DUNLOP Circuit Station

申し込みについて









ここ数年、7月初旬に、北海道の十勝スピードウェイで開催しておりますDUNLOPサーキットステーションを、今年も継続して開催いたしました。
週間天気予報は微妙な感じでしたが、2日前には雨に変わり、スタッフは雨イベントの用意を行いました。その後、天気予報は、昼まで雨という天候に変わって行きましたが、スタッフ全員、当日はウェットコンデションと確信していました。
朝はやはり帯広市内は雨が降っていましたが、サーキットまでの移動の間に路面状況が変化し、十勝スピードウェイのある更別は、何と、路面が乾いているではありませんか。
こんなことがあるなんて、予想もしない結果となってしましました。
結果的に曇りから薄曇りと、次第に雲が無くなって行き、走行が始まる前には雄大な平原の緑と、真夏を思わせる空の青さとが、美しい天候の中で開催できることになりました。
いつもの通り、受付、車検、走行前ミーティングと進んで行き、走行が始まる11時には、汗をかくほどの暑さとなりましたが、ここは湿気が無いため、非常に喉が渇いてしまう気候で、走行後には、DUNLOPブース内のコールドドリンクサーバーなどが、走行を終えられた皆様の体を潤してくれました。
 
そして、お昼は帯広名物の「豚丼」。昼前になると、お肉の焼ける匂いが漂って来て、走行どころではなかった方もおられたかも知れません。
その他では、お昼休みに、ゲストのライディングレクチャーを行って頂きました。今回はレギュラーゲストの八代俊二氏、北川圭一氏に来て頂き、美しいライディングフォームはどういうところを注意すれば良いかなどを、参加者数名の方に、実際にバイクに跨がって説明して頂きました。
八代氏からは、このサーキットを安全に上手く走るポイントなどを、コース表を使って、皆さんにご説明させて頂いたりしました。
その後、あっと言う間に休みの時間は流れ、午後からの走行が始まりましたが、午後の走行についても、皆さんのご協力のお陰で一度も中断する事無く、全て無事に終了していきました。
 
今回ご参加頂いた北海道エリアの皆様、安全な運営にご協力して頂きまして、ありがとうございました。また、昨年よりやや参加台数が増えたことも非常に嬉しく思っております。
DUNLOPサーキットステーションは、今後も皆様が楽しめるイベントとして継続し続けて行きたく、今後ともよろしくお願いいたします。 ぜひ、来年も7月にお会いいたしましよう。

DUNLOP Circuit Station 2011
  • 筑波サーキット
  • 岡山国際サーキット
  • 那須モータースポーツランド
  • 鈴鹿サーキット
  • 十勝インターナショナルスピードウェイ
  • スポーツランドSUGO
  • 那須モータースポーツランド
  • 岡山国際サーキット
  • オートポリス
  • 筑波サーキット
  • 鈴鹿サーキット
  • 申し込みについて
  • ネット申し込みはこちら
  • Circuit Station2010
  • Circuit Station2010
  • Circuit Station2010