申し込みについて
  • DUNLOP Circuit Station 2014
  • 筑波サーキット
  • 岡山国際サーキット
  • 鈴鹿サーキット
  • 那須モータースポーツランド
  • 十勝スピードウェイ
  • スポーツランドSUGO
  • TAKASUサーキット
  • SPA直入
  • 岡山国際サーキット
  • 筑波サーキット
  • 鈴鹿サーキット
  • 申し込みについて
  • ネット申し込みはこちら
  • Circuit Station2012
  • 開催動画(鈴鹿)
  • 開催動画(那須MSL)
  • Circuit Station2011
  • Circuit Station2012
  • Circuit Station2013
  • Circuit Station
  • Circuit Station
  • Circuit Station
十勝スピードウェイ 開催レポート

西日本では、梅雨が終わろうとしている7月13日の日曜日。
北海道では二年ぶりの開催となるサーキットステーションを、帯広郊外にある十勝スピードウェイにて行いました。
二年ぶりの開催ということで、心待ちにされていました皆様が数多くおられた様子で、北海道では今までの参加者数を大きく上回る129名様のお申込みを頂きました。
今回は、DUNLOPのもう1つのイベント、DUNLOPツーリングステーションとの共催で行わせて頂きましたが、サーキットステーションの参加者と合わせて、ご来場者が非常に多いイベントとなりました。

開催前は季節外れの台風の影響が心配されましたが、当日は雨が降ることもなく、
終日ドライコンディションでの走行となりました。

参加者の皆様も当日は早くからお越しいただきまして、予定時刻よりも10分早く受付を開始させていただきましたが、予想以上に時間が掛かってしまい、お待ち頂いている皆様方には大変ご迷惑をお掛けいたしました。ただ、書類の不備や内容変更なども多く、その対応に時間が掛かってしまったこともありますので、受付を円滑にしていく為にも、今後は時間短縮を計れますように改善して行きたく思いました。

走行前ミーティング、集合写真のあと、予定通り午前11時よりCクラスから走行を開始いたしました。その後、Bクラス、Aクラスと走行を行いましたが、Aクラスの先導走行中に直線で転倒があり、非常に危険と判断した為、赤旗中断としましたが、負傷者救済対応でAクラスの1回目の走行はそのまま終了となってしまい、他の皆様にはご迷惑が掛ってしまいました。幸い大きな怪我にならずに済みましたが、走行前ミーティングでも書類と共に十分ご説明させて頂いております直線での転倒は、重大事故に繋がる可能性が高く、他人事とは思われず、皆様には本当に注意して走行して頂きたく思います。

昼食はケータリングサービスにて帯広名物、豚丼セットをご用意させて頂きましたが、その場でお肉を焼く調理をお願いした甲斐があってか、味の方も満足行かれるレベルのようでしたので安心いたしました。
それと同時に、今回のゲスト、全日本トライアルチャンピオンである小川友幸選手のトライアルデモンストレーションも行って頂き、その後にもう1人のゲストである北川圭一氏にも加わって頂いてトークショーを行いました。カテゴリーの違うお二人ではありますが、軽妙な掛け合いはすごく面白く、あっという間に時間が過ぎてしまいました。

尚、今回はGパンクラスも併催させていただきました。こちらも午前、午後合わせて約90名もの多数のご参加をいただきまして、1コイン500円でサーキット走行を体験できるこのイベントを存分に堪能していただけたようでした。

走行のほうは、午後からもCクラス、Bクラス、Aクラスの順に進めて行きましたが、各々2回の走行とも走行を中断するような大きな事故もなく、終了いたしました。

今回は北海道初の試みとしてツーリングステーションとの併催で行わせて頂きましたが、北海道の皆様と楽しい時間を過ごせて大変嬉しく感じました。次回の開催は来年となりますが、開催の際には是非ともご参加頂きたく思います。今回のご参加、本当にありがとうございました。