FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス

全日本ロードレース
CATEGORY
■ 2017/4/23 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ第2戦 鈴鹿2&4レース/鈴鹿200m耐久レース
天気 気温 観客
晴れ 20.7度 35,000人

波乱の開幕戦、加賀山選手は17位でゴールする





全日本第2戦は4輪のスーパーフォーミュラと併催でJSB1000クラスのみ開催となった。JSB1000クラスは今回が開幕戦となる。さらに今回は、8耐の前哨戦としてセミ耐久200キロレースとして行われる。
レース距離は200キロ(35周)。ライダーは1〜2人。最低1回のピットインが義務付けられている。

ドライ・コンディションで行われた予選。UQ&テルル・Kohara RTに加入した渥美心選手(HONDA)が10位、
Team KAGAYAMAの加賀山就臣選手は、新型マシンのセッティングに手間取ると(SUZUKI)11位となる。
また、HiTMAN RC甲子園ヤマハの中冨伸一選手(YAMAHA)17位、au &テルル・Kohara RT秋吉耕佑選手(HONDA)18位、JSB1000クラスへステップ・アップしたTeam KAGAYAMAの浦本修充選手(SUZUKI)は33位となった。
8耐を目指して多くのチームが参戦し、全66台がエントリー。52台が予選を通過した。

決勝当日は、晴天に恵まれた。ル・マン式でスタートが切られると、加賀山選手、秋吉選手、中冨選手などは順当なスタートを切る。
ところが、1周目のスプーン・カーブ立ち上がりで清成龍一選手(HONDA)が激しく転倒してセーフティ・カーが入ることになってしまう。4周にわたってスロー走行が続いたが、セーフティ・カーがコースから外れて再スタートが切られた。
スロー走行の間に、去年のチャンピオン、中須賀克行選手(YAMAHA)が転倒するという波乱の展開となる。

一方、加賀山選手は、スタート進行のときピット・レーンからウォーム・アップ走行に出たためにストップ&ゴーのペナルティを受けてしまい大きく後退。45位にまで順位を落としてしまう。
それでも加賀山選手は最後まで追い上げを続けると、17位でチェッカーを受けた。
秋吉選手は序盤から8位につけると、ピット作業もスムーズに行い、安定した走行を続けると7位でゴール。
中冨選手は9位、渥美選手11位。また、初のJSB1000クラスに臨んだ浦本選手は、終盤マシンが止まってしまい、ゴール・ラインを通過できなかった。

●レース後のコメント

7位 秋吉耕佑選手(HONDA)
「新型マシンの準備ができていないままレース・ウィークに入り、予選で転倒してしまった。決勝でも思うような走りがまったくできなかった。テストをしっかりしたいのですが、なかなか機会が得られないのが現状です。限られた状況の中で、なんとかマシンを仕上げて次戦に挑みたいです」

9位 中冨伸一選手(YAMAHA)
「今回は厳しレースになってしまった。スタート直後からセーフティ・カーが入る荒れた展開だった。僕はスタートで遅れて、予選順位よりさらに後方からの追い上げのレースになった。うまくペースを上げられずに苦戦したが、確実に周回を重ねて9位まで順位を上げてゴールする事ができた」

17位 加賀山就臣選手(SUZUKI)
「悔しいの一言です。今年は浦本選手をJSB1000クラスに上げて、ふたりで頑張っている最中なんですが。マシンが新型になり、とにかく時間が足りなかった。
さらに決勝日には、サイティング・ラップに出て行く時間が変更になり、チームがそれに対応できず、ピット・ロード出口が閉鎖されてしまった。そのため、ピット・レーンからウォーム・アップに出ることになってしまい、決勝でペナルティを受けることになってしまった。本当に申し訳ない気持ちです。チーム代表としてお詫びしたいです。
レースでは、とにかく現状ベストを尽くそうと走ったが、ストップ&ゴーのペナルティで約1分ほどの時間をロスしてしまうと、リザルト的にはどうしても厳しいです。今後、さらにテストを重ね、マシンの持っているポテンシャルを早く引き出し、いい結果を出したいと思います」

47位 浦本修充選手(SUZUKI)
「テストからなかなか良い方向に進まず、レース・ウィーク中に何度もセット・アップの方向を大きく振ったが、良い方向に行かず、予選では大きく後退してしまった。決勝は集団の中で走らなければいけなくなってしまい、厳しいレースになってしまった。すべて自分が作ってしまった流れなので、そこはしっかりと反省し、次のSUGOに向けてしっかりトレーニングし、いい準備をしていきたいです」



順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 高橋巧 MuSASHi RT HARC-PRO. Honda HONDA 1:22'17.766  
2位 津田拓也 ヨシムラスズキMOTUL SUZUKI 1:22'31.652  
3位 藤田拓哉 YAMALUBE RACING TEAM YAMAHA 1:22'32.405  
7位 秋吉耕佑 au&テルル・Kohara RT HONDA 1:23'01.015 DUNLOP user
9位 中冨伸一 HiTMAN RC 甲子園ヤマハ YAMAHA 1:23'57.877 DUNLOP user
11位 渥美心 UQ&テルル・Kohara RT HONDA 1:24'02.674 DUNLOP user
17位 加賀山就臣 Team KAGAYAMA SUZUKI 1:22'27.489
-1 lap
DUNLOP user
47位 浦本修充 Team KAGAYAMA SUZUKI 1:18'02.380
-3 laps
DUNLOP user

第2戦終了時点

順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 高橋巧 MuSASHi RT HARC-PRO. Honda HONDA 35  
2位 津田拓也 ヨシムラスズキMOTUL SUZUKI 32  
3位 藤田拓哉 YAMALUBE RACING TEAM YAMAHA 30  
7位 秋吉耕佑 au&テルル・Kohara RT HONDA 24 DUNLOP user
9位 中冨伸一 HiTMAN RC 甲子園ヤマハ YAMAHA 22 DUNLOP user
11位 渥美心 UQ&テルル・Kohara RT HONDA 20 DUNLOP user