申し込みについて
  • DUNLOP Circuit Station 2012
  • HSR九州
  • 筑波サーキット
  • 岡山国際サーキット
  • 鈴鹿サーキット
  • 那須モータースポーツランド
  • SPA直入
  • スポーツランドSUGO
  • TAKASUサーキット
  • 筑波サーキット
  • 岡山国際サーキット
  • 鈴鹿サーキット
  • 申し込みについて
  • ネット申し込みはこちら
  • Circuit Station2012
  • 開催動画(鈴鹿)
  • 開催動画(那須MSL)
  • Circuit Station2011
  • Circuit Station2012
  • Circuit Station
  • Circuit Station
  • Circuit Station
9月15日 SPA直入 開催レポート

9月下旬に入ったというのに、残暑が厳しい21日の土曜日、東北は宮城県村田町にありますスポーツランドSUGOにて、DUNLOPサーキットステーションを開催致しました。
今回の参加者は、123名と、当SUGOのイベントで過去最高となり、大変多くの皆様にご参加頂きました。

今回の話題は何と言っても、1980年代のモーターサイクルレースブームの主人公、ヤマハのエースライダーだった平 忠彦氏と、ホンダのエースライダーであった木下恵司氏のお二人が、揃ってSUGOを走行されたことでした。
バイクブームに火を付けた映画、「汚れた英雄」のトップ2人のエキストラを演じられ、全日本選手権の最高峰500ccクラス(2サイクル)では、常にトップを走られていた2人が、今回、DUNLOPサーキットステーションへ、ゲストとしてご参加頂けました。
晴天に恵まれ、その映画の舞台となったスポーツランドSUGOにて、DUNLOPサーキットステーションは進行して行きました。
今回のDUNLOPブースも、毎年展開している場所に展開いたしました。
ここはテラスのような雰囲気があり、遠くに蔵王山が眺められて、通る風が心地よく感じられるSUGOのパドック内ではお気に入りのスポットとなります。
受付を終わられた参加者の皆様が、景色を眺められながら、コーヒーを飲まれている姿がなんとも絵になるのです。そんなさりげない風景に「靜のカッコ良さ。」があり、走り始められると、「動のカッコ良さ。」に変わります。この「大人のカッコ良さ。」を、DUNLOPサーキットステーション女性スタッフも感じているように思いました。
受付、車検と終わり、走行前ミーティングでは、ゲストの平氏が、「皆さんこんにちは。北野昌夫です。」と自己紹介されると、皆さんの顔がなんとも言えない表情に変わられ、このジョークから、よりゲストとの親近感を持たれて、とてもアットホームな展開になって行きました。
1回目の走行は無事に終わり、お昼は皆さんお待ちかねの仙台名物「牛たん弁当」をご提供させて頂きました。その場で焼く牛たんの匂いに、「これ目当てで来た!」と話される方もおられました。ただ、どうしてもお肉1枚1枚をその場で焼いてお出しする為、お弁当待ちの行列ができてしまい、参加者様の多い事もあって皆様にご迷惑をお掛けしました事、お詫び申し上げます。
さて、そんな時間も過ぎて、ゲストお二人によりますライディングレクチャーを始めさせて頂きましたが、終了後はサイン会と撮影会になってしまい、ゲストのお二人と一緒に写真を撮られた方は、「一生の宝になった。」「昔が蘇って、若くなった。」など、それぞれに満足されておられた様子でした。
そして、2回目の走行が始まり、平氏と木下氏がコースへ出られて、皆さんに混ざられると、「平さんのフォームに見惚れた。」「コーナーに入る木下さんのスピードにびっくり。」など、走行後に話される皆さんのコメントに、私も大変嬉しく思いました。
そして、それらは3回目も続きましたが、今回、誰1人も転倒される方がおられず、全て無事終了することができました。これぞ安全を意識した大人の走行会とでも申し上げて良いのか、無事に終われました事を、ご参加頂きました皆様には感謝いたします。
今回、仲間同士でご参加頂いたり、年に一度の楽しみにしていると話される東北エリア在住の参加者様など、本当に多くの皆様にご参加頂きまして感謝申し上げます。
また、来年もスポーツランドSUGOで、開催を予定しておりますので、ぜひ青い空と緑の美しいスポーツランドSUGOのDUNLOPサーキットステーションへご来場下さい。
今回ご参加頂きました皆様、ありがとうございました。