申し込みについて
  • DUNLOP Circuit Station 2014
  • 岡山国際サーキット①
  • 那須モータースポーツランド
  • 鈴鹿サーキット1
  • TAKASUサーキット
  • ツインリンクもてぎ
  • 十勝スピードウェイ
  • スポーツランドSUGO
  • 岡山国際サーキット2
  • 筑波サーキット
  • オートポリス
  • 鈴鹿サーキット
  • 申し込みについて
  • ネット申し込みはこちら
  • Circuit Station2012
  • 開催動画(鈴鹿)
  • 開催動画(那須MSL)
  • Circuit Station2011
  • Circuit Station2012
  • Circuit Station2013
  • Circuit Station2014
  • Circuit Station2015
  • Circuit Station2016
  • Circuit Station
  • Circuit Station
  • Circuit Station
DUNLOPサーキットステーション 岡山国際サーキットレポート

長い冬が終わり、桜の開花便りが南から聞こえてくる4月上旬。そして、ライダーの皆様がバイクで何処かへ出かけたくなるこの季節に、コース路面が改修され、とてもきれいになった岡山国際サーキットで本年度最初のDUNLOPサーキットステーションを開催させて頂きました。
また、開催日は4月4日とあって、晴天の中あちらこちらで桜が開花し始めておりました。
今回の走行時間は4時間という事で、参加者は全員で200名程になりました。

走行前ミーティングでは、施設の規則と走行説明の後、主催者からこのイベントのローカルルールと、安全に対する諸注意を説明させて頂きました。その後は、本日のゲストである、上田昇氏の挨拶と、転倒しないように注意するポイントを説明させて頂き、その後、集合写真撮影とストレッチを行いました。
最近のスポーツ界では、ゆっくりしたストレッチはスポーツ終了後に行うのが効果的で、事前は早く体を動かすような内容が効果的であると伝えられています。また、ラジオ体操なども有効と伝えられており、今後はこれらを取り入れた内容に変えていく方向で検討していきたいと思いました。

さて、走行準備を行うインターバルを挟んで、いよいよ前半の走行を11時から開始いたしました。
走行はコースイン直後に1件の転倒ありましたが、幸い怪我も無くそのまま順調に進行して13時に予定時間通りに終了いたしました。この前後あたりの時間から、各クラスで走行されたライダーの皆様や同伴者の皆様がレストランへ昼食に向かわれる姿が見られました。

昼休みには、ゲストの上田昇氏によるレクチャーをミーティング会場で行い、続けて2回目の走行前ミーティングを開催させて頂きました。この2回目のミーティングは、走行回数を重ねる毎に転倒者が多くなることから、予防対策として、皆様に今一度、自身の安全認識、スピードに目が慣れてきた頃に起こる油断などを短時間でお伝えし、1件でも転倒を減らすこと、そして皆様の安全向上に繋げることを目的として、昨年から始めさせて頂きましたところ、転倒者数が少し減り、嬉しい成果になっております。

2回目のミーティングについて参加者の皆様からは、面倒であること、「理解しているから」、また「なぜ2回もミーティングを行うのか」などの意見もお聞きします。しかし、このDUNLOPサーキットステーションでは、『注意していれば防げた転倒や事故は起こしてはならない』という趣旨をご理解頂き、皆様に安全にバイクを扱って頂きたいと思っております。
さて、午後からの走行は、14時より開始いたしましたが、午後からの走行時間帯のうち3件の転倒がありました。幸い大きな事故には至りませんでしたが、日々私達がお伝えしている、自身の中でバイクを楽しむ、バイクに乗ったら気を抜かないこと、スピードに惑わされないことなどに注意して、長くバイクを楽しんで頂けたら大変嬉しく思います。

本年度最初のDUNLOPサーキットステーションが始まりました。今年も11回の開催となりますが、本年度も参加された皆様が無事に走行を終われますよう、運営を行いたいと思っております。
今回御参加頂きました皆様、ありがとうございました。