FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス

全日本ロードレース
CATEGORY
■ 2016/4/10 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ第1戦 in TSUKUBA
天気 気温 観客
晴れ 23.9度 10,000人

Team KAGAYAMAの浦本選手が開幕2連勝を達成





今年の全日本ロードレースは、茨城県にある筑波サーキットで幕を開けた。今回は、JSB1000以外のクラスが行われる。JSB1000クラスは、4月24日の鈴鹿2&4レースが開幕戦となる。
J-GP2クラスは昨年、モリワキレーシングの高橋裕紀選手がタイトルを獲得し、今年はJSB1000クラスにスイッチ。主なダンロップユーザーは、昨年同様モリワキから参戦する日浦大治朗選手、Team KAGAYAMAからエントリーする浦本修充選手(SUZUKI)、渥美心選手(TSR)、三原壮紫選手(HONDA)などがタイトルを目指す。
予選は、計時予選とスーパーポールが行われ、スーパーポールの結果でレース1のグリッドが決められた。浦本選手は2位、渥美選手は3位でフロントローを獲得し、三原選手も5位2列目と好位置に並んだ。
また、井筒仁康選手(KAWASAKI)8位、石塚健(KAWASDAKI)9位、國峰啄磨選手(HONDA)は10位。日浦選手は16位につける。

計時予選では、浦本選手がポールポジションを獲得。國峰選手が2位を獲得。三原選手6位、石塚選手8位、渥美選手9位、井筒選手10位、日浦選手16位につけている。
この順位でレース2のスターティンググリッドに並ぶ。

レース1は土曜日の午後に行われた。スタートが切られると、渥美選手がホールショット。後ろから浦本選手などが続き、序盤からトップ争いは、渥美選手と浦本選手が展開していく。
3位争いは國峰選手、三原選手、岩崎哲朗選手(KAWASAKI)、関口太郎選手(HONDA)、生形秀之選手(SUZUKI)が繰り広げていく。
先頭争いは、終盤まで浦本選手と渥美選手が展開していくが、ラスト3周というところで渥美選手がマシントラブルのためにスローダウン。これで浦本選手が単独トップとなり、そのまま開幕ウィン。
セカンド集団は、ラストラップで三原選手が國峰選手をかわして2位、國峰選手が3位となり、ダンロップが表彰台を独占した。
また、日浦選手は7周目にリタイアしている。

レース2は、10日の日曜日に行われた。スタートよく飛び出したのは浦本選手。後ろから岩崎選手、生形選手、水野涼選手(HONDA)、國峰選手と続く。
浦本選手は逃げ切りを図るが、國峰選手は着実に追い上げていくと4周目に2位に上がり、トップを追いかけ始める。
中盤になると、浦本選手と國峰選手がテールトゥノーズとなり、3位以下を少しずつ離していく。
終盤になっても、トップの2台は接近戦を続ける。そして、ラストラップに入る前の最終コーナーで國峰選手が仕掛けるが、コーナー出口ではらんでしまう。
これで浦本選手の単独トップとなり、開幕2連勝を達成した。
國峰選手は、生形選手に抜かれたが3位表彰台を死守している。

●レース後のコメント

レース1、優勝 浦本修充選手
「土曜日は公式予選、スーパーポール、そしてレース1が立て続けにあって、集中力を保つのが大変でしたが、レース1で優勝できてよかったです。勝ちたい気持ちは強かったですが、リラックスできていた。これも事前テストからチームがいいバイクに仕上げてくれたおかげです。これ以上ないスタートが切れましたが、明日はレース2があるので気を引き締めて臨みたいです」

レース2 優勝 浦本修充選手
スをリードして勝ちたいと思っていた。ホールショットをとることができたので、それからは全力で走りました。國峰選手が後ろにいるのは分かっていたが、かなりブレーキングを遅らせていたので、そう簡単に抜かれることはないと思っていた。落ち着いてレースすることができた」

レース1&2 3位 國峰啄磨選手
「レース1はスターティンググリッドが後ろだったので、追い上げるのが大変だった。レース2は2番手グリッドだったので違う展開のレースができると思っていた。スタートはあまり得意ではないので、2、3ポジションを落とすのは想定内でした。そこから1コーナーでパスしてポジションを上げて、浦本選手の後ろにつけることができたが、なかなか仕掛けられずにいました。最終ラップで勝負したが、入りきれずに転倒しそうになってしまった。何とか持ちこたえたのでよかったですが悔しいです。レース1と同じ3位ですが、内容はよかったと思います」



小室選手が2位表彰台に上がる




J-GP3クラスの予選では、小室旭選手(HONDA)が2位フロントローをゲット。古市右京選手(KTM)が4位、ベテランの宇井陽一選手(IODA)は5位、17歳の伊達悠太選手(HONDA)が6番手、関野海斗選手(HONDA)が7番手につけた。
決勝レースが始まると、小室選手が好スタート。徳留真紀選手(HONDA)、栗原佳祐選手(HONDA)の後ろ3番手につける。序盤から、トップ争いは、栗原選手、徳留選手、小室選手が展開。栗原選手が先頭に立ち、徳留選手、小室選手が僅差で続く展開となる。
レース中盤、小室選手は徳留選手を抜いて2位に上がり、トップの栗原選手にピタリとついていく。
終盤に入ると、徳留選手が遅れ始め、トップ争いは栗原選手と小室選手に絞られる。
小室選手は最後まで栗原選手を追いかけていくとチェッカー。優勝こそ逃したが、開幕戦で2位表彰台を獲得した。
続いて、関野選手が7台による4争いを制して、4位に入っている。4位から9位はダンロップ勢が占めた。一方、宇井選手はマシントラブルのためにスタートできなかった。

●レース後のコメント

2位 小室旭選手
「今年はいい体制で参戦できることになりました。昨年からチームアドバイザーをしていたのですが、関野選手に一緒に走って伝えられるものもあると思ったことも今回の参戦の目的のひとつです。今回のレースは、自分のレース人生の中でも一番内容の濃いものになったと思います。チームを始め、応援してくれたすべての方に感謝します」



順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 浦本修充 Team KAGAYAMA SUZUKI '19.22.524 DUNLOP user
2位 三原壮紫 H43 Team-NOBBY HONDA '19.23.755 DUNLOP user
3位 國峰啄磨 H43 Team-NOBBY HONDA '19.24.588 DUNLOP user
7位 井筒仁康 WillraiseracingRS-ITOH KAWASAKI '19.26.949 DUNLOP user
8位 石塚健 WillraiseracingRS-ITOH KAWASAKI '19.27.008 DUNLOP user
19位 渥美心 au&テルル.Kohara RT TSR '16.27.049 -3 laps DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 浦本修充 Team KAGAYAMA SUZUKI '19.17.631 DUNLOP user
2位 生形秀之 エスパルスドリームレーシング SUZUKI '19.19.592  
3位 國峰啄磨 H34 Team-NOBBY HONDA '19.19.755 DUNLOP user
5位 石塚健 WillraiseracingRS-ITOH KAWASAKI '19.21.247 DUNLOP user
6位 井筒仁康 WillraiseracingRS-ITOH KAWASAKI '19.21.880 DUNLOP user
8位 三原壮紫 H34 Team-NOBBY HONDA '19.23.486 DUNLOP user
9位 渥美心 au&テルル.Kohara RT TSR '19.26.591 DUNLOP user
16位 日浦大治朗 MORIWAKI RACING HONDA '19.48.080 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 栗原佳祐 MuSASHi RTハルク・プロ HONDA '25.16.455  
2位 小室旭 P.MU 7C HONDA '25.17.016 DUNLOP user
3位 徳留真紀 CLUB PLUSONE HONDA '25.19.258 DUNLOP user
4位 関野海斗 P.MU 7C HONDA '25.36.838 DUNLOP user
5位 伊達悠太 BATTLE FACTORY HONDA '25.36.920 DUNLOP user
6位 岡崎静夏 UQ&テルル・Kohara RT TSR '25.37.104 DUNLOP user
7位 安村武志 犬の乳酸菌.jpプリミティブR.T. プリミティブ '25.37.325 DUNLOP user
8位 古市右京 KTMRACING.ASPIRATION KTM '25.37.794 DUNLOP user
9位 佐藤励 41Planning IODA '25.38.500 DUNLOP user

第1戦終了時点

順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 浦本修充 Team KAGAYAMA SUZUKI 50 DUNLOP user
2位 國峰啄磨 H34 Team-NOBBY HONDA 40 DUNLOP user
3位 生形秀之 エスパルスドリームレーシング SUZUKI 37  
4位 三原壮紫 H34 Team-NOBBY HONDA 35 DUNLOP user
6位 石塚健 WillraiseracingRS-ITOH KAWASAKI 29 DUNLOP user
7位 井筒仁康 WillraiseracingRS-ITOH KAWASAKI 29 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 栗原佳祐 MuSASHi RTハルク・プロ HONDA 25 DUNLOP user
2位 小室旭 P.MU 7C HONDA 22 DUNLOP user
3位 徳留真紀 CLUB PLUSONE HONDA 20  
4位 関野海斗 P.MU 7C HONDA 18 DUNLOP user
6位 伊達悠太 BATTLE FACTORY HONDA 16 DUNLOP user
7位 岡崎静夏 UQ&テルル・Kohara RT TSR 15 DUNLOP user