RIDERS NAVI

鈴鹿サーキット 5月13日(水)
全長 :5,821m
最大直線長 :900m
走行幅 :10〜15m
交通 :東名阪自動車道・鈴鹿ICより約13km。
名古屋より約52km、大阪より約132km。
所在地 :三重県鈴鹿市稲生町7992
TEL :059-378-1111(代)
ホームページアドレス http://www.suzukacircuit.jp/
モバイルホームページ http://mobile.suzukacircuit.jp/
■受付 8:00〜9:30
■走行時間 11:15〜12:15 / 13:15〜15:15頃の合計3時間
走行は20分×3回の合計約1時間となります。
(正式なタイムスケジュールは、参加受理書に同封いたします。)
■走行(全て先導付) ミドルパワークラス・ハイパワークラス、初心者対象のチャレンジクラス別の6〜10台程度の小グループに分かれての、全てインストラクターによる先導走行(詳細は規則項をご覧ください。)となります。
 
前回2014年11月13日開催時は、試験的に完全クラス別として、[A]クラス60台以下、[B]クラス60台以下、[C]20台以下で走行いたしましたが、 今回のCクラスについてはA,Bクラスの小グループと同時走行となりますことをご了承ください。 各クラスは全て先導走行となりますが、Cクラスのみ小グループの前後2名のインストラクターが付きます。 各小グループは、6〜12台ほどで1つのグループ(小グループ)と区分して、それぞれの小グループ内は同クラスの方どうしでの走行となります。 整列時には、各クラス表示(A,B,C)と共に小グループ番号(数字)の表示もいたしますので、該当する参加クラスの中で、いずれかの 小グループ番号に走行できる装備で整列ください。コースインは、小さい番号順からスタートして行きます。
 
受け入れることができる場合は、BからAへの変更もお受けさせて頂きますが、そのグループの最大同時走行人員を超える場合は、規約上お受けすることができません。各クラス全体に合わせたペースでの先導走行となります。
 
走行グループは、各個人に合わせた走行ではございませんので、自分自身のペースを主張される場合、鈴鹿サーキットSMSC主催による、ライドオンクラブやスポーツ走行などのフリー走行枠のご利用を推奨いたします。
■ゲスト 北川圭一氏・宮崎祥司氏(ゲストは変更される場合があります。)

北川圭一氏 宮崎祥司氏

■その他
  • ウェルカムサービス、サーキットレストランでのランチ、コーヒー&ドリンクサービス付。
  • 参加者全員にプレゼントと、初めてご参加される方には、スポーツライディングIDライセンスが授与されます。
  • 希望者にはレンタルスーツやブーツをご用意いたします。 (レンタル料:ツナギ(レディースサイズ〜M、L、LL、XL各種ワイドサイズ5XLまで)¥4,320-/ブーツ(25〜29cm各種)¥1,080-) 事前に文書若しくはお電話にてお申込頂き、当日現地にてお支払ください。
    ※数量に限りがありますので、サイズによりご用意できない場合もあります。また、既製品ですので、体型により、フィットしにくい場合があります。ご了承くださいませ。
  • 国内サーキットのどこよりも高速コーナーが多く、スピード域も高いですので、走行には十分注意してください。
  • 2回目、3回目は連続走行となりますので、ガソリン携行缶(一般セルフ式ガソリンスタンドでは給油出来ない場合があります。)をご持参頂くか、または2回目の走行後、すぐに近隣のガソリンスタンドに行かれ、3回目の走行に備えられることを推奨いたします。(パドック内のガソリンスタンドは基本的に休業日となっております。)
  • ピットは限定される為、大変申し訳ございませんが譲り合ってご使用願います。(1ピット12台程度は充分ご利用可能です。)
  • 8名程度以上でお申し込みの販売店様や、グループでお申込みの方は、1ピットを割り当てさせて頂きますが、そのピットに余裕がある場合、他の個人での参加者様にもご使用頂けるように配慮をお願いいたします。
  • すぐ近くに宿泊ホテル、大手スーパー、ホームセンターやバイク販売店、コンビニエンスストアなどが多数あり、国内サーキットのどこよりも充実しております。
  • 国内で一番人気のあるサーキットです。また定員になり次第、締め切らせて頂きます。
CLOSE