RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2016/9/11 MFJ/MX 2016全日本モトクロス選手権 第7戦 近畿大会
奈良県 名阪スポーツランド
天気 気温 観客
晴れ一時曇り 30℃ 4,722人(2日間)

田中教世選手が両ヒートで優勝を争って表彰台に!


約1ヵ月半のサマーインターバルが終了して、全日本モトクロス選手権は早くもシーズン終盤戦。ラスト3戦の最初となる第7戦近畿大会が、奈良県の名阪スポーツランドで開催された。ここ数年と同じく、このコースでの全日本開催は、9月上旬の年1回となっている。土曜日の予選を、絶好の晴天で迎えた今大会。翌日の決勝も、心配された降雨はなく、午後はやや雲が多くなったが日差しに恵まれ、両日ともドライコンディションでのレースとなった。サンド系の路面を特徴とするコースは、従来から基本的なレイアウトを踏襲し、中高速セクションも多め。マシンの走行によってさまざまなギャップが発生しやすく、さらにコーナーにおけるラインの状況も変化しやすい路面とあって、選手はその攻略に頭を悩ませた。

IA1決勝ヒート1では、カワサキファクトリーチームから参戦する田中教世選手(#8)が、1周目2番手と好スタート。3周目には、トップ浮上を果たした。翌周、田中選手は再び2番手に戻り、3台によるトップ争いに加わった。6周目、田中選手は3番手に後退して、後方からは前戦に続いて全日本スポット参戦を果たした安原志選手(#7)に迫られたが、ここはしっかり順位をキープ。レース後半には、安原選手を引き離して再びトップ争いに加わった。しかし再び順位を入れ替えることはできず、田中選手は3位で2大会連続となる表彰台登壇を果たした。レース終盤、安原選手はペースを落として5位。この安原選手と僅差で、今年からマシンをカワサキに乗り替えた星野裕選手(#9)が6位となった。

決勝ヒート2では、KTMを駆る北居良樹選手(#100)が1周目3番手。これに星野選手と田中選手が続くと、序盤から接近戦を展開。この中で田中選手は、2周目に星野選手、3周目に北居選手をパスして、3番手に順位を上げた。4番手に後退した北居選手は、星野選手以下を抑えて粘りの走り。一方で田中選手は、レース中盤にかけて2番手のライダーに迫り、8周目には攻略に成功した。この段階で、トップのライダーとは5秒ほどの差があったものの、田中選手は諦めることなく追い上げを続けて、レース後半にはテール・トゥ・ノーズの状態に。しかし逆転のチャンスを得られず、最後はやや引き離されて、田中選手は惜しくも2位でゴールとなった。北居選手は最終ラップに転倒して11位。星野選手が5位となった。


岡野聖選手が両ヒート制覇で、能塚智寛選手と11点差に!


決勝ヒート1では、ポイントリーダーの能塚智寛選手(#28)と21点差のランキング2番手で今大会に臨んだ岡野聖選手(#31)が、1周目2番手から3周目にトップ浮上。その後、リードを拡大していった。前戦ヒート2で今季初優勝を挙げた渡辺祐介選手(#32)は、1周目6番手から積極的に追い上げ、5周目には2番手まで順位アップ。この段階で約5秒のリードを奪っていた岡野選手の追撃を開始した。その後方では、竹中純矢選手(#29)や1周目13番手と出遅れていた能塚選手など、5台が縦に長い3番手集団を形成。渡辺選手は、8周目には岡野選手に追いつき、10周目に逆転した。ところが渡辺選手は、トップ走行中の13周目にトラブルで転倒して、リタイアとなった。これで独走となった岡野選手が、19周のレースを走破して優勝。竹中選手が2位、能塚選手が3位、終盤まで能塚選手に迫った田中雅己選手(#113)が4位となった。

決勝ヒート2では、渡辺選手が好スタート。しかし直後に岡野選手と横澤拓夢選手(#36)が先行して、さらに古賀太基選手(#122)や田中選手、竹中選手、能塚選手が続いた。2周目、横澤選手を抜いて渡辺選手が2番手に浮上すると、翌周からは岡野選手と渡辺選手が接近戦を繰り広げながら、3番手以下を離していった。横澤選手を先頭とした3番手争いでは、能塚選手が順位を上げ、5周目にはこの先頭に。しかしこの段階で、トップ2と能塚選手の差は8秒以上に拡大していた。レース中盤、岡野選手と渡辺選手のドッグファイトは、なおも継続。能塚選手はこれに近づくことができず、逆に後方から田中選手の追撃を受けることになった。終盤、渡辺選手はなおも岡野選手をマークしていたが、ここで痛恨の転倒。すぐに再スタートしたが、差が開いた。そしてレースは、岡野選手が再び勝利。渡辺選手が2位、能塚選手が3位、田中選手が4位となった。


竹内優菜選手が昨年の悪夢を振り払う2位!


この名阪スポーツランドがホームコースとなる昨年度女王の安原さや選手(#1)が2番手、昨年の同じ大会で鎖骨を折るケガをしてシリーズタイトル防衛を逃した竹内優菜選手(#2)が5番手で、1周目をクリアした。2周目、安原選手が3番手、竹内選手が4番手、本田七海選手(#4)が5番手で続いて、上位の2台を僅差で追う展開。3周目に、竹内選手と安原選手が順位を入れ替えると、4周目には竹内選手が2番手に浮上して、トップの選手を追った。

そして5周目、竹内選手はトップとの距離を詰めることに成功。一方で、3番手以下は竹内選手から5秒ほど遅れ、安原選手と本田選手が3番手の選手に肉迫した。レースが後半に入ると、2台によるトップ争い、3台の3番手争いともこう着状態。しかしラスト2周となった9周目、3番手争いでは安原選手を除く2台が転倒して、これで安原選手が単独3番手となった。竹内選手はトップ奪取とはならず、竹内選手が2位、安原選手が3位で表彰台に上がった。


順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 成田 亮 Team HRC HONDA `32.20.477  
2位 小島 庸平 Team SUZUKI SUZUKI `32.26.795  
3位 田中 教世 K.R.T. KAWASAKI `32.31.703 DUNLOP user
5位 安原 志 名阪レーシング YAMAHA `32.43.658 DUNLOP user
6位 星野 裕 グリーンクラブ八尾カワサキ&ANNEX CLUB KAWASAKI `32.45.953 DUNLOP user
7位 池谷 優太 SRF TEAM REDZONE SUZUKI `33.05.896 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 成田 亮 Team HRC HONDA `32.33.450  
2位 田中 教世 K.R.T. KAWASAKI `32.41.461 DUNLOP user
3位 小島 庸平 Team SUZUKI SUZUKI `32.46.615  
5位 星野 裕 グリーンクラブ八尾カワサキ&ANNEX CLUB KAWASAKI `32.53.335 DUNLOP user
9位 安原 志 名阪レーシング YAMAHA `33.23.550 DUNLOP user
10位 小方 誠 グリーンクラブ ピュアテックレーシング KAWASAKI `33.24.539 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 岡野 聖 フライングドルフィン サイセイ YAMAHA `32.15.340 DUNLOP user
2位 竹中 純矢 Team SUZUKI SUZUKI `32.17.924 DUNLOP user
3位 能塚 智寛 Team HRC HONDA `32.21.187 DUNLOP user
4位 田中 雅己 TEAMナカキホンダ HONDA `32.24.510 DUNLOP user
5位 池本 凌汰 Team SRM with マウンテンライダーズ SUZUKI `32.41.778 DUNLOP user
6位 小川 孝平 Team ITOMO HONDA `32.58.213 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 岡野 聖 フライングドルフィン サイセイ YAMAHA `32.07.504 DUNLOP user
2位 渡辺 祐介 YAMALUBE RACING TEAM YAMAHA `32.15.208 DUNLOP user
3位 能塚 智寛 Team HRC HONDA `32.19.086 DUNLOP user
4位 田中 雅己 TEAMナカキホンダ HONDA `32.26.566 DUNLOP user
5位 竹中 純矢 Team SUZUKI SUZUKI `32.39.211 DUNLOP user
6位 横澤 拓夢 N.R.T. HONDA `32.42.019 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 中野 洋子 T.E.SPORT HONDA `18.47.658  
2位 竹内 優菜 TEAM HAMMER ホンダ学園 HONDA `18.51.461 DUNLOP user
3位 安原 さや 名阪レーシング YAMAHA `19.01.023 DUNLOP user
10位 勝股 七海 Team ITOMO HONDA `20.04.460 DUNLOP user
15位 永井 歩夢 SRF 関東オートスポーツ清水 SUZUKI `20.22.933 DUNLOP user
18位 神田橋 芽 グリーンクラブ ピュアテックレーシング KAWASAKI `20.36.372 DUNLOP user

第7戦終了時点

順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 成田 亮 Team HRC HONDA 301  
2位 新井 宏彰 K.R.T. KAWASAKI 254  
3位 小島 庸平 Team SUZUKI SUZUKI 240  
5位 星野 裕 グリーンクラブ八尾カワサキ&ANNEX CLUB KAWASAKI 183 DUNLOP user
7位 田中 教世 K.R.T. KAWASAKI 178 DUNLOP user
8位 深谷 広一 SRF Teamブルーイーグルス SUZUKI 164 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 能塚 智寛 Team HRC HONDA 295 DUNLOP user
2位 岡野 聖 フライングドルフィン サイセイ YAMAHA 284 DUNLOP user
3位 小川 孝平 Team ITOMO HONDA 228 DUNLOP user
4位 渡辺 祐介 YAMALUBE RACING TEAM YAMAHA 224 DUNLOP user
5位 古賀 太基 N.R.T. HONDA 221 DUNLOP user
6位 竹中 純矢 Team SUZUKI SUZUKI 209 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 中野 洋子 T.E.SPORT HONDA 161  
2位 竹内 優菜 TEAM HAMMER ホンダ学園 HONDA 145 DUNLOP user
3位 畑尾 樹璃 グリーンクラブ TEAM MOTOBOY KAWASAKI 134  
4位 安原 さや 名阪レーシング YAMAHA 124 DUNLOP user
7位 本田 七海 TEAM KOH-Z YAMAHA 91 DUNLOP user
9位 勝股 七海 Team ITOMO HONDA 71 DUNLOP user