FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
英国スーパーバイク選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2017/3/12 全日本トライアル選手権第1戦 関東大会
天気 気温 観客
晴れ 13度 2,600人

王座奪還を狙う黒山健一選手が開幕戦で圧倒的勝利!





全日本トライアル選手権の今季開幕戦となる関東大会が、3月12日(日)に茨城県の真壁トライアルランドで開催された。昨年、最高峰の国際A級スーパークラスでダンロップタイヤを履く小川友幸選手(#1)は4連覇を達成。今年は、史上3人目となるV5をめざす。一方、同じくダンロップを使用する黒山健一選手(#2)は、昨年終盤に投入したニューマシンで5年ぶりの王座奪回を狙う。

国際A級スーパークラスの競技は、まず5時間の持ち時間で12セクションを2ラップした後、上位10名のみがより難易度が高いふたつのスペシャルセクション(SS)に挑む方式とされた。当日は天候に恵まれ、多数の観客が来場。昨年よりも難しく新鮮味のあるセクションにライダーたちが挑戦する姿に、一喜一憂していた。その1ラップ目、らしからぬ失敗が目立った小川友幸選手は、減点5となる失敗を4度も喫して大苦戦。しかし黒山選手は、減点5となる失敗はなく、早くも独走状態となった。

1ラップ目を終了した時点では、トップの黒山選手が減点8、2位は小川毅士選手(#4)で減点17、3位は小川友幸選手で減点24となっていた。そして2ラップ目も、黒山選手の勢いは止まらず、ライバルたちとの差を大きく広げていった。その結果、SSを迎える前に、2位との差を18点にまで広げた黒山選手の優勝が確定。黒山選手は開幕戦から好スタートを切った。そしてSSでは、最後のセクションでただひとりクリーン(減点0)を決めた小川友幸選手が、小川毅士選手を逆転。これにより小川友幸選手が2位。小川毅士選手は惜しくも3位となったが、トップ3に食い込むという今年の目標をまずは達成した。

黒山健一選手のコメント
「昨年終盤の連勝に続いて、ニューマシン投入から3連勝となりましたが、今回は運ではなく完全に実力で勝てたと感じています。開幕戦から勝たなければならないプレッシャーはありましたが、結果は非常によかったので、次戦以降に向けて弾みがつきました。全7戦の中で最初の1戦が終わっただけなので、残りも勝てるように頑張ります。ここ数年は悲しさ、悔しさ、空しさが残るシーズンが続いたので、今年こそはチャンピオンを取りたいと思います」

小川友幸選手のコメント
「最後のセクションは、プレッシャーの中で上がれたのがよかったですね。今年は全勝優勝したいという思いがあったのですが、今日は前半からミスをしてしまい、逆に黒山選手がかなり乗れていました。その時点で優勝は難しいかなと思いましたが、なんとか追いつこうとチャレンジしたのが、結果的には減点5になり、そこからは悪循環。後半は、今後のために最低でも2位に入っておきたいと、目標を低めに修正する開幕戦となってしまいました。次こそ勝ちたいと思います」


順位 No. 選手名 チーム メーカー タイム減点 総減点 クリーン数
1位 2 黒山健一 YAMAHA FACTORY RACING TEAM Yamaha 0 18 16 DUNLOP
2位 1 小川友幸 HRCクラブMITANI Honda 0 37 14 DUNLOP
3位 4 小川毅士 宗七音響 Wise Beta Team Beta 0 38 15 DUNLOP
4位 3 野崎史高 YSP京葉+KEN OKUYAMA Sherco 0 51 10 DUNLOP
5位 5 柴田 暁 Vertigo with Mitani Vertigo 0 69 5 DUNLOP
6位 8 斎藤晶夫 Hondaブルーヘルメット Honda 0 86 2 DUNLOP

第1戦終了時点

順位 No. 選手名 チーム メーカー ポイント
1位 2 黒山健一 YAMAHA FACTORY RACING TEAM Yamaha 20 DUNLOP
2位 1 小川友幸 HRCクラブMITANI Honda 17 DUNLOP
3位 4 小川毅士 宗七音響 Wise Beta Team Beta 15 DUNLOP
4位 3 野崎史高 YSP京葉+KEN OKUYAMA Sherco 13 DUNLOP
5位 5 柴田 暁 Vertigo with Mitani Vertigo 11 DUNLOP
6位 8 斎藤晶夫 Hondaブルーヘルメット Honda 10 DUNLOP