申し込みについて
  • DUNLOP Circuit Station 2014
  • 筑波サーキット
  • 岡山国際サーキット
  • 鈴鹿サーキット
  • 那須モータースポーツランド
  • 十勝スピードウェイ
  • スポーツランドSUGO
  • TAKASUサーキット
  • SPA直入
  • 岡山国際サーキット
  • 筑波サーキット
  • 鈴鹿サーキット
  • 申し込みについて
  • ネット申し込みはこちら
  • Circuit Station2012
  • 開催動画(鈴鹿)
  • 開催動画(那須MSL)
  • Circuit Station2011
  • Circuit Station2012
  • Circuit Station2013
  • Circuit Station
  • Circuit Station
  • Circuit Station
スポーツランドSUGO 開催レポート

夏の暑さが和らぎつつある9月20日土曜日、晴天のスポーツランドSUGOにおきまして、DUNLOPサーキットステーションを開催いたしました。

今回は、参加者数が140名近くと、非常に多くのお申込みを頂きました。

ここSUGOは、2年前から大変多くのご参加を頂きまして、遠くは、青森や新潟、神奈川県などから連休をご利用されて参加いただきました。遠い所から、本当にありがとうございます。

また、快晴ということもあり、ご来場頂きました皆様は、とても気持ちも高ぶっておられる感じがいたしました。

朝は、8時30分から受付を開始して進行してまいりました。

ミーティングでは、今回のゲスト、北川圭一氏と、平忠彦氏のお二人からも、「自分の安全範囲で楽しみましょう。」と、皆さんにお話しして頂き、走行を始めて行きました。

Aクラスで開始早々、装備に不備があるライダーがおられた為、一旦中断しましたが、その後は順調に進行いたしました。

参加者の方の中には、特に、日本人は安全が守られているのが普通と思われておられる方が多いのが事実ですが、オートバイは、安全は自分で守ることが必要な乗り物です。

事が起こってから後悔するのではなく、安全性を最大限確保できる状態(装備や、車両、タイヤなど。)と、それに参加されるライダーが規則を理解して、冷静に楽しむことが重要です。自分の取り組み方によって、バイクは安全な乗り物にも、また危険な乗り物にもなってしまいますし、個人でのコース貸し切りではない限り、「他の参加者にも迷惑を与えてしまう。」という認識を持って楽しんで頂きたいと思います。

さて、走行のほうは、その後、全てのクラスの1回目の走行が終了し、お昼は仙台名物、牛たん焼き弁当をご提供させて頂きました。牛たんを、その場で焼き上げますので、非常に美味しいのですが、その分待ち時間も発生してしまいましたので、来年度はこの待ち時間をもっと減らせるようにしたいと思いました。

その後は、今回のゲストによるライディングレクチャーを、質問形式も入れて開催させて頂きました。ゲストのお二人も積極的に、丁寧に皆様の質問に答えて頂けた様子で、その後は皆さんとの記念撮影やサイン会などにもなっておりました。また、皆さんにご参加頂いております抽選会で、当たったDUNLOPグッズにもサインを求められる皆様に、やはり平忠彦氏の人気は不変のように感じました。

皆様の走行のほうは、2回目のそれぞれのA,B、Cクラス、3回目と進み、本当にすがすがしい季節の中、SUGOでのDUNLOPサーキットステーションは終了して行きました。

ご友人のお誘いで、今回初めてご参加された方が、「来て良かった。」などのお褒めの言葉を頂けると、私達も非常にやりがいを感じます。だからこそ、より一層皆様に楽しんで頂けるDUNLOPイベントを構築したく思います。来年も、もっと充実した内容を展開していきますので、今後とも、DUNLOPサーキットステーションと、DUNLOPタイヤを何卒よろしくお願い申し上げます。

そして、何より今回ご参加頂きました皆様、ありがとうございました。