申し込みについて
  • DUNLOP Circuit Station 2014
  • 筑波サーキット
  • 岡山国際サーキット
  • 鈴鹿サーキット
  • TAKASUサーキット
  • 那須モータースポーツランド
  • 十勝スピードウェイ
  • スポーツランドSUGO
  • SPA直入
  • 岡山国際サーキット
  • 筑波サーキット
  • 鈴鹿サーキット
  • 申し込みについて
  • ネット申し込みはこちら
  • Circuit Station2012
  • 開催動画(鈴鹿)
  • 開催動画(那須MSL)
  • Circuit Station2011
  • Circuit Station2012
  • Circuit Station2013
  • Circuit Station2014
  • Circuit Station
  • Circuit Station
  • Circuit Station
筑波サーキット 開催レポート

寒い冬を超えてようやく春が訪れ、変わりやすい春の天候に翻弄されながらも、 皆様のおかげで2015年度のDUNLOPサーキットステーションを、 4/7(火)筑波サーキットから開催することが出来ました。 ちょうど、桜前線が本州を北上中で、各地では花見で賑わう頃の開催となりました。

当日は雨予報で、残念ながら朝から春雨という天気でしたが、 今日この日を楽しみにしておられた参加者の方々とお会い出来て嬉しく思いました。

春雨の降る中、受付・車検と皆様方のご協力もありましてスムーズに進行できました。 ミーティングではコースオフィシャルの方からの説明の後、今回のゲスト上田昇氏と坂田和人氏に、 シーズン初めの低い気温の中で走行される際の注意点やワンポイントを、 実例を挙げて解りやすく説明して頂き、参加者の皆様も熱心に聞いておられました。

記念撮影を終え、皆様お待ちかねのコースインの時間になりました。 ミーティングでの上田氏と坂田氏のアドバイスが効いたのか(?!)ウエットの路面コンディション でしたが転倒者もなく、無事に進行することが出来ました。
中にはレインタイヤを持ち込んで、雨天の走行を楽しんでおられる方もおられました。 「雨天時の魔法のタイヤ」と言われます、レインタイヤを装着されると、 ドライもウェット時も関係なく楽しめますので、よくサーキット走行される方は一度試されてみてはと思いました。 そういう意味でも、ドライ時のハイグリップ化に伴い、これからは走行会でもスペアホイールを持たれる時代が 来るかもしれません。

さて、お昼にはDUNLOPブース内で、ケータリングでのランチをご提供させていただきましたが、 少し肌寒い中 温かい汁物があった為、皆さんほっとした状態になられていたのではと思いました。 お昼からも気温は上がらずに、ブース内に設置していたヒーターも1台しかなく、皆様には 寒く感じられたと思いますので、今後は4月中頃まではジェットヒーターも数台準備もしておくように と感じました。
そして、ランチタイムの後には、ゲスト2人によるライディング&セッティングレクチャーを開催して行きました。 DUNLOPサーキットステーションでの永遠のテーマ?!『如何に安全にコースを攻略するか』をテーマに 当日のコンディションを加えて、ゲストの話を多数の方がミーティングルームにて聞き入っておられました。 また、参加者の皆様からの質疑応答も交わされて、上田氏、坂田氏も大変イメージしやすいように、 質問された方へ返答されていた顔が印象的でした。
午後の走行前に、レクチャー時のアドバイスに添って空気圧を変更される方も見受けられました。 また、セッティングを少し変えることで、バイクの変化も感じられたのではないかと思いました。

午後からの走行もウエットコンディションでしたが、終了時間にかけてドライコンディションに変わっていき、 最後の走行は、ほとんどドライコンディションとなりました。 そして何より転倒者もなく、予定通り午後の走行を終えることが出来ました事を、スタッフ一同喜んでおります。 多くの皆様にご参加いただき、無事に一日を終えることが出来ました事、厚くお礼申し上げます。

次回の筑波サーキットでのDUNLOPサーキットステーションは、10/27(火)のDUNLOP DAYとなります。 いつも来て頂ける方も、サーキット未経験だけど走ってみたい方も、皆様のご参加をスタッフ一同お待ちしております。