申し込みについて
  • DUNLOP Circuit Station 2014
  • 岡山国際サーキット①
  • ツインリンクもてぎ
  • 鈴鹿サーキット1
  • TAKASUサーキット
  • 那須モータースポーツランド
  • 十勝スピードウェイ
  • スポーツランドSUGO
  • オートポリス
  • 岡山国際サーキット2
  • 筑波サーキット
  • 鈴鹿サーキット
  • 申し込みについて
  • ネット申し込みはこちら
  • Circuit Station2012
  • 開催動画(鈴鹿)
  • 開催動画(那須MSL)
  • Circuit Station2011
  • Circuit Station2012
  • Circuit Station2013
  • Circuit Station2014
  • Circuit Station
  • Circuit Station
  • Circuit Station
スポーツランドSUGO DUNLOPサーキットステーション 開催レポート

秋の天候に恵まれた10月2日の日曜日、九州は大分県にありますオートポリスにて、4年振りとなるDUNLOPサーキットステーションを開催させて頂きました。
この場所は大分県にあたるのですが、熊本県との県境に近く、またアクセスも熊本側からの方が良いので、本州などに住まわれている方は熊本県と思われている方が多くおられます。
また、ここオートポリスは熊本地震で施設や近隣の道路も破損などの影響を受けた為、開催日の2日前まで休業を余儀なくされまして営業再開後、初のイベントがDUNLOPサーキットステーションとなりました。

今回は、この熊本地震により、九州のモータースポーツが自粛されていたこともあり、DUNLOPでは 少しでも皆様に元気になって頂こうという趣旨のもとに、DUNLOP復興祈願の限定Tシャツとトートバックのプレゼントや、お越し頂くゲストライダーを増員したりして、賑やかに開催させて頂きました。
そして今回は、九州出身の八代俊二氏と秋吉耕祐選手、世界GP125ccクラスに2度チャンピオンに輝かれました坂田和人氏、そして全日本GP3クラスにおいて、ランキング上位につける女性ライダーの岡崎静夏選手の4名にお越し頂きました。
各ゲストの4名は皆様に混じってDUNLOPカラーの1000ccバイクで走行されたり、ライディングアドバイスや写真撮影、抽選会、ゲストのジャンケン大会などにご参加頂きました。 
また、このオートポリスで名物の「うかれ亭」によるB級グルメランチも、お昼休みに皆様にご提供させて頂いたり、本当に盛りだくさんの内容となりました。

朝は9時から受付と車検を開始させて頂き、その後10時15分から走行前ミーティング、続いてゲスト4名によりますライディングレクチャーと進み、12時から走行を開始して行きました。
また、高速サーキットであるオートポリスでの開催時は、いつも転倒負傷される方がおられましたので、 2回目の走行ミーティングも八代俊二氏と共に、連続走行での転倒しやすい原因や、天候、路面状況などを皆様に短時間で説明させて頂き、2回目、3回目の走行に進んで頂きました。
そして、今回は最後まで転倒された方が1名もおられず、皆様無事に終了することが出来ました。
転倒や事故を防ぐには、皆様の安全意識が一番の要です。今後も転倒する原因の防止策を皆様に発信して、1件でも転倒を減らして、皆様が楽しく、長くサーキット走行を楽しまれるお手伝いを、影ながら進めて行きたいと思っております。

最後の終了ミーティングでは、皆様へ無事に終了出来た事への御礼と、ゲストの皆様から頂いた用品やグッズを皆様にじゃんけん大会でプレゼントさせて頂きました。
中でも目玉だったのは、なんと、秋吉選手のヘルメットでしたが、やはりこのプレゼントが一番盛り上がっていました。
また、秋吉選手と並んで岡崎静夏選手のグッズプレゼントも盛り上がっていましたが、内容はご参加された方だけの話として、本当に今回は華やかなDUNLOPサーキットステーションとなりました。
さて、このDUNLOPサーキットステーションでは、今回ご参加頂いた皆様からの参加料の一部¥42,450-を、熊本地震義援金として寄付させて頂きましたことをご報告させて頂くと共に、被災された皆様が復興を遂げられ、早く元気になって頂けますよう、微小ながら応援させて頂きたいと思います。
今回のオートポリスにご参加頂きました皆様、誠にありがとうございました。