RIDERS NAVI

DUNLOPツーリングステーション 中部 開催レポート

清々しい初夏を迎えた6月11日(土)、 12日(日)の2日間、静岡県の浜名湖ガーデンパークにて昨年に引き続きDUNLOPツーリングステーション、そして、NPO法人日本モータースポーツ振興会主催の「はままつポンポン祭り」の同時開催をさせて頂きました。昨年同様、ジムカーナ競技会やカートスクール、ランバイク、キッズバイク体験スクール等、モータースポーツのイベント満載の内容となり、バイクに乗る人も乗らない人も、そして老若男女を問わず、一日中楽しめるイベントとなりました。

その他、B級グルメが味わえる飲食店等が多数出展し、会場内は食べ歩きの人達も含め、大いに盛り上がっていました。

DUNLOPツーリングステーションは、すべて屋外型(アウトドア)のイベントであり、開催日の気象状況はスタッフも非常に気になるところです。6月上旬に東海地方は梅雨に入り、この2日間も、天候が心配されましたが、両日共に、心地よい浜風と晴れ晴れした空の下で、DUNLOPツーリングステーションを開催することが出来ました。

初日の10日は、開場前からバイク駐車場には、すでに数台のバイクが止まっており、ツーリングで立ち寄られたお客様が、当イベントで配備しておりますガーデンテーブルにてくつろいでおられました。
また、スポーツマックスシリーズが展示されているタイヤの中で、「今春新発売されたα-14はどうでしょうか?」など、早速質問されたご来場者様もおられました。

そして、飲食店から美味しい匂いが漂ってくるお昼前になると、どんどんバイクの駐車台数が増えていきました。

さて、会場内DUNLOP受付テントの向かい側では、午前と午後、タイヤ体感試乗会を開催致しました。浜名湖ガーデンパークの広いスペース、また気持ちの良い天気という事もあってか、試乗会場は沢山のお客様で賑わいました。今回はホンダ・CB400SF、カワサキ・Ninja400Rのいずれかにご乗車を頂きまして、DUNLOPスポーツマックスシリーズのタイヤ4種(α-14、Roadsport、ROADSMARTVそしてGPR300)の試乗をして頂きました。『タイヤの乗り比べをして、自分に合ったタイヤが分かりました。』など、嬉しいお言葉も頂戴いたしました。なんと、2日間で約140名のご来場者様に体感試乗を行って頂きまして、DUNLOPタイヤの良さや魅力を感じて頂けたのではないかと思います。スポーツマックスシリーズには、サーキット走行やツーリング、街乗りなど、バイクを楽しまれるライダーの皆様の目的に合せたラインナップを取り揃えております。またARROWMAXシリーズ(バイアスタイヤ)は、80〜90年代などのバイクに乗られているライダーの皆様からの根強い人気と支持を頂いております。
そんな特性の違うタイヤを、タイヤ体感試乗会を通じて、皆様にご体感して頂き、ご購入いただける際の参考となれば大変嬉しく思います。

会場内のDUNLOPイベントでは、本年も「TEAM HAMMER」のご協力によって開催いたしました、「キッズバイク体験スクール」は、2日間共に満員御礼となりました。初めてのバイク体験で、不安そうな顔を浮かべていたお子様達も、インストラクターの優しく楽しいサポートや、親御様の温かい見守りで、最後は笑顔で帰って行かれる様子も見受けられました。普段では味わうことの無いバイクの楽しさを感じて頂き、お子様達も体験前以上にバイクに興味を持たれたのではないでしょうか。このキッズバイク体験スクールも2日間、怪我無く無事に終わることが出来ました。

さて、バイクでツーリングに出掛けたり、街中を快適に走る為には、タイヤの空気圧管理やサスペンションの調整を行う事で、安全性はもちろん、乗り心地などが良くなってきます。DUNLOPツーリングステーションでは、吉村誠也氏による『タイヤ点検アドバス』や『足回りセッティングアドバス』を行っております。タイヤの空気圧調整やセッティング・メンテナンスのアドバイス、またお客様の素朴な疑問や質問など、この会場も沢山のご来場者様にご利用頂き、誠にありがとうございました。

今回は、天候に恵まれた2日間となりました。浜名湖ガーデンパークにご参加頂きました皆様、誠にありがとうございました。
次回のDUNLOPツーリングステーションは、8月6日の日曜日、会場は昨年に引き続き、福島県の磐梯吾妻スカイラインにて開催を致します。内容は、先着200名様プレゼント、フリードリンクやタイヤ体感試乗会、タイヤ足回りセッティングアドバイス、特別ゲストによるトークショーなどを予定しております。それでは、次回の福島でお会いしましょう。

 

CLOSE