Touring Station 2013
  • DUNLOP Touring Station
  • 実施概要
  • レポート(中部/近畿)
  • レポート(関東)
  • レポート(中四国)
  • レポート(北海道)
  • レポート(東北)
  • レポート(九州)
  • レポート(北陸)
  • レポート(中部/東海)
  • 過去の開催動画
  • 開催動画(箱根)
  • 開催動画(志摩)
  • 開催動画(東北)
  • Touring Station2011
  • Touring Station2012

スポーツランドSUGOで開催させて頂きましたDUNLOPサーキットステーションから2日後にあたり、引き続き暑い日が続いた9月23日の秋分の日、今度は福井県のTAKASUサーキットにて、サーキットステーションとツーリングステーションの併催開催を行いました。この併催は、九州のスパ直入に続いて2回目となり、付随して普段着のライディングウェア、つまり皮ツナギが無くてもサーキット走行が体験できる、「Gパンクラス」も開催いたしました。
北陸でのイベントは初めてのせいか、このGパンクラスの人気が高く、事前問い合わせのお電話がとても多かったです。当日も飛び込みで受付をさせて頂きましたが、この福井県に本格的なサーキットが存在する事を御存知なかった方も大勢おられた様子でした。
普段、サーキットを走ることなんてないでしょうし、コースも初めて走行される方が大勢おられた様子でしたので、最初の走行はちょっとドキドキされたのではないでしょうか。
さて、一方のサーキットステーションですが、TAKASUサーキットのコースは全長1,500mとお世辞にも決して大きなサーキットではありません。ストレートも最長で340mと短いです。その分、小刻みに続くコーナーが楽しめ、結構テクニカルなコースとなります。何よりコースの前は、名高い越前海岸で、ツーリングにはぴったりの場所となり、ツーリング途中に立ち寄られて、コーヒーブレイクを兼ねてサーキット走行を楽しまれ、北陸の海の幸を堪能されて帰途されるルート計画にはぴったりです。今回も関東方面や広島方面からご来場頂きました数名のライダー様は、近くの芦原温泉や片山津温泉、そして山代温泉などに泊まられたとお聞きしました。場所的にこのTAKASUサーキットは、関西からでもそんなに遠くなく、行き帰りに多数のツーリングルートがある為、販売店様やグループで、北陸温泉を兼ねた1泊2日のツーリングなど、今後企画されても良いかと思います。そんな節はぜひ、DUNLOPタイヤの担当者や、当事務局まで、事前にご一報頂ければ、当イベントスタッフで、心ばかりの「お・も・て・な・し」をさせて頂きます。

今回のスペシャルゲストは御存知、八代 俊二氏!! サーキットステーションでの2回目の走行前に、ツーリングステーション側の特設ステージ上で、八代氏によりますトークショーを開催させて頂いた際、TAKASUのコースの事も話されたので、それらをお聞きになった皆さんは、面白いコーナーや上手く走るポイントなどを聞かれて、より一層楽しく走れたのではないでしょうか。
そんな中で、最終のGパンクラス、一般走行もアクシデント無く順調に進行して、スケジュールメニューは全て無事終了いたしました。
しかし、終わってからでも、今回も足廻りセッティングアドバイザーでご来場頂いております吉村誠也氏と話し込まれておられる皆様の姿もあり、有意義なイベントだった印象を受けました。
この北陸や信越エリアにおきましても、今後も継続して行きたいと思っております。
今回ご来場頂けなかった皆さんも、来年はぜひ訪れて頂きたいと思っております。
そして、はるばるTAKASUサーキットを目指してご来場を頂きました皆様、今回DUNLOPサーキットステーションにご参加頂きました皆様、ありがとうございました。