RIDERS NAVI

北陸 福井県 タカスサーキット 開催レポート

天候に恵まれた9月28日の日曜日。福井県越前海岸にありますTAKASUサーキットにおきまして、

DUNLOPツーリングステーションを、サーキットステーションと併催で開催させて頂きました。

朝は9時から開始させて頂きましたが、8時を過ぎた頃からバイクが1台、また1台とご来場されて来られました。

先着プレゼント付き抽選会などは、9時から開始させて頂きましたが、それまでは、コーヒーなどのお飲み物を飲まれながら、ブースのラックに多数置いてあります、バイク雑誌などを読まれてお過ごしになられていた様子でした。また、タイヤ体感試乗会は、開始と同時に希望されるご来場者様が昨年の3倍近くおられました。ただ、今回はサーキットコースを使用している関係上、時間的な制約がありまして、全員の皆様にご試乗頂くことができませんでしたこと、この場をお借りいたしましてお詫び申し上げます。これはGパンクラスにつきましても同じで、昼からは定員割れがあった時間帯もございましたが、午前中に非常に参加が集中してしまいました。今回は天候に恵まれたことも影響いたしましたが、今後は、もっとスムーズにご案内できるようにいたします。

さて、コース上ではタイヤ体感試乗会やGパンクラスの後、本日のゲストライダーで、日本を代表するエクストリームライダー、小川裕之選手による華麗なエクストリームショーを展開させて頂きました。

これには、皆さんが驚きの連発で、1つの演技がある度に歓声が上がり、フレッシュなMC、美波の実況と併せまして大変盛り上がりました。

その後は、ブースステージにて、小川選手によるトークショーを開催させて頂きました。目を疑うような華麗なテクニックは、多くの練習や工夫された環境の中で得られたものであると共に、とても共感を覚える気さくなライダーだった事もあり、トークショーが終わった後には、大勢の方が、小川選手のブースに立ち寄られて、エクストリーム用のチューニングしたバイクや小川選手と共に記念写真を撮られたりされていました。

昼前になると、皆さんそろそろ次の目的地へ向かわれる方が多くなり、駐車してありましたバイクの数も減り始めました。有る程度減っていくと、出発される方と入れ違いに、バイクが1台、2台と入場して来られるという状態になりました。

そして、午後の部も午前中と同じように、タイヤ体感試乗会、エクストリームショー、Gパンクラスと進めて参りましたが、午後は試乗会、Gパンクラス共に、混雑することも無く、スムーズに進行して、午後2時をもちまして、ダンロップツーリングステーションは終了致しました。

今回は、先にも述べさせていただきましたが、午前中に走行希望者の皆様で、非常に集中してしまい、ご来場頂きました皆様にはご不便をお掛けいたしました。

今後はもっとスムーズに受付をさせて頂けるよう改善して参りますので、次に来られました際には、きっとご満足頂けるイベントに工夫させて頂きます。

本当に、遠いところは広島や関東からはるばるお越し頂きまして、ありがとうございました。

今後とも、DUNLOPツーリングステーションをよろしくお願いいたします。

CLOSE