RIDERS NAVI

DUNLOP SAFETY RIDE STATION

DUNLOP SAFETY RIDE Station





8月19日はバイクの日と定め、毎年バイク発祥の地、浜松でこの日程に合わせてバイクイベントが開催されております。その中で今年は、浜松市のバイクイベントと並行して同じ浜松エリアで、8月20日〜21日の2日間、浜名湖ガーデンパークにおきまして、2011モータースポーツフェスティバルが開催されました。
この中で、20日の土曜日にDUNLOPセフティライドステーションを開催させて頂きました。
ダンロップセフティライドステーションは、一言で言いますと、バイクは好きだが、Uターンが上手くできなくて、狭い道に迷い込んだら落ち込んでしまう。バイクが倒せない。一本橋などの低速走行が上手くできないなど、バイクの基本を覚えてみたいと思われる皆様に参加しやすい環境と、会場に来られるライダーの、ライディングに対する安全性を確認して頂く場所をご提供するために開催させて頂くことになりました。
さて当日は、静岡県北部のほうはあいにくの雨模様でしたが、ここ浜名湖ガーデンパークは雨は降らずに、真夏としては比較的過ごしやすい気候の中で開催できました。
朝は、インストラクターの紹介と、バイクの動きの説明に始まり、準備体操をしてから、ブレーキング、スラロームとバイクの動きの確認を行って各自で練習して頂きました。
昼食はこちらでご提供させて頂き、その後、DUNLOPカフェブースで各自ご休憩をとって頂きました。
午後からのスクールのほうは、インストラクターの説明のもと、Uターンと低速走行の練習を行って頂きました。見ている側からは、重複練習するにつれ、身体の動きが良くなって上手くスムーズになっているのが確認できました。
時々、一般参加でセフティライドチェックに来られる皆様は、非常にライディングがスムーズな方が多く、中には、満点でクリアされたライダーの職業が教習所指導員だったりして、驚いたりもいたしました。そうこうしているうちに、時間が過ぎて行き、今度はスクールにご参加された皆様に、総仕上げとして、セフティライドチェックを行なわせて頂きました。
結果、今回9名受講された皆様のうち、合格は4名という結果になりました。
30km/h程度で光電管を通過後に、前方左右のライトがどちらかに点灯し、危険回避を行うのですが、それをミスしてみたり、一本橋通過中に左右後部に提示された計算式を確認しているうちに脱輪してしまったりするのが多かったようでした。Uターンは、減点はあったものの、8m以内ではほとんどの方がクリアしておられました。今回は暑さもありましたが、ご参加頂いた皆様にはとても有意義なイベントとなったのではないかと思われます。
DUNLOPセフティライドステーションは、バイクは好きだがはっきり言って上手くない、もっとスムーズにカッコよく乗りたいなど、本当に免許証を取り立てのような方々に、ぜひご利用して頂きたいイベントとして今後も開催させて頂きます。
また、ほとんどの方が次回の開催をご希望されていましたので、来年度も中部エリアで開催していきたいとも思っております。今回、来場された皆様、ありがとうございました。

DUNLOP SAFETY RIDE STATION
  • 実施概要
  • レポート
  • レポート
  • レポート