DUNLOP Circuit Station

申し込みについて






先週までの寒さが嘘のような天候に恵まれた4月10日。今年初めてのサーキットステーションを、茨城県にある筑波サーキットで開催いたしました。
 
参加者の皆さんは、朝早くからご来場頂き、7時30分からの受付時には行列ができてしまいました。
今回も大勢のご参加を頂き、大変有り難く思っております。
また、昨年から増設しましたチャレンジクラスですが、開催毎に参加人数が増え、今回は定員数のお申込みを頂きました。
このDUNLOPサーキットステーションは、速い遅いは関係なく、サーキット走行を楽しみたい皆様にご利用頂きたいイベントで、速さは全く関係ございません。ですから、このイベント始めた時より、初心者向けの走行会として、バイクが安全に楽しく感じられるイベントを目指しております。
そんな中で本年度も定員いっぱいのお申込みを頂き、ぽかぽか陽気の中、春の筑波ラウンドは進行して行きました。
今回のゲストは、レギュラーの上田昇氏と元125cc世界チャンピオンの坂田和人氏にご来場頂き、 皆さんに交じって走行されたり、お昼は2人の優しい(?)レクチャーを話して頂いたりして、大いに盛り上がっていました。
 
また、走行会と併催いたしまして、今回から同一車種によるタイヤ体感試乗会も行わせて頂き、今回はα-12とRoadsport(ロードスポーツ)の比較体感試乗会を行いました。
これにより、皆様の走り方の用途に合わせた使用タイヤの選択もでき、SPORTMAX(スポーツマックス)シリーズには、耐久性や、ツーリング、サーキット走行まで、皆様の用途にあった商品が存在することを感じて頂けたらと思います。ラップタイムを競うサーキット用タイヤではGP Unbeaten-02N(アンビートン02エヌ)が、サーキットから一般道路での高レベルなグリップと吸収性、初期旋回力も考えたα-12、それに、よりロングライフと、一般のライダーがコーナーを曲がることへの楽しさを求めたRoadsport(ロードスポーツ)などが存在して、それぞれにグリップだけでなく、持ち味があることを感じて頂けたらと思います。このタイヤ比較体感試乗会は、本年度ほとんどのサーキットで開催させて頂きます。普通二輪免許をお持ちの方で、会場にご来場頂ければ、体感試乗だけでのご参加もできますので、乗車できる服装でDUNLOPサーキットステーション受付までお越し頂ければと思います。
さて、走行のほうは、軽い転倒が2件ありましたが、幸い大きな事故もなく、無事終了いたしました。
これも皆さんのこのイベントに対する理解ある結果だといつも感じております。
 
今年も安全にバイクを楽しんで頂けるよう、展開していきたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。今回ご参加頂きました皆様、ありがとうございました。

DUNLOP Circuit Station 2012
  • 筑波サーキット
  • 岡山国際サーキット
  • 那須モータースポーツランド
  • 鈴鹿サーキット
  • 十勝インターナショナルスピードウェイ
  • スポーツランドSUGO
  • オートポリス
  • 那須モータースポーツランド
  • 岡山国際サーキット
  • 筑波サーキット
  • 鈴鹿サーキット
  • 申し込みについて
  • ネット申し込みはこちら
  • Circuit Station2012
  • 開催動画(鈴鹿)
  • 開催動画(那須MSL)
  • Circuit Station2011
  • Circuit Station2011
  • Circuit Station2011
  • Circuit Station2011