申し込みについて
  • DUNLOP Circuit Station 2014
  • 岡山国際サーキット①
  • ツインリンクもてぎ
  • 鈴鹿サーキット1
  • TAKASUサーキット
  • 那須モータースポーツランド
  • 十勝スピードウェイ
  • スポーツランドSUGO
  • オートポリス
  • 岡山国際サーキット2
  • 筑波サーキット
  • 鈴鹿サーキット
  • 申し込みについて
  • ネット申し込みはこちら
  • Circuit Station2012
  • 開催動画(鈴鹿)
  • 開催動画(那須MSL)
  • Circuit Station2011
  • Circuit Station2012
  • Circuit Station2013
  • Circuit Station2014
  • Circuit Station
  • Circuit Station
  • Circuit Station
鈴鹿サーキット DUNLOP DAYサーキットステーション 開催レポート

寒さも一段と深まる秋晴れの11月9日(水曜日)。鈴鹿サーキットにおきまして、本年最後となるDUNLOPサーキットステーションをDUNLOPタイヤをご装着頂いた皆様のDUNLOP DAYとして開催をさせて頂きました。

今回も、非常に多くのご参加を頂き、173名の参加者様と約20名の同伴者様が来場されました。
また、季節柄テントによるブース設営は行なわずに、ピット2階のラウンジを使用してブース展開をさせて頂きました。
屋内設営という事で、事前準備が早く整ったこともあって、受付時間を定刻より早めて開始していく事ができました。その為、受付・車検共にスムーズに進行致しました。

その後、走行前ミーティングを開始し、鈴鹿サーキットの特徴や諸注意等を確認致しました。
今回のゲスト、平忠彦氏、八代俊二氏2名のお話を頂いた後、テント前にて集合写真撮影とストレッチ運動を行いました。
天候にも恵まれて、皆様の活き活きとした笑顔がとても印象的でした。

ストレッチ運動終了後、Cクラスからの走行に備え、皆様に準備を始めて頂き、 スケジュール通り11時30分から走行を開始して行くことが出来ました。

お昼には鈴鹿サーキットレストラン『鈴風』にて、豪華なランチを皆様に提供させて頂きました。
サービスチケットにて皆様に選んで頂いたのですが、どれも美味しそうで迷っておられる方も多く見られました。

ランチの後は、ゲストの平忠彦氏、八代俊二氏によるライディングレクチャーを2階ラウンジで開催し、会場内は大変盛り上がりました。
このライディングレクチャーは、ゲストと参加者の皆様との交流の場所であり、質問して頂いた皆様へ、ゲストのお二人から解り易い解説をして頂きました。
こんなに近い距離感でゲストとやり取りができる機会はなかなかないと思いますので、是非皆様のライディング技術や安全性向上の為に、今後もご利用頂ければと思います。

さて同時刻、ラウンジ内の飲み物コーナー前では、テーブルにて楽しくワイワイ話が弾むグループや、コーヒーと雑誌を手に取りゆっくりくつろいでおられる参加者など、和気藹々とした雰囲気で、スタッフである私も楽しくなってきました。
さらに受付ブースでは、アンケート回答で当たる抽選会も始まり、本年度最後である抽選会に、お目当てのグッズを期待して、抽選会を楽しんでいる参加者もいらっしゃいました。

ゲストレクチャー終了後、引き続いて2回目の走行前ミーティングを実施致しました。
ストレートが長く、コースも広い鈴鹿サーキットでは、やはりハイパワーのマシンで思いっきり走りたいと思われる方も多くおられます。
しかし、皆様には安全に楽しく、無理なく走って頂きたく思っておりますので、走行時の安全確認や注意事項など、再度確認をして頂き、さらなる安全性向上に繋がればとの思いで、2回目の走行前ミーティングを実施をさせて頂きました。

その後、天候が少し崩れてきましたが、14時より2回目の走行、3回目の走行と続き、16時には全走行が終了致しました。

本年度最後のDUNLOPサーキットステーションは、鈴鹿サーキットのイベントをもちまして無事、終了する事が出来ました。
全体を通し、転倒が3件ありましたが、負傷者は無く、また本年度全ての走行会イベントを無事終了出来ましたことをとても嬉しく思います。
また来年も、皆様により一層楽しんで頂ける、魅力あるDUNLOPサーキットステーションにするべく、スタッフ一同頑張りたいと思います。
ご参加頂きました皆様、誠にありがとうございました。

これからもDUNLOPへのご声援、よろしくお願い致します。