RIDERS NAVI

DUNLOPツーリングステーション 北陸 開催レポート

本年度も五月晴れとなった5月21日の日曜日、福井県越前海岸沿いにありますタカスサーキットにおきまして、DUNLOPツーリングステーションを開催いたしました。
また、本年度もDUNLOPサーキットステーションとの併催イベントで開催させて頂きました。

ゲートを開けさせて頂くと、サーキットステーションの参加者の後に、ツーリングステーションやGパンクラスに参加される皆様のバイクが、ツーリングステーション参加者用の駐車場を埋めて行きました。本年度も朝早くからのご来場が多く、遠い所では、東京都内から出発し、1泊してこのイベントに来られたライダーがおられました。この方は最後まで、最遠方1位のポジションにおられましたので、最遠方1位と致しまして、DUNLOPトレーナーをお送りさせて頂きました。他の最遠方2位入賞者は静岡県静岡市からご来場頂き、3位は接戦を制して大阪府羽曳野市からご来場されたライダーの方が入られました。

この最遠方賞は、バイクでこのイベントを目指して来られたライダー限定で、受賞は1回限りとなっております。本年度は福島県、磐梯朝日国立公園内に浄土平レストハウス、そして長崎県平戸市西海国立公園内にあります河内峠、そして奈良県曽爾高原の3会場で実施しておりますので、我こそは最遠方からと思われるライダーの皆さんは、ぜひご来場ください。バイクで必ずご来場される事と、出発地付近のガソリンやコンビニご利用時のレシートなどを確認させて頂きますので、それだけご用意されて、現地でエントリーして頂ければと思います。

さて、話はタカス開催状況へと戻りますが、この日もとても良い天気で、この会場でのDUNLOPツーリングステーションは、またもや晴天日記録が延伸して、夏を思わせるような天候でした。

10時40分から今回のゲストライダー、日本のエクストリームトップライダーの小川裕之選手によります、華麗なエクストリームショーを開催させて頂きました。途中車両にトラブルが発生してインターバルを挟ませて頂きましたが、その後は時間いっぱいまで数々の技を披露して頂きました。見ておられた皆さんからは、信じられないような表情と歓声が上がっておりました。ショーの後は、小川選手のトークショーを開催させて頂きましたが、MC吉村麻衣からの突っ込みもあり、練習中にミスした事や、ヨーロッパを始め、海外での競技の事など、濃い内容のトークショーとなっておりました。

また、会場では他に、福井県二輪車組合によります各メーカーのニューモデル試乗会や、カワサキニューモデル車両展示、バイク用品や工具等の展示販売などもあり、多くのライダーで賑わっていました。ワンコイン500円で10分間サーキットを走行できるGパンクラスも人気で、こちらは午前午後共に定員近くのご参加がありました。午後は13時35分から、再び小川選手によるエクストリームとトークショーを実施させて頂き、14時に無事終了致しました。

昨年は京阪神からのご来場が多かったのですが、今回は富山や石川、福井といった北陸地域のライダーの皆様が多くご来場されていたのも嬉しく思いました。北陸のバイクイベントの1つとして、今後も皆様に楽しんで頂けるDUNLOPツーリングステーションでありたいと思っております。ご来場頂きました皆さん、ありがとうございました。


CLOSE