RIDERS NAVI

DUNLOP Circuit Station

ツーリングステーション2012







8月最後の日曜日、福島県猪苗代町にあります、箕輪スキー場にて、本年度3回目となるDUNLOPツーリングステーションを開催いたしました。
残暑が厳しい季節なのですが、ここ箕輪は、周りの緑と高原特有の風に恵まれ、心地よい風が時々吹いて、暑いながらもすがすがしくイベントを展開することができました。
この会場の周りには、磐梯山を始め、安達太良山など、みちのく玄関としての観光名所が多数あり、「何度訪れても気持ちが良い。」そんな感じにさせてくれます。
また福島県は面積も広く、西は会津地方から南は尾瀬ヶ原まで広がって、とても自然が豊かな場所です。今回は、この会場近くの磐梯吾妻スカイラインも無料開放されていることもあり、朝早くから会場へ、多くのライダーにご来場頂きました。
DUNLOPツーリングステーションの開始は9時からだったのですが、1時間前のAM8時には、100台を超えるライダーの方が集まっておられました。
そんな中で、皆さん、無料サービスの入れたてコーヒーや、コールドドリンクを飲まれたりして、チェアーでくつろぎ時間を過ごされてました。会場では、今回福島県観光物産交流協会のご協力もあり、B級グルメの出店や、浪江焼きそばやとうもろこしなどを会場で販売、福島県のツーリングポイントや観光案内などを行って頂きました。
そして、先着200名様プレゼントは、今回SPORTMAXスカーフをお渡しさせて頂きました。これも10時頃までには無くなってしまい、それ以降にご来場された皆様には、ゲストとのじゃんけん大会で、頑張って頂きました。
 
今回のゲストは、レギュラーの八代俊二氏と、京都からバイクで高速道路を一切使用せず、会場へXJ750に乗って来られた、ジャーナリストの吉村誠也氏の2名にご来場頂きました。トークシヨ―では、ツーリングに適した足回りのセットアップや、この箕輪に来られるまでのツーリング途中のハプニングや一般道の面白さを話されておられました。
その後、抽選会を挟んで、福島県観光PRや地場産の豪華なプレゼントなどが飛び出して、会場はとても賑やかでした。
そして、八代俊二氏のライディングレッスン。ブレーキの効き方や、小回りしやすいフォームなどをインストラクターと共に実際に走行することにより、走行中に急な場面でも慌てない様なライディングを皆様にご説明させて頂きました。その会場では、DUNLOP SPORTMAXシリーズのα-12とRoadsportとの同一車種による比較試乗会を行わせて頂いておりましたが、とても多くの方にご体験頂きましてありがとうございました。同一車種に乗って、なんとなく感じた事が重要で、皆様のライディングや用途に合致した、「自分に合ったタイヤ。」を見つけて頂きたいと思っております。また、今後も継続して行き、少しでも皆様のタイヤ選びのご参考になれば大変嬉しく思います。
さて、そうこうしているうちに時間が過ぎ、この会場のイベントも午後2時を持ちまして終了となりました。
 
今回の最遠方者は、はるばる山口県からこのイベント目指してお越し頂いた米田様、2位は札幌市からの及川様、3位は愛知県豊田市の田中様となりました。他にも富山県やさいたま市などからもご来場頂きましてありがとうございました。
次回は、10月21日(日)阿蘇、瀬の本高原です。どこの町からこのイベント目指して来られるのか、その道中での出来事など、ライダーでしか解らないそれぞれにドラマがあり、ツーリングって、やっぱり面白いと思います。

DUNLOP Touring Station
  • 実施概要
  • レポート(関東)
  • レポート(中部)
  • レポート(東北)
  • レポート(九州)
  • レポート(関西)
  • Touring Station2011
  • 開催動画(箱根)
  • 開催動画(志摩)
  • 開催動画(東北)
  • Touring Station2011