申し込みについて
  • DUNLOP Circuit Station 2014
  • 岡山国際サーキット①
  • 那須モータースポーツランド
  • 鈴鹿サーキット1
  • TAKASUサーキット
  • ツインリンクもてぎ
  • 十勝スピードウェイ
  • スポーツランドSUGO
  • 岡山国際サーキット2
  • 筑波サーキット
  • オートポリス
  • 鈴鹿サーキット
  • 申し込みについて
  • ネット申し込みはこちら
  • Circuit Station2012
  • 開催動画(鈴鹿)
  • 開催動画(那須MSL)
  • Circuit Station2011
  • Circuit Station2012
  • Circuit Station2013
  • Circuit Station2014
  • Circuit Station
  • Circuit Station
  • Circuit Station
筑波サーキット DUNLOP DAY サーキットステーション 開催レポート

秋晴れの快い日となりました10月10日の火曜日、筑波サーキットにおきまして、DUNLOPサーキットステーション2017を、開催致しました。今回のサーキットステーションは、全てDUNLOPタイヤユーザー様のみ参加のDUNLOP DAYとして開催をさせて頂きました。今回は130名の走行者様と20名の同伴者様のご参加を頂き、誠に御礼を申し上げます。

天候は、雲一つない快晴の朝となり、前回のサーキットステーション岡山国際サーキットと同じ、10月とは思えない程の夏日となりました。天候がよく、気温も上昇し、ご参加の皆様は、とても気持ち良く走行が出来た事と思います。

受付と車検は、開始予定が7時30分からでしたが、前日の設営と当日の準備も順調に進みましたので、時間を早めて7時15分から受付を開始して行きました。時間を早めて開始出来ましたので、受付から車検へとスムーズに流れていきました。

受付と車検の後は、ピット2階におきまして走行前ミーティングを実施致しました。
今回のゲストは、世界GP125ccクラスに2度チャンピオンに輝かれました坂田和人氏と全日本GP3クラスに参戦されている岡崎静夏選手です。筑波サーキットのコース特徴や転倒しやすい箇所、そして転倒する原因等を、経験豊富な坂田氏から皆様へ説明をして頂きました。また、岡崎選手からは、寒暖の差によるタイヤのスリップや気温の上昇に伴う小まめな水分補給など啓発して頂きました。それから、重大アクシデントや過去に起こった様々な事例を挙げ、皆様に楽しく安全に走行をして頂く為のご説明をさせて頂き、出席された皆様は、真剣な眼差しでミーティングに参加されておられました。

ミーティング終了後は、集合写真撮影、ストレッチ体操を行った後、予定通り10時よりCグループから1回目の走行を開始致しました。1回目の走行は、皆様慎重に走行されている様子が伺え、転倒も無く順調に進んで午前中の走行は終了致しました。

お昼はDUNLOP DAYでのみご提供させて頂いております、特別なケータリングランチを皆様にお召し上がり頂きました。今回のメニューは、牛肉とキノコのシチュー、揚げナスのトマトクリームペンネ、ハムとチーズのサンドそして、デザートは、ハロウィンプチケーキ等、バラエティに富んだランチをご提供させて頂きました。多種豊富なメニューに、皆様もご満足して頂けましたら嬉しく思います。

そして昼食の後は、朝のミーティングで事前告知させて頂きました通り、予定より30分前倒しで進行する事に致しました。12時30分より2階ミーティングルームにおきまして、ゲストの坂田和人氏によるライディングレクチャーを開催致しました。内容は、コーナリングの基本アウト・イン・アウトや、タイヤをグリップさせるコツなど、ホワイトボードで分かりやすく図を描きながらレクチャーをして頂きました。サーキット走行でリスクが高い場所は、なんと言っても各コーナーが挙げられると思います。坂田氏のライディングレクチャーは、コーナリング中に転倒を発生させないような走行、またロスなくスムーズに曲がれる走行等、今後のライディングの参考になった事と感じました。

さて、ライディングレクチャーと同時刻に、1階のDUNLOPブースでは抽選会を始めて行きましたが、今回はなんと、ゲストの岡崎静夏選手がプレゼンテーターをされ、ご参加の皆様と写真撮影をしたり、和気あいあいと色々な会話を交わされたりされて、DULOPブース内はとても賑やかになっていました。

ゲストレクチャーの後は、本年より実施しております、2回目の走行前ミーティングが始まりました。サーキットステーションでは2回目3回目の走行時間におきまして、転倒が多発する傾向にある為、皆様には再度、安全走行についてご理解して頂けるよう、ミーティングを実施致しております。

さて、その後の午後からの走行は、13時30分よりM2クラスの2回目の走行から始まりました。
午後からの走行では、合計で3件の転倒がありましたが、皆さん負傷は無く、数分程度遅れがありましたが、
15時30分過ぎには終了致しました。その後は、終了ミーティングと続き、16時にイベントは終了させて頂きました。

皆様のご協力のおかげで、筑波サーキットでのDUNLOPサーキットステーションを、無事終了することが出来ました。誠にありがとうございました。

これからも、もっと充実した内容で、イベントを展開できないか等、新しい企画を取り入れて、皆様がワクワクする走行会を作っていけますよう頑張って行きたく思います。
そして皆様、今後もDUNLOPサーキットステーションと、DUNLOPタイヤを何卒よろしくお願い申し上げます。また皆様とお会い出来る事を楽しみにしております。
DUNLOP DAY筑波サーキットにご参加頂いた皆様、ありがとうございました。