FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス

全日本ロードレース
CATEGORY
■ 2016/5/29 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ第3戦SUPERBIKE Race in MOTEGI
天気 気温 観客
晴れ 28.1度 7,000人

加賀山選手はマシン・トラブルでリタイア。中冨選手が8位に入る





第3戦は世界GPも開催されるツインリンクもてぎで、全クラスが開催された。JSB1000クラスは、鈴鹿戦以来の2戦目となる。
金曜日はハーフ・ウェットとなったが、予選当日は曇り空。ドライ・コンディションで走行が行われた。
予選は、今年から採用されたトップ6サバイバルというやり方で行われた。
最初に行われたQ1では、中冨伸一選手(YAHAMA)が10位、秋吉耕佑選手(HONDA)13位、加賀山就臣選手(SUZUKI)14位、高橋裕紀選手(HONDA)15位となる。
金曜日からコンディションがウェットからドライへと変化した中で、加賀山選手はセッティングに苦しみ、14位と低迷してしまった。
中冨選手は上位10台が進むQ2に進み、3位を獲得。続いて、Q1の上位3台とQ2の上位3台の計6台で行われるQ3に進み、中冨選手は6位2列目を獲得した。

決勝当日は朝から晴天となった。決勝がスタートすると加賀山選手は8位、中冨選手は9位、秋吉選手は12位につける。
その後、加賀山選手は秋吉選手と8位争いを展開。中冨選手と秋吉選手は酒井大作選手(BMW)と10位を争っていく。
8周目、加賀山選手のマシンにトラブルが発生し、ピット・インを与儀なくされる。秋吉選手は、中冨選手と酒井選手を抜いて単独8位。中冨選手は酒井選手を従えて9位につけていく。
中盤になると、秋吉選手、中冨選手、酒井選手が再び接近して、8位争いを繰り広げる。
レース終盤、中冨選手は他の2台を振り切って8位を走行していく。逆に秋吉選手はペースが鈍り、順位を落としていく。
中冨選手はそのまま8位でチェッカー。秋吉選手は11位でゴールした。
また、高橋選手はブレーキ・トラブルを抱えながらも粘り強く走行を続けていたが、12位につけていた6周目にヘアピンで転倒してリタイアとなった。幸いケガはなかった。

●レース後のコメント

8位 中冨伸一選手(YAMAHA)
「事前テストではセッティングをまとめきれなかった。セッティングを変えて臨んだ予選では、それが当たってけっこういい感じで走れた。今日は暑いコンディションになってライディングが難しかったが、ベストを尽くした。最後はガス欠状態になってしまって大変だったから、ゴールできてよかった。あと1周あったらリタイアしていたと思う」

リタイア 加賀山就臣選手(SUZUKI)
「スタートはまずまず決まって、予選よりもいいポジションにつけて走っていった。追い上げていきたかったが、その後、徐々にマシンのフィーリングがおかしくなってしまった。走り続けるのは危険だと思ったので、ピットに戻った。今回は予選から調子が上がらず厳しかった。もてぎのようなストップ・アンド・ゴー・タイプのコースだと、タイヤとマシンのマッチングが難しく、大きな課題だと思っている。次の菅生は大丈夫だと思うので、いい結果を残したいです。今回、Team KAGAYAMAとしては浦本選手が3連勝したのでよかったです」

リタイア 高橋裕紀選手(MORIWAKI)
「マシンのフィーリングも良くて、追い上げようとしていたときにブレーキ・トラブルが出てしまった。ピットに戻るか迷ったが、路面温度が高い中でも前を走る秋吉選手や酒井選手について行けたので、走行を続けた。しかし、トラブルが出てから2周後のヘアピンでフロントから切れ込んで転倒してしまった。身体にケガはありません。それでも予選、決勝レースを通してフィーリングは悪くなかったのでマシン・セッティングが間違った方向には進んでいないと確信しました」



浦本選手が開幕3連勝を達成する




J-GP2は開幕戦の筑波で2戦が行われており、Team Kagayamaの浦本修充選手(SUZUKI)が2勝をあげている。
3戦目となった今回。予選では、渥美心選手(TSR)が3位フロント・ローをゲット。浦本修充選手(SUZUKI)が4位、井筒仁康選手(KAWASAKI)7位、三原壮紫選手(HONDA)9位、國峰啄磨選手(HONDA)10位、石塚健選手(KAWASAKI)11位、日浦大治郎選手(MORIWAKI)13位につけた。

決勝レースが始まると、渥美選手、井筒選手、浦本選手、三原選手は順当なスタートを切ると、上位陣につける。しかし、4周目に渥美選手が、5周目に三原選手が1コーナーで転倒してしまう。
レース序盤、ポールシッターの関口太郎選手(HONDA)を先頭に、生形秀之選手(SUZUKI)、井筒選手、浦本選手、水野涼選手(HONDA)、國峰選手の6台がトップ・グループを形成する。
中盤に入ると、関口選手と水野選手がトップ争い、浦本選手、國峰選手、生形選手、井筒選手が3位争いとなるが、2位につけていた水野選手が転倒。後方から上和田拓海選手(YAMAHA)も加わり、浦本選手、生形選手、井筒選手、國峰選手、上和田選手の2位争いとなる。
後半に入ると浦本選手が2位に上がり、トップの関口選手を追いかけ始める。そして、15周目に浦本選手は関口選手を抜き去り、トップに浮上する。
後方では國峰選手、生形選手、井筒選手、上和田選手の4台が3位争いを繰り広げる。しかし、17周目にV字コーナーで國峰選手がクラッシュしてしまう。上位陣のトラブルはさらに続き、3位につけていた生形選手のマシンがストップ。井筒選手が3位に上がるが、残り2周となったところでS字で転倒してしまう。
トップの浦本選手は、終盤自己のベスト・タイムを更新する速さを見せると、関口選手を引き離していく。
最後までハイ・ペースで走り続けた浦本選手が、3連勝を達成。ポイント・ランキングでも、2位の関口選手に23点の大差をつけている。
また、日浦選手は4位。予選17位から追い上げた長尾健吾選手(SUZUKI)5位、大木選手6位。転倒した後、再スタートした國峰選手は9位でゴールしたが、コース復帰する時に違反行為があったため失格となった。

●レース後のコメント

優勝 浦本修充選手(SUZUKI)
「開幕戦の筑波で勝ったけど、筑波だけじゃないところを見せたかったので、本当にうれしいです。今週は少しずつ状態がよくなって、今朝のフリー走行でさらにいいフィーリングだった。でも、関口選手たちのペースは分からなかったからレースでどうなるかは読めなかった。レースでは、まず4位についていって、ペースをつかんでから追い上げていった。関口選手を抜いてトップに出てからは、全力で走った。3連勝したので、この調子でチャンピオンを取れるようにがんばります」



伊達選手が惜しくも4位に入る



J-GP3は2戦目となった。予選では、古市右京選手(KTM)が3位フロント・ローを獲得。伊達悠太選手(HONDA)が4位、関野海斗選手(HONDA)が5位、安村武志選手(プリミティブ)9位につける。

決勝がスタートすると、伊達選手3番手、古市選手4番手につける。
ポール・シッターの徳留真紀選手(HONDA)がレースをリード。栗原佳祐選手(HONDA)、伊達選手、古市選手、菊池寛幸選手(HONDA)が後ろから続き、この5台が先頭集団を形成。関野選手はその後ろ6番手につける。
中盤に向けて、徳留選手、栗原選手が単独1、2位で抜け出す。古市選手と伊達選手、菊池選手、関野選手、安村選手など8台で3位争いを展開。古市選手と菊池選手を中心に3位争いは繰り広げられていく。
中盤に入ると栗原選手が3位争い集団に飲み込まれ、9台の2位争いとなる。そして、10周目なると関野選手がクラッシュ。2位争いは、栗原選手、菊池選手、古市選手、伊達選手、安村選手の5台となる。
レース終盤になると、後方から3台が追いつき、2位争い集団は8台に膨れ上がり、ドッグ・ファイトを展開していく。
伊達選手は、最後まで表彰台を狙って善戦していくが惜しくも4位。古市選手は6位、安村選手は7位でゴールした。



順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 中須賀克行 YAMAHA FACTORY RACING TEAM YAMAHA 42'23.038  
2位 津田拓也 ヨシムラスズキシェルアドバンス SUZUKI 42'43.121  
3位 野左根航汰 YAMALUBE RACING TEAM YAMAHA 42'43.312  
8位 中冨伸一 HiTMAN RC 甲子園ヤマハ YAMAHA 43'20.728 DUNLOP user
11位 秋吉耕佑 au&テルル・Kohara RT HONDA 43'30.590 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 浦本修充 Team KAGAYAMA SUZUKI '42.12.324  
2位 関口太郎 MISTRESA with HARC-PRO HONDA '42.15.242  
3位 上和田拓海 Webike チームノリックヤマハ YAMAHA '42.25.548  
4位 日浦大治朗 MORIWAKI RACING MORIWAKI '42.40.572 DUNLOP user
5位 長尾健吾 ミクニ テリー&カリー SUZUKI '42.40.877 DUNLOP user
6位 大木崇行 MOTO BUM +虎の穴 HONDA '42.40.919 DUNLOP user
16位 井筒仁康 Will-RAISE racingRS-ITOH KAWASAKI '38.28.334
-2 laps
DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 徳留真紀 CLUB PLUSONE HONDA '40.54.846  
2位 栗原佳祐 MuSASHi RTハルク・プロ HONDA '41.12.104  
3位 菊池寛幸 H43 Team-NOBBY&ウィリー HONDA '41.12.265  
4位 伊達悠太 BATTLE FACTORY HONDA '41.12.615 DUNLOP user
6位 古市右京 KTMRACING.ASPIRATION KTM '41.13.592 DUNLOP user
7位 安村武志 犬の乳酸菌.jpプリミティブR.T. プリミティブ '41.14.176 DUNLOP user

第3戦終了時点

順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 中須賀 克行 YAMAHA FACTORY RACING TEAM YAMAHA 60  
2位 津田 拓也 ヨシムラスズキシェルアドバンス SUZUKI 54  
3位 野左根航汰 YAMALUBE RACING TEAM YAMAHA 48  
9位 秋吉 耕佑 au&テルル・Kohara RT HONDA 29 DUNLOP user
11位 加賀山 就臣 Team KAGAYAMA SUZUKI 25 DUNLOP user
16位 中津原 尚宏 オートテクニックスポーツPGR HONDA 20 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 浦本修充 Team KAGAYAMA SUZUKI 75 DUNLOP user
2位 関口太郎 MISTRESA with HARC-PRO HONDA 52  
3位 生形 秀之 エスパルスドリームレーシング SUZUKI 40  
5位 國峰啄磨 H43 Team-NOBBY HONDA 40 DUNLOP user
6位 大木崇行 MOTO BUM +虎の穴 HONDA 38 DUNLOP user
7位 長尾健吾 ミクニ テリー&カリー SUZUKI 36 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 栗原佳祐 MuSASHi RTハルク・プロ HONDA 47 DUNLOP user
2位 徳留真紀 CLUB PLUSONE HONDA 45  
3位 伊達悠太 BATTLE FACTORY HONDA 34 DUNLOP user
4位 古市 右京 KTM RACING.ASPIRATION KTM 28 DUNLOP user
5位 安村武志 犬の乳酸菌.jpプリミティブR.T. プリミティブ 28 DUNLOP user
7位 岡崎静夏 UQ&テルル・Kohara RT TSR 26 DUNLOP user