申し込みについて
  • DUNLOP Circuit Station 2014
  • 岡山国際サーキット①
  • 那須モータースポーツランド
  • 鈴鹿サーキット1
  • TAKASUサーキット
  • ツインリンクもてぎ
  • 十勝スピードウェイ
  • スポーツランドSUGO
  • 岡山国際サーキット2
  • 筑波サーキット
  • オートポリス
  • 鈴鹿サーキット
  • 申し込みについて
  • ネット申し込みはこちら
  • Circuit Station2012
  • 開催動画(鈴鹿)
  • 開催動画(那須MSL)
  • Circuit Station2011
  • Circuit Station2012
  • Circuit Station2013
  • Circuit Station2014
  • Circuit Station
  • Circuit Station
  • Circuit Station
スポーツランドSUGO DUNLOPサーキットステーション 開催レポート

9月2日の土曜日。まだまだ残暑が続く宮城県のスポーツランドSUGOにおきまして、DUNLOPサーキットステーションを開催いたしました。

 

年間11回あるサーキットステーションですが、秋のサーキットステーションのシーズンは、このスポーツランドSUGOから始まります。

天候は、太平洋上を北上する台風が残っており、雨天のサーキットステーションが予想されました。それでも開催当日は、110名超えの皆様にご参加を頂きました。

前日の設営時には、その台風の影響により、曇り空で風も若干強かった為、開催日の安全を最優先に屋外でのブース設営は取りやめて、ピット2階にありますゲストルームにて、DUNLOPサービスブースを受付等と共に展開させて頂きました。

開催日の朝は、小雨が降っておりましたが、スポーツランドSUGOの入場ゲート前には、朝早くから多くのトランスポーターが待機されていました。会場の準備も、慌ただしいながらも順調に進みまして、受付は、定刻8時15分より開始致しました。

その後、向かい側の建物になりますブリーフィングルームにて、走行前ミーティング、そして本日のゲスト、秋吉耕佑選手のご紹介をさせて頂きました。スケジュールは予定より早く進みましたが、屋外は小雨が降り始めた為に、集合写真撮影後のストレッチは各自で行って頂くよう、ご案内いたしました。

そして、いよいよ11時開始のCクラスを最初に、続けてMクラス、Hクラスと予定通り1回目の走行を開始して行きました。その1回目の走行中に、その走行が終わったCクラスの皆さんを対象に、本日のコース状況や、2回目以降の安全走行について、また質問などを入れた2回目の走行前ミーティングを開催させて頂きました。

そして、各クラスの1回目の走行が終わった昼休み、SUGOでは名物となっております利休の牛たん弁当をご提供させて頂きました。今回は、風雨があった為に、場所を変更して車検場にて、牛たん弁当のブース展開を致しました。会場中に牛たんのジューシーな匂いが立ち込め、BBQグリルの上をみると、美味しそうな牛たんが並び、それを見ているだけで食欲が湧いてくるように感じました。

昼休みも終わり、12時30分より、ゲストのレクチャーが始まりました。秋吉選手のレースを始めたきっかけやレース経験談から始まり、続いてサーキットにおける安全走行などのレクチャーを行って頂きました。特に印象に残っているのが、参加者の一人から、「バイクに乗るのが怖くなったりした事は無かったのでしょうか?」と、言う質問内容に対しまして、秋吉選手は率直に『いつも怖いです。』と答えられていました。しかし、その怖さがあるからこそ、安全性を高めた走りができるという事、そして、その結果ラップタイムも上げられること、そして怖さを克服して行くことがステップアップに繋がる事など、レースの厳しさやメンタルの持ち方が、ひしひしと伝わってきました。これらはバイクレース以外にも、通用すると思いますので、参加された皆様は、有意義なゲストレクチャーの時間を過ごされたのではないかと感じました。

ゲストレクチャーから続いて、転倒が多く発生する2回目以降の走行について、今度はH、Mクラスを対象に2回目の走行前ミーティングを行い、13時より各クラス、2回目と3回目が連続する午後からの走行を開始して行きました。

サーキット走行におきまして、広いSUGOでも、混んでいる所と全く走行車両がいない場所があります。混んでいるところを走行された方は、コース全体が混んでいるように感じられますし、全く誰も走っておられない場所を走っておられた方は、スムーズに走行されたかと思います。SUGOなど、国際格式クラスのコースでは、コース上の空いている場所をうまく使って走行することが出来ますので、各自で先導走行のスタート順の調整を行ったり、一旦ピットロードを通過するなどして、空いている場所を上手く使って走行を楽しむ方法もあることを知って頂ければと思いました。

走行のほうは、1日を通しては、1回目の走行がウェット、2回目の走行がセミウェット、3回目はドライというコース状況で、昼頃に一旦雨が降り出しましたが、午後からは雨も降らず、風も穏やかで、過ごしやすい気温と天候になりました。

走行のほうは数件の転倒とオーバランがありましたが、救急搬送するような状況も無く、予定通り15時をもちまして、サーキットステーションは終了致しました。お足元の悪い中、110名を超える参加者様にご来場頂きました事、厚く御礼申し上げます。

次回のサーキットステーションは、10月3日の岡山国際サーキットです。この日は、DUNLOP DAYとなり、ダンロップタイヤを装着されているお客様対象の走行会になります。

寒暖の差が大きくなる季節ですので、体調には十分注意をして頂きまして、また皆様とお会いできる事を楽しみにしております。今後とも、ダンロップタイヤそしてダンロップ製品をよろしくお願い申し上げます。