レース序盤、今季はカワサキファクトリーチームから参戦する田中教世選手(#8)が、2番手やトップとも僅差の3番手。さらに、今年からマシンをカワサキに乗り替えた星野裕選手(#9)と小方誠選手(#4)、これが今季の全日本初参戦となった安原志選手(#7)が続いた。レース中盤、星野選手と小方選手と安原選手が4番手争いを展開して、小方選手が先行。トップ2台には逃げられたが、田中選手は3番手をキープした。そして田中選手が3位、小方選手が4位、安原選手が5位、星野選手が6位となった。

決勝ヒート2では、午前のレースで今季初表彰台登壇を果たした田中選手が、再び好スタートを切り、2番手で1コーナーをクリア。星野選手と小方選手もこれに続いたが、小方選手は直後に転倒して最後尾。田中選手と星野選手はひとつ順位を落とし、田中選手が3番手、星野選手が4番手でレースを開始した。序盤、田中選手と星野選手は、上位2台とともにトップグループを形成。後続を少し引き離しながら、チャンスをうかがった。レースが中盤に入ると、この集団から星野選手が遅れたが、田中選手はなおも2番手のライダーをマーク。一度は離されかけたが、後半になって2番手のライダーがミスしたことから、再び接近戦となった。しかし逆転には至らず、田中選手は再び3位でゴール。星野選手は5位となった。


渡辺祐介選手がヒート2で今季初優勝!


決勝ヒート1のホールショットは古賀太基選手(#122)。ランキング2番手の岡野聖選手(#31)が追ったが、転倒により最後尾まで後退。代わってポイントリーダーの能塚智寛選手(#28)と予選トップだった渡辺祐介選手(#32)が続いた。序盤、古賀選手と能塚選手は何度も順位を入れ替える激しいトップ争い。渡辺選手は、少し距離を置いてこれを見ていたが、レースが中盤に入った8周目には2台に近づき、トップグループが3台となった。翌周、渡辺選手が能塚選手を抜いて2番手に浮上。古賀選手、渡辺選手、能塚選手の順で接戦を続けると、レースが終盤に入った13周目に渡辺選手がトップに浮上。翌周、能塚選手がこれに続いた。すると、抜かれた古賀選手はペースダウン。2台に絞られたトップ争いは、ラスト3周の15周目に能塚選手が先行し、能塚選手が勝利。渡辺選手が2位、古賀選手が3位となった。

決勝ヒート2では、渡辺選手が好スタート。これに岡野選手と古賀選手が続いた。能塚選手はやや出遅れ、1周目は8番手だった。序盤、渡辺選手と岡野選手は、接近戦を展開。古賀選手は、このふたりから少しずつ遅れていった。古賀選手からさらに数秒離れた4番手争いは混戦となり、この中でまずヒート1で4位となった横澤拓夢選手(#36)が先頭に立った。レース中盤、ハイペースをキープする渡辺選手を、岡野選手は少し遅れながらも粘りの走りで追従。古賀選手は完全に遅れ、その背後には7周目に横澤選手を抜いた能塚選手が迫った。そして12周目、能塚選手が逆転に成功した。レース終盤、渡辺選手は岡野選手を振り切り、トップを快走。岡野選手と能塚選手は、単独走行となっていった。そしてレースは、17周でチェッカー。渡辺選手が今季初優勝を挙げ、岡野選手が2位、能塚選手が3位となった。


竹内優菜選手と安原さや選手が激しい2位争い!


前戦の練習走行で肩を脱臼および骨折しながらも、決勝では3位入賞を果たした安原さや選手(#1)は、テーピングなどの処置を施して今大会にも出場。好スタートを決めて、1周目を3番手でクリアした。約5秒差でこれに続いたのは、2連勝中の竹内優菜選手(#2)。2周目以降、竹内選手は安原選手との距離を縮めていった。安原選手は、2番手を走るライダーを猛追して、レース前半が終わる4周目に逆転。そのままリードを奪っていった。

4周目の段階で、安原選手にかなり迫っていた竹内選手も、5周目に入ったところで3番手に浮上。再び開いてしまった安原選手との距離を、徐々に詰めていった。そして6周目からは、安原選手と竹内選手が2番手を争う接近戦を開始。安原選手の背後で、竹内選手はプレッシャーを与えた。迎えた8周目のファイナルラップ、竹内選手は安原選手のインを突き、逆転に成功。これにより竹内選手が2位、安原選手が3位で表彰台に登壇した。


順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 新井 宏彰 K.R.T. KAWASAKI `32.43.986  
2位 熱田 孝高 Team SUZUKI SUZUKI `32.51.805  
3位 田中 教世 K.R.T. KAWASAKI `32.58.047 DUNLOP user
4位 小方 誠 グリーンクラブ ピュアテックレーシング KAWASAKI `33.01.395 DUNLOP user
5位 安原 志 名阪レーシング YAMAHA `33.04.360 DUNLOP user
6位 星野 裕 グリーンクラブ八尾カワサキ&ANNEX CLUB KAWASAKI `33.04.809 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 成田 亮 Team HRC HONDA `33.02.955  
2位 新井 宏彰 K.R.T. KAWASAKI `33.07.359  
3位 田中 教世 K.R.T. KAWASAKI `33.15.442 DUNLOP user
5位 星野 裕 グリーンクラブ八尾カワサキ&ANNEX CLUB KAWASAKI `33.33.042 DUNLOP user
7位 安原 志 名阪レーシング YAMAHA `34.07.708 DUNLOP user
8位 池谷 優太 SRF TEAM REDZONE SUZUKI `34.08.328 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 能塚 智寛 Team HRC HONDA `32.44.648 DUNLOP user
2位 渡辺 祐介 YAMALUBE RACING TEAM YAMAHA `32.49.725 DUNLOP user
3位 古賀 太基 N.R.T. HONDA `32.59.964 DUNLOP user
4位 横澤 拓夢 N.R.T. HONDA `33.03.684 DUNLOP user
5位 竹中 純矢 Team SUZUKI SUZUKI `33.05.624 DUNLOP user
6位 森 優介 Team ITOMO HONDA `33.11.073 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 渡辺 祐介 YAMALUBE RACING TEAM YAMAHA `32.55.717 DUNLOP user
2位 岡野 聖 フライングドルフィン サイセイ YAMAHA `33.01.748 DUNLOP user
3位 能塚 智寛 Team HRC HONDA `33.12.453 DUNLOP user
4位 古賀 太基 N.R.T. HONDA `33.16.212 DUNLOP user
5位 横澤 拓夢 N.R.T. HONDA `33.20.668 DUNLOP user
6位 田中 雅己 TEAMナカキホンダ HONDA `33.25.109 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 中野 洋子 T.E.SPORT HONDA `17.21.882  
2位 竹内 優菜 TEAM HAMMER ホンダ学園 HONDA `17.29.865 DUNLOP user
3位 安原 さや 名阪レーシング YAMAHA `17.33.927 DUNLOP user
7位 本田 七海 TEAM KOH-Z YAMAHA `18.00.434 DUNLOP user
12位 清水 夕稀 TEAM HAMMER HONDA `18.24.305 DUNLOP user
13位 永井 歩夢 SRF 関東オートスポーツ清水 SUZUKI `18.26.953 DUNLOP user

第6戦終了時点

順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 成田 亮 Team HRC HONDA 251  
2位 新井 宏彰 K.R.T. KAWASAKI 221  
3位 熱田 孝高 Team SUZUKI SUZUKI 202  
6位 深谷 広一 SRF Teamブルーイーグルス SUZUKI 158 DUNLOP user
7位 星野 裕 グリーンクラブ八尾カワサキ&ANNEX CLUB KAWASAKI 121 DUNLOP user
8位 三原 拓也 YAMAHA FACTORY RACING TEAM YAMAHA 116 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 能塚 智寛 Team HRC HONDA 255 DUNLOP user
2位 岡野 聖 フライングドルフィン サイセイ YAMAHA 234 DUNLOP user
3位 古賀 太基 N.R.T. HONDA 208 DUNLOP user
4位 渡辺 祐介 YAMALUBE RACING TEAM YAMAHA 202 DUNLOP user
5位 小川 孝平 Team ITOMO HONDA 199 DUNLOP user
6位 竹中 純矢 Team SUZUKI SUZUKI 171 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 中野 洋子 T.E.SPORT HONDA 136  
2位 竹内 優菜 TEAM HAMMER ホンダ学園 HONDA 123 DUNLOP user
3位 畑尾 樹璃 グリーンクラブ TEAM MOTOBOY KAWASAKI 116  
4位 安原 さや 名阪レーシング YAMAHA 104 DUNLOP user
7位 本田 七海 TEAM KOH-Z YAMAHA 91 DUNLOP user
9位 勝股 七海 Team ITOMO HONDA 60 DUNLOP user