FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
英国スーパーバイク選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2016/7/17 全日本トライアル選手権第5戦 北海道大会
天気 気温 観客
晴れのち曇り 28度 800人

小川友幸選手が圧勝で今季4勝目!





全日本トライアル選手権シリーズの第5戦北海道大会は、好天に恵まれた7月17日(日)に今年もわっさむサーキットで開催された。最高峰の国際A級スーパークラスで、ダンロップタイヤを履く小川友幸選手(#1)は、前大会で今季3勝目をマークして、今回はさらによい内容での勝利をめざして、同じくダンロップを愛用する黒山健一選手(#2)らとともに北の大地に挑んだ。

競技は、まず4時間の持ち時間で10セクションを2ラップした後、より難易度が高く設定されたふたつのスペシャルセクション(SS)に挑む方式とされた。当日は、一部のセクションを除いてほとんどのパートで路面が乾いていて、セクションの難易度もそれほど高くなかったことから、ワンミスが命取りとなる勝負となった。北海道らしい涼しさも時おり感じられ、蒸し暑さこそなかったが、炎天下での戦いに選手たちはやはり厳しさを感じながら、最高レベルのテクニックを駆使してチャレンジを続けた。

小川選手は1ラップ目、第4セクションで減点2となった以外はオールクリーン(=全てのセクションをクリーン)する圧倒的な好成績で、前半からトップに立った。2番手以下は野崎史高選手(#3)が減点10、黒山選手が減点11、小川毅士選手(#4)が減点14で、当初の予想どおり混戦となった。迎えた2ラップ目、小川友幸選手は見事にオールクリーン。SSを待たずに勝利を決めた。2ラップ目を終えて同点となった野崎選手と黒山選手は、SSで勝った野崎選手が2位を奪取。黒山選手が3位となった。この結果、タイトル争いでは今季4勝目を獲得した小川友幸選手が、圧倒的優位に立った。

 

小川友幸選手のコメント
「1ラップ目の第4セクションで減点2になったのが、ちょっと悔しかったです。今日は、絶対にオールクリーンしてやると心に誓っていたので。それでも、ようやく自分の走りができました。ちゃんと自分でバイクを操っている感覚がありました。乗っていて失敗する感じがあまりしなかったので、本当に気持ちよかったです。タイトル争いではだいぶ楽になったと思うので、今年の目標だった全戦優勝はすでに逃していますが、残り2戦も勝ちを狙いにいきたいです」

 

野崎史高選手のコメント
「今日は、小川選手がちょっと手のつけられない驚異の走りをしていましたが、僕も第3セクションは自信があり、クリーンすることができました。SSは僕が先に走ってクリーンしたことで、黒山選手には相当なプレッシャーがかかったと思います。残り2戦でシリーズランキング2位の可能性があることは、あまり意識していませんが、なれるものならなりたいですね」


順位 No. 選手名 チーム メーカー タイム減点 総減点 クリーン数
1位 1 小川友幸 HRCクラブMITANI Honda 0 2 21 DUNLOP
2位 3 野崎史高 YSP京葉+KEN OKUYAMA Scorpa 0 17 18 DUNLOP
3位 2 黒山健一 ヤマハファクトリーレーシングチーム Yamaha 0 22 16 DUNLOP
4位 4 小川毅士 宗七音響 Wise Beta Team Beta 0 31 13 DUNLOP
5位 5 柴田 暁 Vertigo with Mitani Honda 0 35 13 DUNLOP
6位 7 野本 佳章 モトベント&ベータ Beta 0 47 11 DUNLOP
順位 No. 選手名 チーム メーカー タイム減点 総減点 クリーン数
1位 6 西村 亜弥 宗七音響 Wise Beta Team Beta 0 9 16 DUNLOP
2位 2 小玉 絵里加 HRCクラブぱあわくらふと Honda 0 32 7 DUNLOP
3位 1 小谷 芙佐子 Victory&メーテル Scorpa 0 33 7  
4位 4 佐々木 淳子 HAZARD BREAKERS Beta 0 53 5  

第5戦終了時点

順位 No. 選手名 チーム メーカー ポイント
1位 1 小川友幸 HRCクラブMITANI Honda 97 DUNLOP
2位 2 黒山健一 ヤマハファクトリーレーシングチーム Yamaha 84 DUNLOP
3位 3 野崎史高 YSP京葉+KEN OKUYAMA Scorpa 79 DUNLOP
4位 4 小川毅士 宗七音響 Wise Beta Team Beta 65 DUNLOP
5位 5 柴田 暁 Vertigo with Mitani Honda 53 DUNLOP
6位 6 田中善弘 宗七音響 Wise Beta Team Beta 48 DUNLOP
順位 No. 選手名 チーム メーカー ポイント
1位 6 西村 亜弥 宗七音響 Wise Beta Team Beta 100 DUNLOP
2位 2 小玉 絵里加 HRCクラブぱあわくらふと Honda 81 DUNLOP
3位 1 小谷 芙佐子 Victory&メーテル Scorpa 77  
4位 5 寺田 智恵子 大典白菊&wisdom Sherco 46 DUNLOP
5位 3 稲垣 和恵 ケニーズクラブ Sherco 44 DUNLOP
6位 4 佐々木 淳子 HAZARD BREAKERS Beta 41